2017年7月29日土曜日

☆Favorite Musician 全音源コレクティング邦楽編第2回:ソロの真島昌利と甲本ヒロト



前回のTHE BLUE HEARTSで書いたが、真島昌利の4枚のソロ・アルバムは全てブルー・ハーツ時代にリリースしたものだ。マーシーにそれだけのストックがあったのは、マーシーのリストの後半の「参考」を見ていただくと分かる。マーシーはブレイカーズにいた時の親友の篠原太郎氏と一緒に、篠原宅で多くのデモを録音していて、特に1982年のデモ集ではマーシーがブルーハーツ加入後の1989年にファースト・ソロアルバム『夏のぬけがら』の12曲中10曲のデモを録音していたのだ。録音した時期にはまだブルーハーツの展望もないが、ビート・バンドのブレイカーズとは違った、マーシーの虚構ではないノスタルジックで優しい視点、しかしヒリヒリした世界観が既に出来上がっていて、驚かされる。確かにブルーハーツのデビュー3作目まではこういう曲が登場する余地がなく、その後に満を持してブルーハーツでは出来ないマーシーの世界を、ソロ・アルバムで公表したことが分かる。マーシーは音楽的に幅広い才能を持っていて、ブルーハーツのストレートなロックンロールではない、フィル・スペクター風のポップ・ソングや、ボサ・ノヴァ、はたまた大好きなキンクスの空耳カバーなど、バラエティに富んだ曲を書く事が出来る。デモをいつも付き合ってくれ、ブレイカーズとしては1曲も作品を残せなかった元ブレイカーズの篠原太郎、大槻敏彦らと一緒に91年にセカンドソロ『Happy Songs』録音し、さらにライブもこのメンバーで行い、DVDLive Another Summer』として発売し、還元を行っている。マーシーは92年には、ブルーハーツ自体が、ベースとドラムの宗教問題で求心力が弱まり、昔のように尖った部分が薄くなったので、政治的な内容の歌と激しいロックンロールも取り入れた『Raw Life』をリリースする。そして解散目前の94年にはまたバラエティに富んだ4枚目のソロ『人にはそれぞれ事情がある』をリリースし、一連のソロ活動にケリを付けた気がする。ハイロウズ時代はほとんど何もなく、クロマニヨンズのへの切り替えの2006年に仲のいいコレクターズの『ロック教室』に参加した「スタール―スター」はアルバムのベストソングと言えるくらい爽快でキャッチー、カッコいい曲だった。コレクターズのメンバーが、ジャケがキンクスの『Schoolboys In Disgrace』のパロディなのだが、マーシーにも同じ制服を着せて5人組にしちゃっているのが可笑しい。そしてクロマニヨンズ時代の最近は、2014年には映画「ごめんね青春」のOSTのエレキ・インスト8曲をマーシーとクロマニヨンズのベース、ドラムの3人でプレイし、ヘヴィなロックもあり気分が良さそうだった。校歌も書いている。そして2015年からは真城めぐみと中森泰弘のユニットのヒックスヴィルにマーシーが参加して3人で「ましまろ」を結成、アルバム2枚、シングル2枚をリリースし、その大半をマーシーが書いている。曲はクロマニヨンズのストレートなロックとは違ってアコースティックギター中心のユニットなので、ブルーハーツ時代のソロのような世界が展開されている。リード・ヴォーカルは2曲ずつぐらい担当と、あくまでのユニットと、フロントマンには立たないようにしているようだ。クロマニヨンズは10年の壁越え、11年目の今年も8月にシングルをリリースするので、バンドでは最長になる。

さて常に比類なきリード・ヴォーリストで、バンドの半数の曲を書く、天才のヒロトは、ソロといっても甲本ヒロト単独名義でリリースしたのはクロマニヨンズ開始の自由な時の2006年の「真夏のストレート」/「天国生まれ」のシングル1枚があるだけ。曲もアコースティックなサウンドで、ヒロトらしいちょっとふざけたような牧歌的な曲。他では2002年の日韓ワールドカップ用に作られた坂本龍一&甲本ヒロト名義の「桜のころ」で、ヒロトは歌詞とリード・ヴォーカルを担当、ベスト16まで行ってもいい思い出がないワールドカップそのものに、華やかさに乏しかった。「赤と黒」のTAKA-ROCKが企画したアニメ『イジワルケイ』にヒロトはヴォーカリストとして参加していて、2002年アルバムの『赤』の「チンピラゴボウ」、『黒』の「デストロイ・オブ・モンスター」そして2005年のシングル『蒼』で「僕のクリスマス」それぞれ1曲、ソロで歌っている。ヒロトを語るうえで忘れてはいけないのは、彼が熱烈な「タイムボカン」ファンで、作曲をしていた山本正之ファンだということだ。これはブルーハーツ加入前からなので、この世に存在しないと思われていたヒロトが在籍していたコーツの音源が95年の『アノ世ノ果テ』の「過ぎし日のロックンロール」の中でコーツの「Oh Destination」が1分弱挿入されていた。90年になってとうに解散していたコーツだが、山本正之の「セッション」のレコーディングにヒロトが参加して再結成、デモでは仮歌でリード・ヴォーカルを担当し、そのテイクは91年の『蔵出し山本正之作品大全集』で披露された。付き合いはまだ続きタイムボカンシリーズの「怪盗キラメキマン」のエンディングの「フラランランデブー」を甲本ヒロト&ピンクピッギーズ名義で2000年にシングルで出している。曲はもちろん山本正之。この人は「燃えよドラゴンズ」の作者で知られている。他では一部参加が多く、古くは1995年のBeat Show Club Band「夜汽車」/Just A Beat Show」のシングルから、あとはアルバムで1999年のKyOn & Black Bottom Brass BandDangerous Hoy! Sauce』で1曲、2000年の三宅伸治プロジェクト『Music Planet~いいことがあるといいね~』で3曲、2001年『One Shot One Kill-Bad Tracks For Bambi 2』でギャバキングス名義の1曲、2005年の山下久美子『Duets』、忌野清志郎『GOD』、The NeatbeatsBig Beat Mind』、2007年の三宅伸治『つづく』、同年のシングルで藤兵衛ドンと農民たち名義の「よろこびのうた」、2010年のUAKABA』、2015年の大竹しのぶ『歌心恋心』、そして2016年にコレクターズの『愛ある世界-30th Anniversary Session』で1曲の1部を歌うが、ヒロトの凄いところは、どこでもヒロトの歌っているパートは一瞬で聴き分けられることだ。この中のベストは山下久美子のとの「ドレミの歌」で、ヒロトの歌うこの曲は最高に伸びやかで力強く、1曲丸ごと歌ってくれ!と誰もが願う快作。付け加えると大竹しのぶとの「乙女の祈り」は大半をヒロトが歌い、三宅伸治との『Music Planet』の中の「☆ロックンロールプラネット☆」はヒロトのソロ。ヒロトがソロとしてクレジットされ歌うのは2005年のボ・ガンボスのトリビュート『Colla Bo Gumbos Vol.1』で甲本ヒロト&Rock’n’Roll Gypsies名義の「夜のドライブ」、2006年の東京スカパラダイスオーケストラ『Wild Peace』の「星降る夜に」、同年『少年ナイフ・トリビュート-フォーク&スプーン』の「エルマー・エレベーター」、そして2007年のストーンズのトリビュート『Respect The Stones 2』の「Factory Girl」があり、これは「夜のドライブ」「星降る夜に」がいい出来だ。このように多岐に及ぶヒロトのソロは、作曲はソロ・シングル1枚で、後は友人のアルバムに参加して力強いヴォーカルでアルバムの華になっている。ヒロトはマーシーと違い、自己表現の場ではなく友人との付き合いの一環、とスタンスは全く違う。

 

★真島 昌利(ソロ)

☆オリジナル・アルバム

1989 『夏のぬけがら』(メルダック)

1991 『Happy Songs』(メルダック)

1992 『Raw Life』(ソニー)

1994 『人にはそれぞれ事情がある』(ソニー)

2007 『Raw Life-Revisited-』(ソニー)※1992年のアルバムに、1993年のソロライブ6+シングルB面のみの「踊り踊れば」「I Fought The Law」をディスク2としてプラスした。

 

☆必要なコンピレーション

2005 The NeatbeatsBig Beat Mind』(BMGジャパン)※「Good Old Rock’n’Roll Medley」で一部リード・ヴォーカル

2006 Various『少年ナイフ・トリビュート-フォーク&スプーン』(Pヴァイン)※「シークレット・ダンス」収録。

2006 コレクターズ『ロック教室-The Rock’n’Roll Culture School』(日本コロムビア)※「スタールースター」収録。

 

☆必要なアルバム未収録曲のシングル

1989 「ドクターペッパーの夢」(メルダック)※「アンダルシアに憧れて」のカップリング。

1991 「真夜中過ぎの中央線」(メルダック)※「オーロラの夜」のカップリング。

1991 「バラ色の人生」「うな重」(メルダック)※「夜空の星くず」のカップリング。

1994 「空席(Version2)」(ソニー)※「カレーライスにゃかなわない」のカップリング。

 

☆必要な参加アルバム

2014 OST『ごめんね青春!』(SMD)※9曲が真島作曲のインスト。演奏は真島とクロマニヨンズの小林勝、桐田勝治。あとドラマの校歌を真島が作曲している。

2015 ましまろ『ガランとしてる』(ソニー)※真島とヒックスヴィルの真城めぐみ+中森のユニット(以下ましまろ名義の構成は省略)。リード・ヴォーカルの基本は真城で、真島がからむ。4曲中3曲が真島の作詞・作曲、1曲は「Heart Beat」のカバーで日本語詞が真島。「しおからとんぼ」「公園」「Heart Beat」はこのシングルのみで「しおからとんぼ」のサビ以外と「ガランとしてる」のサビのリード・ヴォーカルは真島。

2015 ましまろ『ましまろ』(ソニー)※1曲を除き9曲は真島の作詞・作曲。「ぼくと山ちゃん」「山の師匠」のリード・ヴォーカルと、「しおからとんぼ(シトロンソーダVer.」のサビ以外と「ガランとしてる」のサビは真島。

2016 ましまろ『遠雷』(ソニー)※このシングルのみの「海と肉まん」「天国の扉」の作曲とリード・ヴォーカルは真島。

2016 ましまろ『ましまろに』(ソニー)※1曲を除き9曲は真島の作詞・作曲。「朝」のリード・ヴォーカルと、「妙なねじれ」のサビ以外は真島。

 

▲参考(親友のブレイカーズ時代の仲間の篠原太郎さんの家で真島昌利さんは、これだけ大量のデモを録音していた。また真島・篠原・大槻・杉浦で組んでいたブレイカーズのデモもあり、録音させていただいた音源がこれ。ちなみにブルーハーツ加入前の真島昌利さんの相性は「マッシ―」だった)

THE BREAKERS DEMO※すべてスタジオ録音のデモ

◎真島昌利作:マーシーのリード・ヴォーカルのナンバー「ママにサヨナラ」、「夜の中で」、「涙のCOOL DANCING(1983年にフィリップスからシングル化の予定。A面でプロモカセットも作られたというがリリースされなかった)、「プラットホームで待ちくたびれて」、「アンダルシアに憧れて」(89年にソロでシングル化。1stソロにも収録)、「素敵なビートタイム」、「オーダーリン」、「あの娘のイニシャル」、「錆びたナイフ」、「BEATにしびれて」(後のブルーハーツの『High Kicks』の「さすらいのニコチン野郎」。91年リリース)

◎真島昌利・篠原太郎・杉浦光治ヴォーカルのオリジナル「Breakers Stomp

◎真島昌利・杉浦光治ヴォーカルのカバー「Fortune Teller」「High Heel Sneakers

◎篠原太郎作:篠原太郎のリード・ヴォーカルのナンバー「ハロー!リトルガール」「ダイヤルを廻すだけでいいのに」(「涙のCOOL DANCING」のB面予定だった)、「ストレートガール」「危ないキッズ」「窓に映ったシルエット」「悲しきノーノーボーイ」「永遠のシーズン」「恋をオソれず」

◎杉浦光治作:杉浦光治のリード・ヴォーカルのナンバー「悲しみあふれでて」「忘れたのかい」「恋は今すぐ」「二人の合言葉」

◎大槻敏彦作:大槻敏彦のリード・ヴォーカルのナンバー「フェアリーテール」「どこかでアイシンクユー」「ティーチャー」「ムービーオブラブ」「ダウンタウンボーイ」

〇マッシ―・オリジナル集

「クライマックス」、「西武新宿線」(後のブルーハーツの『High Kicks』の「ホームラン」。91年リリース)、「ダンス・ナンバー」(ボー・ディドリー風のジャングル・ビートのヴァージョン。後のブルーハーツの『THE BLUE HEARTS』収録。87年)、「Hey Smiley」、「My Angel」、「煙突のある街」(ソロ3作目『Raw Life』収録。92年)、「夏にさよならを…」、「夏と煙の中で」、「春の夜」、「遠くまで行こう僕ら」、「素敵なBEAT TIME」、「OH WHAT A NIGHT」、「迷ってる交差点」(後の2ndソロ『Happy Songs』収録の「夜空の星くず」。91年。シングル化もされた)、「君の部屋のオルゴール」(後の1stソロ『夏のぬけがら』の「花小金井ブレイクダウン」。89年)、「屋上の落伍者」(後の2ndソロ『Happy Songs』収録の「砂丘」。91年)、「市営プール」「古いホテルが焼け落ちた夜」、「見知らぬ街の見知らぬ駅」

Massy Demo 1982-24※ブレイカーズ時代に篠原太郎さんでマーシーが録音していったデモ。曲の後ろの★は89年の1stソロ『夏のぬけがら』で使用された曲。

「ダンス・ナンバー」(キンクス風の3コードのリフを効かせたロック・バージョン。後のブルーハーツの『THE BLUE HEARTS』収録。87年)、「笑う逃亡者」、「風のオートバイ」★、「カローラに乗ってゆこうよ」★、「クレヨン」★、「夏が来て僕等」★、「さよならビリーザキッド」★、「オートバイ」★、「百光年」、「地球の一番はげた場所」★、「花小金井ブレイクダウン」★、「(仮)夜明けのボトルネック」、「夕焼け多摩川」★、「カーニバル」(後のソロ4th『人にはそれぞれ事情がある』で使用。94年)、「真夜中過ぎの中央線」(後の2ndソロ『Happy Songs』収録の「オーロラの夜」のシングル収録)、「ルーレット」★

〇夏のぬけがらDemo…スタジオレコーディングされた音源で「カローラに乗ってG.G.差しかえ分」は50秒長い。「ボニークライドとクライドの唄」「ジャラマドーラの唄」は未収録。なお「ボニークライドとクライドの唄」は歌詞や構成を大幅に変えてソロ3rdRaw Life』の「こんなもんじゃない」になった。

「カローラに乗ってG.G.差しかえ分」「花小金井ブレイクダウン」「子犬のプルー」「アンダルシア」「地球の一番はげた場所」「ボニークライドとクライドの唄」「ジャラマドーラの唄」「ドクターペッパーの夢」

Happy Songs Demo※全曲アルバム8+シングル2曲で使われた。CDとテイクは同じと思われる。

「夜空の星くず」「砂丘」「休日の夢」「とても寒い日」「Happy Songs」「ガソリンアレイ」「ダイナマイト」「うな重」「バラ色の人生」「2人でいれば」

 

(作成:佐野邦彦)

 

★甲本ヒロト(ソロ)

☆シングル

2000 甲本ヒロト&ピンクピッギーズ「フラランランデブー」(ビクター)※アニメ「怪盗きらめきマン」のカップリング。2005年の『タイムボカンソングセレクション』(ビクター)にも収録。

2002 甲本ヒロト&坂本龍一「桜のころ」(ワーナー)※マキシシングル。ヒロトのソロ・ヴォーカルのテイクもある。

2005 『おれたちイジワルケイ~蒼~』(アニプレックス)※マキシシングル。トップの「僕のクリスマス」(イジワルケイオールスターズfeaturing甲本ヒロト名義。ヒロトのソロ。)を歌う。

2006 「真夏のストレート」/「天国うまれ」(BMGジャパン)※唯一のヒロトのソロ名義のディスク。

2007  藤兵衛ドンと農民たち「よろこびのうた」(BMGジャパン)※「よろこびのうた:あ~ね」「よろこびのうた:の~ん」で分かれてヒロトが歌う。

 

☆必要な参加盤

1995 山本正之『アノ世ノ果テ』(パイオニアLDC)※「過ぎし日のロックンロール」の曲中、43秒から58秒までコーツの「Oh Destination」が登場する。山本のヴォーカルも被るが420秒まではヒロトのソロ。

1995  Beat Show Club Band「夜汽車」/Just A Beat Show」(メディアレモラス)※甲本ヒロトが両面で一部リード・ヴォーカル。CDシングル。

1999  KyOn & Black Bottom Brass BandDangerous Hoy! Sauce』(アゲントコンシビオ)※Dr. KyOn & Black Bottom Brass Band Featuring甲本ヒロト名義の「Anarchy In The Bayou」収録。

2000  三宅伸治プロジェクト『Music Planet~いいことがあるといいね~』(アンサンブル)※「何もなかった日」と「世界は日の出を待っている」で一部リード・ヴォーカル、「☆ロックンロールプラネット☆」でほぼリード・ヴォーカル。

2001 Various『蔵出し山本正之作品大全集』(ベラ・ボー・エンタテインメント)※コーツの「セッション」収録。

2001 『One Shot One Kill-Bad Tracks For Bambi 2』(UKプロジェクト)※ギャバキングス名義の「One Shot One Kill」で一部リード・ヴォーカル。

2002 イジワルケイオールスターズ『赤イジワルケイ』(エイベックス)※「チンピラごぼう」収録。

2002 イジワルケイオールスターズ『黒イジワルケイ』(ダイキ)※「デストロイ・オブ・モンスター」収録。

2005 山下久美子『Duets』(EMIミュージックジャパン)※山下久美子・甲本ヒロトの「ドレミの歌(Do Re Mi)」収録。

2005 VariousColla Bo Gumbos Vol.1』(エピック)※甲本ヒロト&Rock’n’Roll Gypsies名義の「夜のドライブ」収録。ヒロトのソロ。

2005 忌野清志郎『GOD』(ユニバーサル)※忌野清志郎&甲本ヒロトの「Remember You」収録。

2005 The NeatbeatsBig Beat Mind』(BMGジャパン)※「ハーフ・パイント・ブルース」で一部リード・ヴォーカル

2006 Various『少年ナイフ・トリビュート-フォーク&スプーン』(Pヴァイン)※「エルマー・エレベーター」収録。

2006 東京スカパラダイスオーケストラ『Wild Peace』(カッティング・エッジ)※「星降る夜に」収録。

2007 VariousRespect The Stones 2』(Geneon Entertainment)※「Factory Girl」収録。

2007 三宅伸治『つづく』(エイベックス)※三宅伸治&甲本ヒロトの「月がかっこいい」収録。

2010 UAKABA』(ビクター)※UA with 甲本ヒロトの「夜空の誓い」収録。

2015 大竹しのぶ『歌心恋心』(喝采)※大竹しのぶ&甲本ヒロトの「乙女のワルツ」収録。大半をヒロトが歌う。

2016  コレクターズ:『愛ある世界-30th Anniversary Session』※「愛ある世界-30th Anniversary Session-1」で310秒くらいから30秒程度リード・ヴォーカル担当。

 

(作成;佐野邦彦)



1 件のコメント:

  1. ワンフレーズだけですけど、君を守りたい PEACE BIRDS '88 ALL STARSってのにもヒロトが参加してます。

    返信削除