2023年12月17日日曜日

わたくしのオフコース -2-/吉田哲人

 WebVANDAをご覧の皆さん、ご機嫌いかがでしょうか。吉田哲人です。 
 2023年11月22日に発売になりました、僕の48歳にして初のアルバム『The Summing Up』とアーカイブ集『The World Won’t Listen』は聞いていただけましたでしょうか。2枚同時購入者に付いてくる(初回ブレス分のみ)特典CD『Another of The World Won’t Listen』も楽しんでいただけていますでしょうか。 まだ買ってないよ~!って方、詳しくはこちらのWebVANDAさんに濃密なインタビュー(前編後編)が掲載されてますので、そちらを御一読いただき御購入のほど、よろしくお願い致します。 

 オフコースの話の前に 

 オフコースといえば、我らがなりすコンパクト・ディスクから12月13日に発売された『なんちゃらアイドル / Sentimental Jukebox』(HYCA-8062)に「オフ・コース / のがすなチャンスを」のカヴァーが収録されてます。
 『オフコース / LIVE(ETP-60380/1)』収録ヴァージョンに寄せたアレンジだったので、ライブで盛り上がりそうですね。最高。 

 さて、この連載はオフコースのレコードを収集してる中で培った知識や疑問に思ったことを投げかけ、皆さんと情報共有/情報交換して所謂’集合知’として後々まとめられればと考えているものです。 
 前提として(シングルかLPかを問わず)レコード盤にあるマトリクスの「1S」が初回盤であろう、という予想の上で話を進めている訳ですが、この前、ふとした拍子に家に何枚かある(DJでよく使うので)「チューリップ / 虹とスニーカーの頃」のマトリクスを見たところ、なんと「1SM」というマトリクスがあるのを見つけてしまい困惑してしまいました。 どなたかどういう意味が込められたマトリクスなのか教えてください。 マトリクスの世界、一寸先は闇ですね…。



 そんな中お届けする第二回は… 


 『この道をゆけば / オフ・コース・ラウンド2』です。



 先ほど紹介しました「のがすなチャンスを」のオリジナル・ヴァージョンが収録されています(なんちゃらアイドルはこの時期の表記を尊重して”オフ・コース”としていると思う)。その後、オフコースのライヴにおいてアレンジが変わってゆき、ハードロック調のアレンジにまで育ってゆきます。 

家にあるものは… 

1.ETP-8293 1S/1S 裏ジャケット東芝EMI株式会社 ¥2,000表記

2.ETP-72141 1S2/1S 裏ジャケット東芝EMI株式会社 値段表記なし 

 このアルバムは、前回の『オフ・コース1 / 僕の贈りもの』に見られた社名変更による表記や価格改定もなく、再発時に価格改定とオビのデザインが一新されたくらいのものだと現状は考えております。ETP-8293の方はもう一枚持っているのですが、経年劣化は差し引くとして、これといった違いがないので特筆すべきことは特にありません。
 また、マトリクスの違いからくるレコード溝の視覚上における大きな違いはなく、聴感上もほぼ違いを感じられませんでした。多少違っていても誤差の範疇かと思います。 

 写真にある再発盤(ETP-72141)の方に鈴木康博さんのサインが書いてありますが、これは僕がとあるアレンジ仕事の際にゲスト・ミュージシャンとしていらっしゃった鈴木康博さんにその時に書いていただいたものです。実は、前回の『僕の贈りもの』の写真の中にもサインを書いていただいたレコードがあります。


今回はあっさりしているので、もう一枚。

『秋ゆく街で / オフ・コース・ライヴ・イン・コンサート』
 

ETP-72024 1S/1S 裏ジャケット東芝EMI株式会社 値段表記なし

 カタログ番号や価格の変更もなく、試しに何枚か手に入れてみたものの大きな違いが見つけられず、これといって特筆すべきことがないのですが、強いていえば後期プレス分と思われるものは、帯の色なのか紙の薄さなのかは分かりませんが、ジャケットが若干透けて見えます。こればかりは実際手に入れて見比べていただかないと伝わらないかと思います。


今回の2枚、自分が把握している情報では、前回とは異なりヴァリエーションの違いはそれほど見つけられませんでした。
もしも「全然勉強が足らないし、分かってないなあ。」という方がいらっしゃいましたら、ぜひ御教示ください。 
本当に御連絡お待ちしております。

以上、吉田哲人でした。また次回。


吉田哲人プロフィール
作編曲家。 代表作『チームしゃちほこ/いいくらし』『WHY@DOLL / 菫アイオライト 』『Sputrip / 光の惑星』『WAY WAVE / SUMMER BREEZE』 等。シンガーソングライターとしてアナログ盤シングル『ひとめぐり』『光の惑星』、短冊CD 『ムーンライト・Tokyo』発売中。

(テキスト及び画像提供:吉田哲人/編集:ウチタカヒデ

0 件のコメント:

コメントを投稿