2019年2月26日火曜日

1970年代アイドルのライヴ・アルバム(郷ひろみ編・Part-1)

 
1970年代アイドルのライヴ・アルバムの検証」、二回目は秀樹同様1970年代新御三家のひとりで、今もスーパー・スターとして活躍する「アイドル中のアイドル」郷ひろみについてスポットをあてることにする。ご存知のように彼は男性アイドルのメイン・ストリームであるジャニーズ事務所の出身であり、それを見出したのは才人ジャニー喜多川氏だ。そんな氏が1960年代の初代ジャニーズから現在まで送り出した数多くの男性アイドルのなかで、「最高のアイドル」と思い描いているといわれるのは郷ひろみだという。



その郷の芸能界入りのきっかけは、1971年に映画オーディションを通じジャニー喜多川にスカウトされたのが始まりだった。当初はフォーリーブスのバック・ダンサー(ジャニーズJr.)だったが、その抜群のルックスに注目が集まり、デビュー前にもかかわらず大阪でファン・クラブが発足するほど凄まじい人気を獲得した。そんな人気沸騰中の19728月、「フォーリーブスの弟」として<男の子女の子>で歌手デビューを果たす。この曲はGSオックスの傑作セカンド・シングル<ダンシング・セブンティーン>(郷の第5作『ひろみの旅』に収録)をベースにした好ナンバーで、いきなりトップ10ヒット(8位;27.8万枚)となった。続く<小さな体験>はさらなるヒット(4位:36.7万枚)を記録し、これは先輩フォーリーブスの実績を遥かに凌ぐもので、またたくまに事務所の看板スターとなっている。 




その人気たるや、今まで芸能人など見向きもしなかった少女たちをも巻き込むほど凄まじいもので、当時国鉄(現JR)職員だった郷の父が勤務するJR京浜東北線大井町駅にも多くのファンが押し寄せたという。余談ながら、私も同じ国鉄職員の息子(他には、パンクのアナーキーなど)として親近感を持ち、デビュー時からシングル、アルバム、更にはライヴ・アルバムまで熱心に聴き漁るようになった。そして当然のように、この年第14回日本レコード大賞新人賞を受賞。そんな郷の成功により、事務所はより多くのアイドルを量産していく体制が整っていったのは言うまでもないだろう。


翌、1973年には早くもブロマイド売上1位の座に輝き、西城秀樹、野口五郎と共に新御三家としてトップ・アイドルに駆け上る。同年第24NHK紅白歌合戦に初出場を果たし(以後1985年まで13回連続出場)、ジャニーズ事務所に在籍した1974年までに、<よろしく哀愁>(1位;50.6万枚)を含む10曲がベスト10入り(内4曲は2位)という輝かしい実績を残している。


そしてジャニーズ事務所を独立した1975年以降も、<花のように鳥のように>(2位;24.3万枚)、<誘われてフラメンコ>(2位;24.5万枚)、<恋の弱み>(4位;21.9万枚)とヒットを連発した。さらに翌76年には『さらば夏の光よ』でスクリーン・デビューを果たし、活動の幅を広げている。


 この頃になるとアルバム制作にも意欲的なところをみせ、1975年に全曲ユーミン(荒井由実)作品でまとめられた第6作『HIROMIC WORLD』、さらに翌76年には(漫画家)楳図かずおと筒美京平のコンビによるナンバーが中核をなす第7作『街角の神話』を発表。これらのアルバムは洋楽にもひけを取らないもので、特に後者の充実ぶりは目を見張るものがあった。なかでもシングルとなった<寒い夜明け>(5位;17.3万枚)は、(ベスト・アルバムにチョイスされることは少ないが)個人的には華麗な筒美サウンドと楳図独特のシュールな世界感が見事に融合した傑作ナンバーだったと感じる。




 また翌1977年にはTBSドラマ『ムー』に出演、ここでのコミカルな演技が話題となり、番組挿入歌として発売された樹木希林とのデュエット<お化けのロック>(2位:40万枚)は、郷のコミカルな面を開拓する新境地として注目された。さらに78年の『ムー一族』挿入歌、樹木とのデュエット第2作<林檎殺人事件>(6位:30.7万枚)は、より幅広い世代からの支持が集まり、当時の人気番組「ザ・ベストテン」で初の1位を獲得するほど話題となった。補足ながら、2015627日放送の「TBSテレビ60周年記念・音楽の日」では、(亡き)希林との38年ぶりの復活ライヴが大喝采を浴びている。

そんな後者が収録された第10作『Narci-rhythm』は、全曲キャンディーズのヒット曲で脚光を浴びた穂口雄右の書き下ろしによるもので、郷のポップ・シンガーとしての魅力があふれた快作だった。郷自身もこのアルバムはかなりお気に入りだったようで、当時発表したライヴ・アルバム『IDOL OF IDOLS』には数多くとりあげられている。








またこの年には、大ヒットにこそ至らなかったが、彼自身もフェイヴァリットとして自認し、何回もセルフ・カヴァーすることになる<ハリウッド・スキャンダル>(13位:13.9万枚)を発表。そのカヴァーできわめつけといえるものが、1994年に元シンプリー・レッドの屋敷豪太と組んだ「Go Go’s」名義のテイクだ。ファンの間でもさほど話題にならなかったプロジェクトではあるが、スティーリー・ダンを連想させるようなクールで洗練された都会的サウンドは、今聴いても古さを感じさせない斬新なチャレンジだった。このように音楽的に充実していただけでなく、『明星』の「アイドル人気投票」でもデビュー以来7年連続No.1アイドルの座を譲らない人気ぶりだった。


1979年になると、横尾忠則による印象的なジャケット(アンディー・ウォーフォール風)も話題となった第13作『SUPER DRIVE』を発表。このアルバムは当時のフュージョン・ブームを反映してアメリカのセッション・グループ24丁目バンドThe 24th Street Band)を起用し、ニューヨーク録音を敢行させたものだった。そこには同年のヒット曲<マイ・レディー>(8位;34.9万枚)の別テイクをメインに、ヒット・メイカー林哲司、芳野藤丸(SHUGUN)、マエストロ萩田光雄らの書き下ろしが並んだ。なかでも林作<入江にて>は編曲担当の萩田光雄氏にも絶賛されたほどで、郷も後にコンピレーションへチョイスするほどの傑作AORナンバーだった。



このように1970年代後半の郷ひろみには意欲的な傑作アルバムが発表されている。そんなオリジナル・アルバムは長らく廃盤状態が続いていたが、201710月にSONYより完全限定生産盤『The 70’s Albums』(紙ジャケ13枚組Boxセット)として待望の復刻発売されている。ただ残念ながら、ここにはライヴ・アルバムが含まれていないが、ファンでなくとも一度はチェックしていただきたい作品集だ。なお近年、“新御三家”の野口五郎はタワー・レコードを通じライヴ(カセット音源まで)が復刻されているので、いつかは彼の作品も復刻されることを願ってやまない。


さてこの様に時代を反映した音楽活動に邁進した郷の姿勢は1980年代に入っても衰えることなかった。それは、化粧品CMソング<How manyいい顔>(8位:29.9万枚)、ノベルティ・ソング<お嫁サンバ>(1981年、6位:27.3万枚)、アダルトな洋楽カヴァー<哀愁のカサブランカ>(1982年、2位:50.1万枚)、さらに1983年には鈴木康博(元オフ・コース)を起用したトヨタ・カローラCMソング<素敵にシンデレラ・コンプレックス>(9位:19.3万枚)を大ヒットさせるなど常に話題の中心となっていた。そして1984年には、今も彼のトレード・マークのひとつとなっている「ジャパ~ン!」のシャウトでお馴染みの国鉄CMソング<24千万の瞳>(7位:21.3万枚)を発表し、アイドルの枠を超えた国民的ポップ・シンガーの地位を確立している。ここでまた余談となるが、郷の父は国鉄での最終歴は東京駅助役と伝え聞いたが、もしこの曲が1987年のJR発足以降のヒットだったならば、少なくとも都心部の駅長に抜擢されたかもしれないほどインパクトがあった。

そんな郷だったが祇園の芸者や松田聖子と浮名を流した後、1987612日に二谷友里恵と結婚し、1989年までニューヨークに拠点を構えている。そこで二女をもうけ父親となるも、彼の人気が錆びることはなかった。1990年代に入ると再びシーンに帰り咲き、1992年には後にSMAPのヒット曲(<SHAKE><らいおんハート>など)で注目されることになる小森田実をいち早く起用した<ヴィーナスたちのシエスタ>をリリース。そして1993年からは1年一作のペースでバラードを歌い、その第1作(通算65枚目)に楠瀬誠志郎のカヴァー<僕がどんなに好きか、君は知らない>(43位:17.7万枚)、1994年には<言えないよ>(27位:37.7万枚)を発表した。後者はチャートに36週もとどまるロングセラーとなり、バラード・シンガーとしても地位を確立させ、「第27回日本有線大賞・優先音楽最優秀賞(ポップス)」を受賞されている。さらに1995年の<逢いたくてしかたない>(17位:43.5万枚)も30週近くチャートにとどまるヒットとなり、前作に続き同賞を受賞している。


なお、このヒットに合わせるかのようなバラードでセレクトされた『The Greatest Hits Of Hiromi GoVol.2 –Ballards-』を発売。ここの収録曲には199849日に離婚することになる二谷友里恵を歌った郷の自作<REE(‘95)>をはじめ、シンガー郷を反映した佳曲が聴けるセレクションが並び、ファン以外からも注目を集めた。19979月にはデビュー25周年記念公演を日本武道館で開催した。

そして1999年には「ア、チ、チ」の訳詞でお馴染みとなったリッキー・マーティンの<Livin’ La Vida Loca>のカヴァー<GOLDFINGER’99>を4年ぶりにヒットさせ、「第32回日本有線大賞・優先音楽最優秀賞(ポップス)」、さらに「第41回レコード大賞・最優秀歌唱賞」をもW受賞している。なおこのこの曲発売時には、プロモーションでJR渋谷駅前交差点にて無許可のゲリラ・ライヴを敢行し、刑事事件を起こすという話題をふりまいた。個人的にこの手法は、エルビス・コステロが1978年の初来日時に学ラン着用にてトラック上で行ったパフォーマンスをお手本にしたような印象がある。


 そんな順調な活動をよそに、2001年年末の「第51NHK紅白歌合戦」の出演を最後に、20053月まで音楽活動を休止し、再びニューヨークに移住している。そして200510月には大阪で50歳記念の「スペシャル・バースデー・ライブ」を開催。さらに翌20069月には東京日比谷野外音楽堂でデビュー35周年記念ライヴも開催した。

20101018日の55歳の誕生日には、『55!伝説』と名付けた1955年生まれ、55歳、全国ツアー55公演のファイナル・ステージを日本武道館にて開催し、超満員の観衆を前に健在ぶりを見せつけた。この年には9年ぶりに「第61NHK紅白歌合戦」に出場し、2014年の第65回まで5年連続27回の出場を果たしている。また2012年には三度目の再婚、2014年には子供までもうけている。201510月には還暦を向かえた郷だが、今も日本を代表するスーパー・スターとして活躍を続けているのはご存知の通りだ。

さて次回は郷が1970年代に発表した8枚のライヴ・アルバムをレヴューするので、続けてお読みいただきたい。
(鈴木英之)




2019年2月19日火曜日

「BOOKMARC SHOW Vol.1」のご紹介


昨年11月にセカンド・アルバム『BOOKMARC MELODY』をリリースしたThe Bookmarcs(ザ・ブックマークス)が、きたる4月6日に同アルバムのレコ発ライブを開催する。


弊サイト読者は既にご存じの通り、彼等は作編曲家の洞澤徹と、Sweet Onionsのヴォーカリスト近藤健太郎が2011年にタッグを組んだ男性2人組ユニットである。
彼等が今回のようなキャパのホールでライブを行うことは初なので、シティポップ・ファンは是非生で体験してほしい。
また当日はスペシャルゲストとして、『BOOKMARC MELODY』にコーラスで参加したジャズシンガーのRyu Mihoと、近藤が楽曲プロデュースした声優兼シンガーの藍田理緒を迎える。
そして同ライブには対バンとして、女性シンガー・ソングライター(以下SSW)の辻林美穂(つじばやし みほ)も出演する。
彼女は16年4月にアルバム『Clarté』でデビューした新生のSSWとして注目されているので要チェックだ。当日彼女のサポート・メンバーには、昨年セカンド・アルバム『ISLAND』をこちらで紹介したカンバスの小川タカシがギタリストとして参加する予定だ。



【FLY HIGH RECORDS presents 「BOOKMARC SHOW Vol.1」】
日時:2019/4/6(Sat)
時間:12:00 OPEN 12:30 START
会場:青山月見ル君想フ
料金:前売3,000円+1d/当日3,500円+1d
出演 : The Bookmarcs/辻林美穂
※チケットは彼等のオフィシャルサイト下記URLの”CONTACT"から予約出来るので、お名前(フルネーム)、連絡先、人数を記入のこと。
また予約者には、当日「ブクマくん缶バッジ」がもれなく配布される。
https://www.thebookmarcs.net/contact


※青山月見ル君想フ(アクセスは下記URLの“Map”をご参照) 
http://www.moonromantic.com/


【The Bookmarcsサポート・メンバー及びスペシャルゲスト】
ドラム:足立浩
ベース:北村規夫
キーボード:佐藤真也
トランペット:真砂陽地
トロンボーン:和田充弘
コーラス:諏訪好洋(パトラッシュ)
スペシャルゲスト:Ryu Miho、藍田理緒


   

【辻林美穂サポート・メンバー】
ギター:小川タカシ(カンバス)
ベース:尾崎旅人(HipDistrict)
ドラム:井上拓己(フレスプ)


   

最後に繰り返しになるが、The Bookmarcsに興味をもったシティポップ・ファンは、是非こちらで予約してライブ会場で彼等のサウンドに生で触れて欲しい。
(ウチタカヒデ)

2019年2月11日月曜日

Three Berry Icecream:『SUNSHINE ON MY MIND 1998-2018』(miobell records / PCMR0014)


少し紹介が遅れてしまったが、元BRIDGE(ブリッジ)のイケミズマユミ(キーボーディスト)のソロプロジェクトThree Berry Icecreamが、オールタイム・ベスト・アルバム『SUNSHINE ON MY MIND 1998-2018』を昨年10月17日にリリースした。 
BRIDGEは92年に渋谷系バンドとしてデビューし、元フリッパーズ・ギターの小山田圭吾が主宰したトラットリア・レーベル(ポリスター傘下)から2枚のオリジナル・アルバムをリリースしている。95年後の解散後はベーシストのカジヒデキがソロ・アーティストとして成功し、その存在が改めて知られるようになった。17年には22年ぶりにオリジナル・メンバー6人で再結成ライヴを行ったことも記憶に新しいと思う。

さてイケミズマユミのThree Berry Icecreamの活動であるが、音楽誌「米国音楽」の付録CDに楽曲提供したのがきっかけとなり、99年にアメリカにてファーストEP『three berry icecream』を7インチでリリースし、その後も国内でミニアルバム『apricot』、『Rain Drops』を発表しており、17年には以前アメリカ・ツアーで一緒だったBrent Kenji(ブレント・ケンジ、Friedrich Sunlight)とのコラボレーションで「three cheers」を7インチでリリースしている。
彼女が紡ぎ出すシンプルなメロディと英語歌詞は海外でも評価が高く、アメリカ、台湾、韓国のイベントにも出演し、国内外合わせて20枚以上ものコンピレーション・アルバム(以下コンピ)に楽曲が収録されており、ゲーム音楽やLoftのキャンペーン・ソング、近年は『婚前特急』『わたしのハワイの歩きかた』『夫婦フーフー日記』 などの映画作品にも参加するなどその活動は多岐に渡っている。
今回の活動20周年を記念したベスト・アルバム『SUNSHINE ON MY MIND 1998-2018』は、そんな彼女の魅力を余すことなく詰め込んでいるので、ギターポップやWebVANDA読者をはじめとするソフトロック・ファンにも聴き応えがあるだろう。
なお本作には、BRIDGEで同僚だった、大友眞美や黒澤宏子の他、Swinging Popsicleの嶋田修、orangenoise shortcutの杉本清隆らと一緒にレコーディングした新曲「Come away to winter」「Honey and clover」の2曲を含む27曲が収録されている。  では筆者が気になった主な収録曲を解説していこう。

   
冒頭新曲の「Come away to winter」は、ボサノヴァのリズムを基調としたギターポップ・サウンドで、BRIDGEのリード・シンガーだった大友とSwinging Popsicleの嶋田、SmokebeesやRed Go-Cartなど複数のバンドに所属するヒロセミキがコーラスで、イケミズのヴォーカルをサポートしている。
なおこのコーラス・アレンジには、シンガー・ソングライターの小林しのが協力している。スリー・リズムのフォーマットでキーボードレスだが、グロッケンのオブリとヴィオラが入ることでサウンドが豊かになっていることにも注目したい。蛇足だがタイトルはAztec Cameraの「Walk out to winter」を彷彿とさせた。
続く「Honey and clover」も新曲で、こちらにはBRIDGEのドラマーだったクロサワヒロコが参加し歌心あるドラミングを披露しており、全編スキャットのこの曲にメリハリをつけている。また筆者が06年に監修したコンピ『Easy Living Vol.1』にも参加したMargarets Hopeのホザキマユミもフルートで参加して、この清々しいサウンドに彩りを添えている。

「Majestic monochrome (completed mix)」は12年のコンピ『胸キュン☆アルペジオ~Takayuki Fukumura with Friends』の冒頭に収録されており、往年のギターポップ・ファンが聴けば気付くと思うが、The Monochrome Setの「Jacob's Ladder」(84年)へのオマージュである。ルーツ的にはメジャー・キーのブルースだが、このモッドなサウンドは多くのバンドに影響を与えている。
この曲もそんな影響下にありイケミズとBrent Kenjiのデュエットで歌われる。バッキングはVasallo Crab 75のオオクライッセイがギターとベース、ヨシダアキヒロがドラム・プログラミングで参加している。
「Felicity fall」はセカンド・ミニアルバムの『Rain Drops』(06年)収録曲で、イケミズの曲とカジヒデキの詞という元BRIDGE組のソングライティングになっている。2分半程の小曲だがイントロからヴァースへかけてのコード進行が素晴らしく、イケミズによる印象的なアコーディンオンとグロッケンのプレイも効果的だ。
アルバム中最もソフトロック・テイストなのは「Fairy tale」で、07年に出版されたガール向け小冊子『My Charm』11号の付録CDに提供されたシャッフル・ナンバーである。歌詞はこの本の著者である磯谷佳江で、作詞家としても成功している彼女のセンスが光っている。アレンジ的には三連のピアノやグロッケンの配置、対位法のベースのフレーズなどアレンジもよく練られているのだ。



レコーディング時期でアレンジを変えたスリー・ヴァージョンが収録された「Go pit-a-pat days」にも触れておこう。収録は発表順と時系列的に逆になるが、「Go Pit-A-Pat Days 96」は、02年に森達彦氏のハンマー・レーベルからリリースされたコンピ『STUDIO LAB/ FLOCKS』に収録された英語歌詞の最新ヴァージョンで、アコースティック・ギターには元BRIDGEの大橋伸行、バックトラックのプログラミングには現在活動停止中のmaybelleのキーボーディストで、作編曲家、劇伴音楽家として知られる橋本由香利が参加している。サウンド的にはアコースティック・ギターの刻みとウッドベースが利いたオールドタイミーなサンシャイン・ポップだ。 
続く「Go pit-a-pat days (Brownie version)」は、ROUND TABLEの伊藤利恵子が主宰するブラウニーレコードのコンピ『9 pieces of BROWNIE』(99年)に収録されたヴァージョンで、バッキングは主に伊藤と北川勝利のROUND組二人で担当している。ベースは生のエレキだがヴァイオリンが入ることで、最初期ヴァージョンより落ち着いた雰囲気になる。
本作のラストに収録された最初期のオリジナル日本語歌詞ヴァージョンの「Go pit-a-pat days」は、98年にカセットで限定リリースされていた『Three Berry Icecream』に収録されており、ギターには元BRIDGEの清水弘貴が参加している。やや荒削りなアレンジと演奏であるが、清水はアコースティック・ギターとセミアコ・ギターを弾き分けており、オクターブ奏法も披露している。
この最初期ヴァージョンの時点でイケミズが描こうとしている世界観は垣間見られており、ブリル・ビルディングの時代に通じる巧みなソングライティングは、聴く者の心を掴んで離さないだろう。 
(ウチタカヒデ)