2019年4月21日日曜日

RYUTist 『センシティブサイン』(PENGUIN DISC / PGDC-0010)


4人組アルドル・ヴォーカル・グループのRYUTist(リューティスト)が、4月23日に通算7作目となるニュー・シングル『センシティブサイン』をリリースする。
メンバーは五十嵐夢羽、宇野友恵、佐藤乃々子、横山実郁のハイティーンから20代前半の4名から構成され、所謂アイドルとは一線を画すヴォーカル・ワークを誇り、提供される楽曲も音楽通を唸らせるソングライティングとサウンドを持った、拘り抜かれたプロダクションで活動しているのだ。
筆者も昨年5月にリリースされた『青空シグナル』(PGDC-0007)収録「無重力ファンタジア」を、昨年の年間ベストソングに選出したほど彼女達の作品には注目している。


さて本作のタイトル曲「センシティブサイン」は、若干21歳のシンガー・ソングライターのシンリズムの提供曲である。
またカップリングには、サード・アルバム『柳都芸妓(りゅうとげいぎ)』(PGDC-0005)のリード・トラック「夢見る花小路」を提供した佐藤望による「素敵にあこがれて」と、microstar(マイクロスターWack Wack Rhythm Bandのメンバーがタッグを組んだ「バ・バ・バカンス!」の2曲が収録されている。
今月頭に音源を入手してから聴き込んでいるが、このシングル収録曲について解説していこう。


センシティブサイン / RYUTist

タイトル曲の「センシティブサイン」は、イントロのエレキギター・アルペジオから始まるホーン・セクション入りの溌剌としたポップスで、アレンジ的にはファンキーなベースとコンガのポリリズムが利いている。シンリズムならではの個性は薄いが、ブリッジからサビのメロディの美しさなど、RYUTistのハーモニーを活かした楽曲の良さは光っている。

続くカップリングの「素敵にあこがれて」は、先月レビューしたコントラリーパレードの『CONTRARY』収録「ユートピア」のアレンジで手腕を発揮していた佐藤望(Orangeade他)のソングライティングとアレンジによる楽曲だ。前出の「夢見る花小路」を一聴した時からその才能には注目していたが、この曲でも極めて独創的なサウンドを展開していて裏切らない。
右チャンネルのラウドなエレキ・ギター(Orangeade黒澤鷹輔のプレイ)のフレーズと、センター及び左チャンネルで展開するピッコロ、フルート、ファゴット等木管楽器のコントラストがとにかく素晴らしく、縦横無尽に発されるアックの強いシンセのオブリガートもいいアクセントになっている。
アルドル・ヴォーカル・グループへの提供曲としては異端ではあるが、80年代初頭にテクノ少年だった筆者にとっては全く違和感がなく、むしろ歓迎すべきで、早くも本年度ベストソング候補に入る。

カップリングのもう1曲は、 microstar(飯泉裕子・佐藤清喜)のソングライティングに、Wack Wack Rhythm Band(以降ワック)のホーン・セクションとパーカッションがコラボレーションしたハウス系ダンス・ナンバーで、Beats Internationalの「For Spacious Lies」(『Beats International』収録90年)を彷彿とさせる。ホーン・アレンジは佐藤清喜とワックの三橋俊哉が担当し、サルソウル・フレイバーを醸し出している。
このシングル収録3曲は、アイドル・ファン層を超えた音楽通にもお勧めする出来る内容であるので興味をもった是非入手して聴くべきだ。
(ウチタカヒデ)


2019年4月14日日曜日

Iron Finger Of Crew ~ Joe Osborn


The Wrecking Crew(レッキングクルー)の中核としてハル・ブレインと共に黄金のリズムセクションを担った偉大なベーシストのジョー・オズボーン氏が昨年12月14日に亡くなった。81歳だった。
1937年8月28日ルイジアナ州北部にあるマディソン教区の村マウンドに生まれた彼は、地元クラブで演奏するミュージシャン人生をギタリストとしてスタートさせたという。その後デイル・ホーキンズのバックでプレイするなどプロとしての道を進む中でベーシストに転向し、60年には旧知の仲だった一流ギタリストのジェーム・ズバートンの紹介で、リッキー・ネルソン(後にリック・ネルソンに改名)のバンドに参加しキャリアを開花させた。また64年にはジョニー・リヴァースのセッションに参加したことで、ロサンゼルスでのコネクションを築いたのだろう。The Wrecking Crewには欠かせないファーストコール・ベーシストとして数多くのレコーディング・セッションに参加し、その名を知らしめた。
やはりママ&パパスやThe 5th Dimensionから、彼が見出したともいえるカーペンターズ等の数多くのヒット曲群でのプレイに注目が集まるだろ。
ここでは前回のハル・ブレイン氏に続き、ジョー・オズボーン氏を心より敬愛するミュージシャン達と、知名度は低いが知られざる彼のベストプレイを挙げてその偉業を振り返りたいと思う。

【ジョー・オズボーンのベストプレイ5】
●曲目 / ミュージシャン名
(収録アルバムまたはシングル / リリース年度)
◎選出曲についてのコメント




【角谷博栄(ウワノソラ)】
https://uwanosora-official.themedia.jp/

●Mexican Drummer Man / Herb Alpert & The Tijuana Brass
 (7”『 Mexican Drummer Man』Single/ 64年)
◎ハル・ブレインの強烈なドラムもスゴいですが、
曲終わりへ向かう際のオズボーンとのリズム隊の畳み掛けがカッコいいです。

●Look To Your Soul / Johnny Rivers
(『Realization 』/ 68年)
◎レッキングクルーの演奏。
細かくシンコペーションしてミュートをしたような枯れた音。
4弦をあまりにも使用しない奏法。リード楽器のようにメロディを作ってしまうプレイ。イントロからオズボーン節全開です。

●It Might as Well Rain Until September / Peggy Lipton
(『Peggy Lipton』/ 68年)
◎Lou Adlerのプロデュース。作曲はGerry Goffin & Carole King。メロディの合間に入れるギターの低音のオブリの様なベース。ピック弾き?特有のアタック感もオズボーンのベースの持ち味だと思います。

●Poor Side Of Town / Al Wilson
(『Searching For The Dolphins』/ 69年)
◎プロデュースはJohnny Rivers。編曲はGene Page。
こういう編曲ががっつりしてる曲では長い音譜が中心で、動き回るというよりかはボトムを
シッカリと支えるようなプレイをしてます。

●People In Love / Jim Grady
(『Jim Grady』/ 73年)
◎本当に73年?と疑ってしまうような進みすぎてるサウンド。西海岸ロック。
後のAORとも言えるようなサウンドを70年代初期のオズボーンはプレイをしてます。
ギターはLarry Carlton。


People In Love / Jim Grady



【平川雄一(The Pen Friend Club)】
https://the-pen-friend-club.wixsite.com/the-penfriendclub

●Establishment Blues / Rejoice
 (『Rejoice』/ 68年)
◎いやー、最高ですね。カッコいい。ハル・ブレインとの絡みも。

●Sour Grapes / Cass Elliot
(『Bubblegum, Lemonade, and... Something for Mama』/ 69年)
◎まさに、ジョー・オズボーンの輪郭の音ですね。引っ掛けベースいいなあ。

●Both Sides Now / Neil Diamond
 (『Touching You, Touching Me』/ 69年)
◎いい音するベースだなあ。あと本当にいい曲。

●Mr,Goder / Carpenters
 (『Close to You』/ 70年)
◎曲も好きなんですがベースもいいですよね。いい動きしてます。

●Flashback / The Fifth Dimension
 (7"『Flashback』/ 73年)
◎この曲、大好きなんですよね。やっぱりドラム&ベースがかっこいい。
前回ハル・ブレイン特集のときに挙げようと思ったんですが、今回紹介できて嬉しいです。


Flashback / The Fifth Dimension



【平田 徳(shinowa)】
http://www.shinowaweb.com

●TANYET(Album) / The Ceyleib People 
(『TANYET』/68年)
ライ・クーダー や ベン・ベネイ も名を連ねる企画物的サイケインストスタジオプロジェクト。
サイケものでは非常に有名な一枚だが、Joe Osborn がエンジニアとしてもクレジットされている。一流プレイヤーのサイケセッションという前提ゆえ、誇張しすぎたビヨーンビヨーンやりすぎなシタールやコラージュ的な手法は、良くも悪くも数多のサイケバンドとは一線を画す内容です。ちょっと例外ではありますが、曲推しではなく箱推しです。

●Standing In The Shadow Of Love / Boyce & Hart
(『It's All Happening On The Inside』/ 69年)
冒頭より唸ってウネるベースが炸裂!68~69年あたりのサイケバンドがたまにやる Vanilla Fudge の Supremes “You Keep Me Hangin' On” 以降の Motown 有名曲のややプログレ風味サイケカバーの秀逸作。いわゆるサイケカテゴリーで括られるバンドよりも全然すごい。

●Horses On A Stick / Judy Henske & Jerry Yester
(『Farewell Aldebaran』/ 69年)
大好きな Judy Henske のこのアルバムでも Joe Osborn が2曲弾いていたことに驚いた。ちょっとチープなガレージサイケフォーク調のこの曲でも、弾力感溢れる芯のあるベース音は本当に良く合いますね。総じてサイケサイドの Joe Osborn は、クセのあるアンサンブルをベースでまとめ上げながら曲を引っ張り展開していく、サイケマナーな観点でのベーシストとしてもほぼNo.1でしょう。

●Hands Off The Man (Flim Flam Man) / Peggy Lipton
(『Peggy Lipton』/ 69年)
ローラ・ニーロの原曲よりもベースのキレが良いので、比べてみると Joe Osborn のベースのあの弾力感あふれた音のかっこよさが本当に実感できます。もうベースの美味しい音を確実に知っている人という感じです。総じて音の芯も倍音もしっかりしているため帯域が広く感じられるので、よってオケの中でフレーズが際立ち、そしてしっかりボトムも支えられるという、理想的なベースサウンドであるといえましょう。

●Mixed-Up Girl / THELMA HOUSTON 
(『SUNSHOWER』 / 70年)
若き日のテルマ・ヒューストンの1stアルバムは ジミー・ウェッブ プロデュースの、ソウルというよりも、イギリスで成功したマデリン・ベルをもっと叙情的にしたようなソウルポップなサウンド。ソウルファンからはあまり芳しくないみたいです。でもでも、めっちゃドラマチックな込み上げ系のこの曲は、同年に発売された ポール・ウィリアムズのサムデイマンを彷彿とさせる感動的なベースライン!この時期のジョーは曲を次第に盛っていく感じが本当に神懸かってます。アルバム全体通じてジョーのベースが本当に堪能できる一枚で、隠れた名盤です。


Standing In The Shadow Of Love / Boyce & Hart



【松木MAKKIN俊郎(Makkin & the new music stuff / 流線形 etc)】
http://blog.livedoor.jp/soulbass77/

●Someday Man / Paul Williams 
(『Someday Man』/70年)
◎やっぱりこの曲は外せない。ど頭から目が覚めるようなグルーヴと歌心。
めまぐるしい展開に馴染む、素晴らしく艶のある音色が最高。

●Brothers And Sisters / Jack Daugherty
(『Jack Daugherty And The Class Of Nineteen Seventy One』/71年) 
◎Aメロの伸びやかなプレイはジョーの真骨頂。
カーペンターズのバラード諸作に聴けるような、シンプルな中に息づく歌心。

●Rock Me On The Water / Johnny Rivers
(『Home Grown』/71年)
◎ジムケルトナーとのシンプルなコンビネーション。
組み合わせとしては貴重だが、SSW〜SWAMPにおける理想のリズムセクションの一つに数えたい!

●Light Sings / 5th Dimension
(『Love's Lines,Angels And Rhymes』/71年)
◎ジョー史上ソウル度が頂点に達した演奏か。唸るようにグルーヴして歌を煽りながら、自らも歌うようなメロディを紡ぐ。名フレーズの宝庫!

●I Cry Mercy  / Larry Carlton
(『Singing/Playing』/73年)
◎ジムゴードンのドラムとぴったりくっついて、ストリングスセクションの一員のようにアレンジとシンクロしてカウンターメロディを繰り出す。個人的に一番好きな演奏。


Someday Man / Paul Williams





【TOMMY (VIVIAN BOYS) 】
https://twitter.com/VIVIAN_BOYS

●Save For A Rainy Day Theme / Jan & Dean
(『Save For A Rainy Day』/ 66年)
◎作者であるレッキング・クルーの各種鍵盤奏者ラリー・ネクテルは、ベーシストとしてもザ・バーズ「ミスター・タンブリン・マン」イントロのグリスや、BB「青空のブルーバード」等、印象的な演奏を残す。このアルバムの基礎トラックはジョーのガレージ・スタジオで録音された。

●Shapes In My Mind / Keith Relf
(7”『Shapes In My Mind』/ 66年)
◎ヤードバーズとジョーのイメージしにくい繋がり。この曲のエンジニア、ボーンズ・ハウの仲介か。ラヴ『フォーエヴァー・チェンジズ』(67年11月)にも参加のハル・ブレインのドラムとのリズセクで、敢えて雑に暴れるベースラインが醸し出すサイケ感。

●All I Can Do / Carpenters
(『Offering』/ 69年)
◎全スタジオアルバム参加のジョーは謂わば「カーペンターズのベーシスト」。1stでのカレンのドラマーとしての矜持、とりわけこの先鋭的なハーモニー・ジャズ・サイケ曲での鬼気迫るプレイにもジョーは的確に応える。「ワンダフル・パレード」と共に本作のハイライト。

●Slip On Through / The Beach Boys
(『Sunflower』/ 70年)
◎訃報記事で初めて『サンフラワー』参加を知る。が、69年2月13日のサンセットスタジオでの録音(「ガット・トゥ・ノウ・ザ・ウーマン」)に参加、しかもカールが後で差し替えたかも、程度のことしか分からず。むしろ、正式クレジットが怪しいこの曲こそ、よりジョーっぽい。

●Merry Christmas Darling / Carpenters
(『Merry Christmas Darling』/ 70年)
◎「サンタが街にやってくる」カヴァーと双璧たるオリジナル曲。BB関連ではカーニー・ウィルソンのソロ・クリスマス・アルバム(07年)に名カヴァー有。クリスマス・パロディスト、ボブ・リヴァース版(02年)のイスラム風カヴァーも、的を射た歌詞含め高い完成度。


All I Can Do / Carpenters


【Masked Flopper(BB5数寄者)】

●Hey Sue / Johnny & Dorsey Burnette 
(7”『It Don't Take Much』B面 / 63年)
◎It Don't Take MuchのB面。Burnette兄弟との共作でJoeのエレキベースによるJoe節が所々楽しめる一曲。Ricky Nelsonのバックバンドを経たのちDunhillへと転身する。

●Is Happy This Way / The Thomas Group
(7”『Is Happy This Way』/ 67年)
◎Sunshine pop時代まっただ中に制作されたDunhill王道路線。
他に数枚Sloan-Barri作品をリリースしており、どれも佳曲揃い。

●Vegetables / Laghing Gravy
(7”『Vegetables』/ 67年)
◎覆面バンドで、当時名称使用が禁止されていたJan&DeanのDeanがリリースした一曲。
録音はJoeの所有するスタジオで行われた。同所ではデビュー前のKaren Carpenterも録音し、Joeのレーベルからデビューしている。

●Blow Me A Kiss  / Mama Cass Elliot
(『Bubblegum, Lemonade, and... Something for Mama』/ 69年)
◎弊誌でもおなじみソフトロック名盤でソロ2作目。
ノスタルジックな曲調にうまくからむベースサウンドが心地いい一曲。

●Take It and Smile / EVE
(『Take It and Smile』/ 70年)
◎参加ミュージシャンは Hal Blaine-James Burton-ペダル・スティールにSneaky Pete KleinowやRy Cooder作家陣はJames Taylorなど後のWest Coast Rockを予感させる作品。


Take It and Smile / EVE



【ウチタカヒデ(WebVANDA管理人)】

●Love Is A Rainy Sunday / Love Generation
(『Montage』/ 68年)
◎今回の選曲はイントロ・プレイのインパクトで5曲に絞っていった傾向があり、この曲の2連のグリスダウンはやはり耳に残った。パート間のアクセントもジョーならではではないだろうか。
パーソナルはノンクレジットだが、後年メンバーのトム・バラーのインタビューでハル・ブレインとジョーのコンビネーションがいかに素晴らしかったかを語っていた。
蛇足だがこの企画に参加するミュージシャンの某バンドが、セカンド・アルバム収録曲でこの曲をオマージュの1つとしている。レビューをリンクしているので是非聴いて欲しい。

●Hope / The Carnival 
(『The Carnival』/ 69年)
◎拘り派ソフトロッカーの中ではロジャー・ニコルズ&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズより好まれるグループかも知れないが、この曲でもイントロのグリスダウンがとにかくクールで、全体的なアレンジの中でよくベースが機能している。

●Someday Man / Paul Williams
(『Someday Man』/ 70年)
◎この曲を愛する多くのソフトロッカーは理解しているので多くを語りたくないが、この曲にとってジョーによるベースラインのパターンそのものがキーデバイスであることがよく分かる。

●California Revisited / America
(『Homecoming』/ 72年)
◎「Ventura Highway」ほど知名度は高くないが、イントロのピッキング・アクセントが実にクールである。本編のプレイとしてはS&Gの「A Hazy Shade Of Winter」のマークⅡという攻め方だろう。

●Wavin' And Smilin' / Larry Carlton
 (『Singing / Playing』/ 73年)
◎ジャズ・フュージョン・ギタリストとして数々のセッションで名演を残すカールトンのセカンド・ソロアルバムの3曲にジョーは参加している。特にプレ・ブルーアイド・ソウルとして知られるこの曲のプレイは特筆すべきだ。ギターとユニゾンを取るパートと、ビートをキープするパートを交互にチェンジするスリリングなプレイは彼の新たな一面を見させてくれる。


Hope / The Carnival




(企画 / 編集:ウチタカヒデ)