2020年4月18日土曜日

【ガレージバンドの探索・第八回】The Enfields - Friends Of The Family


60年代の学生ガレージバンドに関しては、ひとつのバンドを詳しく知ろうとする人は多くないと思う。わたしもWebVANDAの連載を始めるまで、曲単位で聴いていてあまり個々のバンドについて調べることがなかったのだけれど、少し詳しく調べてみるようになると、その過程で発見する関連の曲がすごく良かったり、メンバーの意外な経歴が見つかったりするのがおもしろい。今回は、「I'm For Things You Do」という曲が好きだったThe Enfieldsのことを調べた。一般的に広く知られてはいないけれど、世界中の一定数のフォークガレージやサイケガレージ、トワイライトガレージ愛好家やコレクターから愛され続けているようなバンドだと思う。 

【結成当初のラインアップ】
  Ted Munda(ボーカル、ギター)Charlie Berl(ボーカル)
John Bernard(リードギター)
Bill Gallery(ベース)
Gordon Berl(ドラム)

1964年、デラウェア州ウィルミントンでThe PlayboysとサーフロックバンドのThe Touchstonesという2つのバンドが統合する流れでThe Enfieldsが結成された。中心人物はソングライターでボーカル、ギターのTed Munda。
Ted Mundaと Gordon BerlはThe Playboysのメンバーで、John Bernard、Bill GalleryはThe Touchstonesのメンバーだった。Charlie BerlとGordon Berlは兄弟。ブリティッシュ・インヴェイジョンの影響を受けていた彼らは、ロンドン自治区エンフィールドに因んで名付けられた有名なライフルからとって、バンド名をThe Enfieldsとした。

1966年にRichie Recordsからシングルを3枚リリースする。プロデューサーはVince RagoとTony Pace。最初に「In the Eyes of the World」(Richie 669)が地元でヒット。この曲はTed Munda とCharlie Berlの共作のようだ。A面、B面とも同じ曲を収録し、DJがどちらをかけても良いようにした。次にリリースした、フォークロックの影響が強い「She Already has Somebody」(Richie 670)ではさらに大きなヒットが続いた。
B面曲の「I'm For Things You Do」はThe Zombiesの影響が反映されている。この2ndはA面、B面ともTed Munda作。


I'm For Things You Do / The Enfields


この頃までにThe Enfieldsはウィルミントンで最も人気のあるバンドになっていたそうだけれど、全国的に認知されるには至らなかった。
3rdシングルはバラード曲「You Don't Have Very Far」(Richie 671)。B面の「Face to Face」はおそらくThe Whoの影響があったようだ。

Bill Galleryが進学のためにバンドを去り、The Wrecking Crew(後にThe Blues Magoosに加わったGeoff Dakingが在籍していたローカルバンド)のJohn Rhoadsがベースで加わる。


1967年の初めにラストシングルとなる「Twelve Month Coming」 / 「Time Card」(Richie 675)をリリース。チャートには記録されなかった。
その後Charlie Berlが徴兵され、バンドは解散した。

The Enfields解散後、Ted MundaはJohn Rhoads と、地元の別のバンドThe TurfsのメンバーだったWayne Watson(ギター) 、Jimmy Crawford (ドラム)を加えてFriends Of The Familyを結成。1967年の5月にFrank Virtueプロデュースの下、フィラデルフィアのVirtue Recording Studiosで6曲のデモを録音する。Kama Sutra Recordsなど、いくつかのレーベルが興味を示したものの契約には至らなかった。


1967年のうちにJohn Rhoadsがバンドを去り、Ray Andrews(ベース/ボーカル)、Lindsay Lee(オルガン/ボーカル)が加わる。
1968年7月、新体制で5曲が録音された。プロデューサーはJoe Renzetti。

1991年にリリースされたDistortions Recordsのアルバム『The Enfields / Friends Of The Family - The Songs Of Ted Munda』(Distortions Records ‎– DB 1003)にはThe Enfieldsの全音源と、Friends Of The Familyの1967年の音源が収録された。そして1993年、Get Hip Recordingsから出たCD版(GHAS-5000CD)では、未発表だったFriends Of The Familyの1968年の音源5曲も追加されている。わたしは今回調べるまでThe EnfieldsのFriends Of The Familyというタイトルのアルバムだと思っていて、後半だいぶ雰囲気が変わるなあと思っていたら違うバンドの音源がまとまっていたらしい。


Friends Of The Familyはこの他に、アルバムには収録されていない1968年のシングル
「Can't Go Home」 / 「How You Gonna Keep Your Little Girl Home」(Smash Records ‎– S-2144)もある。これは、Cameo Parkway Recordsのスタッフ・ライターNeil Brianが録音したものだそうだ。


Can't Go Home / Friends Of The Family

Friends Of The Familyの録音はそれが最後のようだけれど、Ted Mundaはその後も様々な活動を続けている。ガレージに関連するところでは、The Blues Magoosにも在籍していたようで、1969年リリースのThe Blues Magoos 「Let Your Love Ride」(Ganim, G-100)はTed Mundaの作だった。


【文:西岡利恵】



参考・参照サイト


https://en.wikipedia.org/wiki/The_Enfields#cite_note-Jason_(Enfields)-


http://therisingstorm.net/the-enfields-friends-of-the-family/


http://musicofsixties.blogspot.com/2012/09/the-enfields-enfieldsfriends-of-family.html


http://musicofsixties.blogspot.com/2012/09/the-enfields-enfieldsfriends-of-family.html


0 件のコメント:

コメントを投稿