2021年11月23日火曜日

追悼 ーBilly Hinsche(1951-2021)ー



 2021年11月20日肺癌による死去の報があった。

 Wilson一族とその仲間が作るハーモニーの一角を担う彼の損失は大きい。

 キャリアのスタートはDino,Desi& BillyというバンドであってBruce JohnstonやTerry Melcherの様な地元の実業家や芸能人二世のパーティー仲間から派生したバンド活動であったが、Dinoの父がDean MartinでありFrank Sinatra閥であることからSinatra傘下のRepriseから業界の大きなバックアップを受けることができた。

 The Beach Boysとの関わりは『The Beach Boys Party!』の「Mountain of Love」でハーモニカを演奏したところから始まる。Dino,Desi& Billyの中でもっともミュージシャン志向があったのはBillyで以後The Beach Boysへのセッションへの関与を深め、同時期に姉がCarlと結婚したため、Wilson一族とも姻族となったことで結びつきはさらに深まる。


1966年リリースの『Memories Are Made Of This』

では「Girl Don’t Tell  Me」をカバー


1967年Smileセッション「Tones」でのセッションシート William Hinsche名で参加

なんと!セッションリーダーとして登記されていた


 Dino Desi&Billyの活動も並行して行われており、音楽的成長を伺わせる作品が増えてくる。自身のプロデュースで1968年発表の「Tell Someone You Love Them」は『Wild Honey』以降のデッドな音像の影響下にあるハーモニー・ポップの秀作だ。
 つづく1969年発表の「Thru Spray Colored Glasses」は弊誌でもお馴染みのDavid Gatesのペンによるドリーミー・ポップ。
また翌年解散時発表の「Lady Love」はBrianとBillyの共作となっており、Brian Wilsonワークスのコレクターズアイテムとなっている。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    
                                                                                                ソロシングル「Music is Freedom」は『Sunflower』〜『Surf’s Up』の
大きな影響下にあるギターサウンドとハーモニーが織りなす逸品だ。


当時Carlの義兄でありここまでのキャリアがあるので、一時正式メンバー加入のオファーという厚遇を受けるも、本人は学業専念のため辞退している。
 学業の傍らBrianやBruce不在時はコーラスからギター、ベースまでこなす器用さで巧みにサポートをレコーディングからライブまで続けてきた。
 在籍した1972年以降、ライブアクトとしてリスナーや市場から高評価を得られた。この急成長はWilson一族の成熟とBillyによるサポートがあったが故である。
 晩年はBrianやAlのプロジェクトへの参加及びツアー参加など精力的に行い、コロナ禍にあっても、Facebook Liveを通じたLIVE FROM BILLY’S PLACEという配信コンテンツを提供し、気さくに語る数々のエピソードは好評であった。
 偉大なサポートメンバーとして、時代はかの人の才能を求めた。
 改めて哀悼の意を表する。
                      

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  (text by Akihiko Matsumoto-a.k.a MaskedFlopper)

2021年11月17日水曜日

【ガレージバンドの探索・第十二回】V/A -Teenage Shutdown! Vol.15 "She's A Pest!"

 【Teenage Shutdown!】という、ガレージファンには有名なコンピレーションシリーズがある。1983年にTim Warrenによって設立されたCrypt Recordsからリリースされている計15枚のシリーズで、それぞれ、収録曲の中から選ばれた1曲の曲名がサブタイトルになっている。

 ライナーノーツを書いているのは『TEENBEAT MAYHEM!』の著者として知られるMike Markesich(通称:Mop Top Mike)で、この『TEENBEAT MAYHEM!』というガイドブックは、10代の無名バンドのシングル情報が16,000曲以上掲載されているそうだ。無名のバンドのレコードを収集し、それほどの膨大な記録を残すというのは本当に並大抵の労力ではなかっただろうと思う。後のガレージコンピへも大きな影響を与えたようだけれど、彼自身はそのコレクションに含まれるようなTEENBEATのバンドを「ガレージ」という用語でまとめられることは好まなかったようだ。

 今では世界中のレコードコレクターがYouTubeにレアな音源をアップしてくれているので、入手することが難しい音源も比較的手軽に聴くことができたり、コンピも数多く出ていて、ガレージを聴きたい人には恵まれた環境がある。【Teenage Shutdown!】シリーズ15作目 "She's A Pest!" を購入したのは、このコンピに収録されているThe Playgueの 「I Gotta Be Goin’」 という曲をYouTubeで聴いたのがきっかけだった。誰だかわからないし、「バンド」としてのイメージも持ちにくい、ただ、その見つけた1曲が凄くいい、というような感動が味わえるのもガレージならではの独特な楽しみ方かもしれない。

The Playgue / I Gotta Be Goin’

 ガレージと一口に言ってもファズガレージだったりサイケガレージだったり、その種類も様々だけれど、こういうPlaygueのようなガレージを聴くと特に、なかなか真似できそうにない60年代特有のガレージバンドの空気を感じる。いつもながらバンドのことを調べても多くの情報は出てこないけれど、1965年のルイジアナ州バトン・ルージュのバンドで、もともとThe Banditsという名前で活動した後、Bill BenedettoとNick Benedettoという兄弟によるプロデュースでThe Playgueという名前に変更され、The Rolling StonesのカバーやR&Bスタイルの曲などを演奏していたらしい。

 【Teenage Shutdown! 】は、どうやらサブタイトルになっているメインの曲に合わせた選曲がされているようで、アルバム通して統一感が感じられる内容になっている。Vo.15ではメインのThe Insects 「She's A Pest!」 をはじめクールさもありながらノリのいい、いかにも当時のガレージという雰囲気の曲が集められている印象。

She's a Pest! / The Insects


【文:西岡利恵


【Teenage Shutdown! 】シリーズ

Vol.1 ”Jump, Jive & Harmonize” (LP-TS 6601, 1998) (CD-TS6601, 1995)

Vol.2 You Treated Me Bad!  (LP-TS 6602, 1998) (CD-TS 6602, 1995)

Vol.3 Things Been Bad” (LP-6603, 1998) (CD-TS 6603, 1998)

Vol.4 I'm A No-Count” (LP-TS-6604, 1998) (CD-6604, 1998)

Vol.5 Nobody To Love”  (LP-TS 6605, 1995) (CD-TS 6605, 1998)

Vol.6 I'm Down Today” (LP-TS-6606, 1998) (CD-TS-6606, 1998)

Vol.7 Get A Move On!” (LP-TS-6607, 1998) (CD-TS-6607)

Vol.8 She'll Hurt You In The End” (LP-TS-6608, 1995) (CD-TS-6608, 1998)

Vol.9 Teen Jangler Blowout! ” (LP-TS-6609, 1998) (CD-TS-6609, 1998)

Vol.10 The World Ain't Round, It's Square! ” (LP-TS-6610, 1998) (CD-TS-6610, 1998)

Vol.11 Move It! ” (LP-TS-6611, 2000) (CD-TS-6611, 2000)

Vol.12 No Tease” (LP-TS-6612, 2000) (CD-TS-6612, 2000)

Vol.13 I'm Gonna Stay” (LP-TS-6613, 2000) (CD-TS-6613, 2000)

Vol.14 Howlin' For My Darlin'! ” (LP-TS-6614, 2000) (CD-TS-6614, 2000)

Vol.15 She's A Pest! ” (LP-TS-6615, 2000) (CD-TS-6615, 2000)

※ジャケットにボリューム番号の記載はなし。


参考・参照サイト:https://www.nhregister.com/entertainment/article/RANDALL-BEACH-Mike-s-passion-for-the-teen-beat-11398269.php 


2021年11月10日水曜日

鈴木祥子:『My Eternal Songs〜BEARFOREST COVER BOOK vol.1』(BEARFOREST RECORDS/BELP-001)


 シンガーソングライター・鈴木祥子が11月11日にアルバム『My Eternal Songs〜BEARFOREST COVER BOOK vol.1』をリリースする。
 1965年東京生まれの鈴木は自身名義でのデビュー以前からキーボード・パーカッション等で様々なミュージシャンの活動に参加し、1988年にEPICソニーからのデビュー後は自身の作品と並行し松田聖子、PUFFY、坂本真綾など数多くのミュージシャンへ楽曲提供も精力的に行い、1993年小泉今日子へ提供した楽曲『優しい雨』(シングル)は累計出荷枚数143万枚のミリオンヒットを記録するなど、日本のポップス史において欠かすことのできないソングライターであることは言うまでもない。 
 また、今年3月にリリースした『助けて!神様。〜So help Me,GOD!』は約10年振りとなる新曲であり、サウンドプロデュースにアイドル・シンガーソングライターの加納エミリを迎えるなどで大きな話題を呼んだ。


 今回リリースされる『My Eternal Songs〜BEARFOREST COVER BOOK vol.1』は全編ピアノ弾き語りによるカヴァーアルバムとなっており、7月リリースの最新シングル『GOD Can Crush Me.』において共同プロデューサーを務め、サザンオールスターズ、木村カエラなどを手掛けたVICTOR STUDIOのエンジニア・中山佳敬が参加している。

 
Syoko Suzuki 『My Eternal Songs〜
BEARFOREST Cover Book vol.1』Trailer

 導入部はモーツァルトのピアノ・ソナタが演奏される。
 鈴木自身が語る、1971年から1981年の10年間に受けた影響、憧れや好奇心。クラシックピアノを習っていたという彼女が当時感銘を受け、今もなお聴かれ歌い継がれる不朽の楽曲たち−"My Eternal Songs”を自身が歌い継ぐ本作において、この導入はこれ以上ない演出だと思う。
 間もなく、原曲同様の静謐なイントロで「HONESTY」(原曲:Billy Joel)が始まる。弾き語りならではのタイム感と、原曲キーで歌う彼女の歌唱が相まってよりシックな印象となっているのが魅力的だ。
 弾き語りならでは、といえば次曲「Alone Again」(原曲:Gilbert O’Sullivan)における表現力は息を呑むものがあり、詳しくは本作を聴いてもらえればと思うが、リタルダンドやブレスに寄り添うようなタイム感の生々しさによって原曲の繊細な世界観がより深く沁みるような仕上がりとなっている。

 続く「Love of My Life」(原曲:QUEEN)はクラシカルな進行がピアノによってより際立ち、QUEENのお家芸ともいえる重厚なコーラスは鈴木の声によって一層煌びやかに演出され、召されるような多幸感に包みこまれる。打って変わって次曲「I Only Want to Be With You」(原曲:Bay City Rollers)は軽快に踊れるナンバー。気持ち良いタイミングで入ってくる裏打ちのタンバリンやキュートかつパワフルに歌い上げる歌声に体を揺らしながらA面は幕を閉じる。


 B面の導入で演奏されるのはバッハの「主よ、人の望みの喜びよ」。 
 アルバムの幕間としてはさることながら、盤を返して針を落としてから腰を据え切るまでの流れを整えてくれるようなギミックとも取れる。清麗な音色に耳を傾けながら、やはり今自分は鈴木祥子の青春の一片を共有しているのではないかという邪推も捗る。
 B面1曲目「Open Arms」(原曲:Journey)は本作において個人的に最も推薦したいナンバーである。ここで完全な私感を述べることを読者の皆様にはご容赦いただきたいのだが、多種多様なカヴァー作品が存在しそれらを享受する際、メロディや歌詞だけでなく編曲やエンジニアリング、時代性にともなう技法等々といった”録音物”そのものをどこまで踏襲するかといった要素も興味深い観点の一つだと思っている。特筆して本曲はその観点+ピアノ弾き語りというシンプルなアプローチが見事なまでにマッチし、紛うことなき名カヴァーといえる仕上がりとなっている。これは是非実際に針を落として確かめてみてほしい。

 続く「Yesterday Once More」(原曲:Carpenters)は我々にとって恐らく最も馴染み深い楽曲ではないだろうか。原曲さながらストレートに歌い上げる彼女の歌声の端正さには安心感を覚えるだろう。
 モーツァルトのピアノ・コンチェルトの一節が奏でられた後、流れるように始まる「Different Drum」(原曲:The Stone Poneys)はA面3曲目と並びクラシカルなアプローチが活きる編曲が施されており、イントロのリフレインとの相性は特に抜群である。徐々に抑揚付いていく歌唱表現の素晴らしさに胸を打たれながら、ラストは楽典的な終止をもって本作は幕を閉じる。


 今日までの華々しいキャリア、その原点となった不朽の名曲たち。
 鈴木祥子は自身のルーツであるピアノ一本の弾き語りで歌い継いだ。

 鈴木自身が言う、
 「ひとつの歌にも言語が、文化が、時代があり、ひとりひとりの想いがあり、 青春がある。人生がある。それを記憶の箱のなかから取り出して懐かしむことは、 また今日を、明日を生きてゆく力、活力にもなり得る。。。音楽だけに出来ることが、今も在る。」 

 まるで彼女の人生を垣間見えている気分になるような、アルバム全体の見事な構成も含めて非常に聴き応えのある作品となっているので、是非入手して聴いてみてほしい。 


 galabox 直販サイト:https://www.galabox.jp/product/557 

【文:桶田知道/編集:ウチタカヒデ

●桶田知道(おけた・ともみち)プロフィール
1991年4月27日生 奈良県出身・在住 音楽家
2012年、大学在学中にバンド「ウワノソラ」結成に参加
活動の傍ら、2017年6月に自身ソロ名義で1stアルバム【丁酉目録】をリリース。
同年8月よりソロ活動へ転身、自主レーベル「考槃堂」を設立。
2018年5月に2ndアルバム【秉燭譚】をリリース。
2019年12月【NOTO】プロデュース・リリース。