2021年12月4日土曜日

HACK TO MONO (part3 Capitol 45rpm 編)


 前回同様に以下の条件でこれからシングル盤を聴いてみよう。

以下紹介する音源はオリジナル盤から取り込んだものであり、

ノイズ除去処理は一切行っていない。

また、盤の選定についてはRIAA制定及びステレオ音源の普及を考慮し

1964年までのリリースを対象とした

以下私見ではあるがきんさん、ぎんさんそれぞれの特性があることが分かった

モノラルと侮るなかれ、この音像の深さには感嘆するものがあった。


「Surfin’ Safari」(Capitol 4777) 1962


まずはきんさんから聴いてみよう

エコー感が溢れ、西海岸の陽気の様な感じが伝わるサウンドだ。

昔の米軍放送のオールディーズ番組の音を思い出させる懐かしさがあり、ねちっこく残るエコー成分が余計にその雰囲気を強調している。


それではぎんさんを聴いてみよう

きんさんに比べて前回同様に演奏全体がグイッと前に出る印象。

前作Surfin’ ではThe Kingston Trio然としていた演奏に比して、南California産であることが明らかなsurf music風のバッキングは、前作から続くミュートしたパーカッシブなギターサウンドの効果を引き立たせている。


「409」(Capitol 4777) 1962

きんさんの特性?がもたらすエコー感が心地いい陽気な感じが溢れている。


冒頭のSEはこれまで聴いた409の中でもっとも爆音だ、全体にみなぎる力強さが感じられる。Mikeのバスもよく出ており、ぎんさんのもたらす熱量が最高。

「Ten Little Indians」(Capitol 4880) 1962


きんさんの特性がだんだんわかってきた、全体にそつなくまとめる感じと中低域のナチュラルさと一体感が気持ちいい。


ぎんさんの力強さがここでも出ているが、きんさんより曲のディテールがくっきり出ているような感じがする。


「Country Fair」(Capitol 4880) 1962


こちらもきんさんが手堅く全体をまとめ、コーラスの響きが心地いい。

  


ぎんさんのもたらす効果でコーラスはきんさんに比して前面にくっきり聴こえている。

スネアの音もバシバシ聴こえてとにかく力強い。


「Surfin’ U.S.A」(Capitol 4932) 1963


イントロのギターのエコーが小気味いい!さすがきんさん。

キックの音も曲中終始鳴っていることがよく表現されている。

通常コーラスのinside out side U.S.Aあたりからバックの演奏とともにキックも埋もれてしまうが、うまくトレースしているところがきんさんらしい。



ぎんさん効果でキックの音もさらに強調され、デビュー以来ダンスミュージックとしてThe Beach Boysは扱われてきたのだ、と改めて気がつかされる。

ぎんさんの方がコーラス部がモノラルだがBrianのファルセットが加わると立体的に聴こえてくる。


「Shut Down」(Capitol 4932) 1963

    


きんさん特有のエコー感がここでも活かされている。ミュートしたギターのサウンド
太く鳴りsurf musicさが色濃く出ている。
間奏の素っ頓狂なMikeのサックスもここでは太く倍音が感じられる。

ぎんさんの得意とする力強さが遺憾無く発揮されている、スネアはバシバシしっかり
鳴っており、コーラスも聴かせる所でしっかり聴かせてくれる。

「Surfer Girl」(Capitol 5009) 1963


この曲が今のところ、きんさん感満載の印象だ。

コーラスの一体感エコー感すべてが満足の一曲。



きんさん感満載と述べたが、こちらの方がきんさん感プラスぎんさんの情熱的な感じがよく出ている。

Mikeのバスも楽器に埋もれることなく聴こえるし、色彩感や立体感が遺憾無く発揮されている。デビュー以来ダンスミュージックやノベルティばかりさせられてきたBrianの鬱憤を晴らす名曲故か?


「Little Deuce Coupe」(Capitol 5009) 1963


きんさん、というよりぎんさん感が出ている、ベースはうなりピアノは曲中ガンガン鳴り続けバッキングのサウンドはとても太く再生されている。
ぎんさんではどうだろうか?

期待に違わず力強い演奏だ。歌無しで聴けばハードなBoogieであって、
Canned Heatあたりが演奏してもおかしくない出来だ。コーラスも
終始Brianのトップノートをトレースしており力強い。

「Be True To Your School」(Capitol 5069) 1963

この盤ではきんさんらしさが出ておらず全体にモコモコした感じであった。


きんさんの出来から危惧されたが、冒頭のドラムロールから終始鳴り響くフロアタムの音はしっかり鳴り、それに絡むスネアやブラス、フルートもしっかり聴かせ、体育祭の応援合戦の最中であるかの如く臨場感がある。

「In My Room」(Capitol 5069) 1963



イントロから聴かれるベース部のトレモロを太くかつMikeのバスと干渉せず、しっかり鳴らしている。全体のまとまりも優れており心地いい。


Surfer Girl同様に厚く情熱的なハーモニーが聞ける。トレモロの鳴りが
力強い。

「Little Saint Nick」(Capitol 5096) 1963

きんさんらしさが活きている、楽器のバランスとコーラスおよびヴォーカルをしっかり再生し、立体的に聴かせてくれる。


ぎんさんらしく、終始鳴っているピアノはガンガン聴こえドラムもしっかり。
夏はLittle Deuce Coupe冬はLittle Saint Nickといった風情である。

「The Lord's Prayer」(Capitol 5096) 1963
曲の中盤から顕著になっていくエコー効果が心地よい、きんさんならではの出来。
コーラス全体の放つエネルギーが感じられ神々しいものとなっている。
エコー感もぎんさん超えを実現している。
本稿もちょうど年末であり、一年の終わりとあわせて聴くと感慨深い。
Brianは1964年の元旦からレコーディングを精力的に開始する。
そこから生まれる名曲の数々をきんさん、ぎんさんはどう奏でるか?
乞うご期待!

(次号へ続く)

2021年11月23日火曜日

追悼 ーBilly Hinsche(1951-2021)ー



 2021年11月20日肺癌による死去の報があった。

 Wilson一族とその仲間が作るハーモニーの一角を担う彼の損失は大きい。

 キャリアのスタートはDino,Desi& BillyというバンドであってBruce JohnstonやTerry Melcherの様な地元の実業家や芸能人二世のパーティー仲間から派生したバンド活動であったが、Dinoの父がDean MartinでありFrank Sinatra閥であることからSinatra傘下のRepriseから業界の大きなバックアップを受けることができた。

 The Beach Boysとの関わりは『The Beach Boys Party!』の「Mountain of Love」でハーモニカを演奏したところから始まる。Dino,Desi& Billyの中でもっともミュージシャン志向があったのはBillyで以後The Beach Boysへのセッションへの関与を深め、同時期に姉がCarlと結婚したため、Wilson一族とも姻族となったことで結びつきはさらに深まる。


1966年リリースの『Memories Are Made Of This』

では「Girl Don’t Tell  Me」をカバー


1967年Smileセッション「Tones」でのセッションシート William Hinsche名で参加

なんと!セッションリーダーとして登記されていた


 Dino Desi&Billyの活動も並行して行われており、音楽的成長を伺わせる作品が増えてくる。自身のプロデュースで1968年発表の「Tell Someone You Love Them」は『Wild Honey』以降のデッドな音像の影響下にあるハーモニー・ポップの秀作だ。
 つづく1969年発表の「Thru Spray Colored Glasses」は弊誌でもお馴染みのDavid Gatesのペンによるドリーミー・ポップ。
また翌年解散時発表の「Lady Love」はBrianとBillyの共作となっており、Brian Wilsonワークスのコレクターズアイテムとなっている。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    
                                                                                                ソロシングル「Music is Freedom」は『Sunflower』〜『Surf’s Up』の
大きな影響下にあるギターサウンドとハーモニーが織りなす逸品だ。


当時Carlの義兄でありここまでのキャリアがあるので、一時正式メンバー加入のオファーという厚遇を受けるも、本人は学業専念のため辞退している。
 学業の傍らBrianやBruce不在時はコーラスからギター、ベースまでこなす器用さで巧みにサポートをレコーディングからライブまで続けてきた。
 在籍した1972年以降、ライブアクトとしてリスナーや市場から高評価を得られた。この急成長はWilson一族の成熟とBillyによるサポートがあったが故である。
 晩年はBrianやAlのプロジェクトへの参加及びツアー参加など精力的に行い、コロナ禍にあっても、Facebook Liveを通じたLIVE FROM BILLY’S PLACEという配信コンテンツを提供し、気さくに語る数々のエピソードは好評であった。
 偉大なサポートメンバーとして、時代はかの人の才能を求めた。
 改めて哀悼の意を表する。
                      

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  (text by Akihiko Matsumoto-a.k.a MaskedFlopper)

2021年11月17日水曜日

【ガレージバンドの探索・第十二回】V/A -Teenage Shutdown! Vol.15 "She's A Pest!"

 【Teenage Shutdown!】という、ガレージファンには有名なコンピレーションシリーズがある。1983年にTim Warrenによって設立されたCrypt Recordsからリリースされている計15枚のシリーズで、それぞれ、収録曲の中から選ばれた1曲の曲名がサブタイトルになっている。

 ライナーノーツを書いているのは『TEENBEAT MAYHEM!』の著者として知られるMike Markesich(通称:Mop Top Mike)で、この『TEENBEAT MAYHEM!』というガイドブックは、10代の無名バンドのシングル情報が16,000曲以上掲載されているそうだ。無名のバンドのレコードを収集し、それほどの膨大な記録を残すというのは本当に並大抵の労力ではなかっただろうと思う。後のガレージコンピへも大きな影響を与えたようだけれど、彼自身はそのコレクションに含まれるようなTEENBEATのバンドを「ガレージ」という用語でまとめられることは好まなかったようだ。

 今では世界中のレコードコレクターがYouTubeにレアな音源をアップしてくれているので、入手することが難しい音源も比較的手軽に聴くことができたり、コンピも数多く出ていて、ガレージを聴きたい人には恵まれた環境がある。【Teenage Shutdown!】シリーズ15作目 "She's A Pest!" を購入したのは、このコンピに収録されているThe Playgueの 「I Gotta Be Goin’」 という曲をYouTubeで聴いたのがきっかけだった。誰だかわからないし、「バンド」としてのイメージも持ちにくい、ただ、その見つけた1曲が凄くいい、というような感動が味わえるのもガレージならではの独特な楽しみ方かもしれない。

The Playgue / I Gotta Be Goin’

 ガレージと一口に言ってもファズガレージだったりサイケガレージだったり、その種類も様々だけれど、こういうPlaygueのようなガレージを聴くと特に、なかなか真似できそうにない60年代特有のガレージバンドの空気を感じる。いつもながらバンドのことを調べても多くの情報は出てこないけれど、1965年のルイジアナ州バトン・ルージュのバンドで、もともとThe Banditsという名前で活動した後、Bill BenedettoとNick Benedettoという兄弟によるプロデュースでThe Playgueという名前に変更され、The Rolling StonesのカバーやR&Bスタイルの曲などを演奏していたらしい。

 【Teenage Shutdown! 】は、どうやらサブタイトルになっているメインの曲に合わせた選曲がされているようで、アルバム通して統一感が感じられる内容になっている。Vo.15ではメインのThe Insects 「She's A Pest!」 をはじめクールさもありながらノリのいい、いかにも当時のガレージという雰囲気の曲が集められている印象。

She's a Pest! / The Insects


【文:西岡利恵


【Teenage Shutdown! 】シリーズ

Vol.1 ”Jump, Jive & Harmonize” (LP-TS 6601, 1998) (CD-TS6601, 1995)

Vol.2 You Treated Me Bad!  (LP-TS 6602, 1998) (CD-TS 6602, 1995)

Vol.3 Things Been Bad” (LP-6603, 1998) (CD-TS 6603, 1998)

Vol.4 I'm A No-Count” (LP-TS-6604, 1998) (CD-6604, 1998)

Vol.5 Nobody To Love”  (LP-TS 6605, 1995) (CD-TS 6605, 1998)

Vol.6 I'm Down Today” (LP-TS-6606, 1998) (CD-TS-6606, 1998)

Vol.7 Get A Move On!” (LP-TS-6607, 1998) (CD-TS-6607)

Vol.8 She'll Hurt You In The End” (LP-TS-6608, 1995) (CD-TS-6608, 1998)

Vol.9 Teen Jangler Blowout! ” (LP-TS-6609, 1998) (CD-TS-6609, 1998)

Vol.10 The World Ain't Round, It's Square! ” (LP-TS-6610, 1998) (CD-TS-6610, 1998)

Vol.11 Move It! ” (LP-TS-6611, 2000) (CD-TS-6611, 2000)

Vol.12 No Tease” (LP-TS-6612, 2000) (CD-TS-6612, 2000)

Vol.13 I'm Gonna Stay” (LP-TS-6613, 2000) (CD-TS-6613, 2000)

Vol.14 Howlin' For My Darlin'! ” (LP-TS-6614, 2000) (CD-TS-6614, 2000)

Vol.15 She's A Pest! ” (LP-TS-6615, 2000) (CD-TS-6615, 2000)

※ジャケットにボリューム番号の記載はなし。


参考・参照サイト:https://www.nhregister.com/entertainment/article/RANDALL-BEACH-Mike-s-passion-for-the-teen-beat-11398269.php