2019年1月26日土曜日

small gardenが「木漏れ陽」のMVと「残夏」をフルレングスで公開


2017年11月に紹介した小園兼一郎(コゾノ ケンイチロウ)によるソロ・ユニットsmall garden(スモールガーデン)の『歌曲作品集「小園」』から、リード・トラック「木漏れ陽」のMVが昨年12月より公開されている。
この曲を初めて耳にした時の印象は今でも憶えているが、イントロの4小節を聴いて直ぐにsmall gardenに世界観に引き込まれてしまった。 
チェンバロ(ハープシコード)のフレーズにアコーステック・ギターの刻み、フルートのオブリ等のサウンドにはエンニオ・モリコーネ、スウィートなバースとビターなサビのメロディー・ラインを活かすコード進行にはマイケル・フランクスからの影響を感じさせる。そして何よりリード・ヴォーカルの山本ひかり(野沢菜)のナチュラルな声質によって、この曲が一層ブリリアントな輝きを放っているのだ。

   

 そして、昨年リリースされたサードEPの『歌曲作品集「小園Ⅱ」』から、筆者が昨年のベストソングとして選出した「残夏」と、「シュールポワール」が、筆者の希望もありフルレングスで試聴出来るようになっている。 

 「残夏」 

「シュールポワール」

前者はかのスティーリーダンの「aja」に通じるハイブロウなジャズ・ロック・ソナタであり、フルレングスで聴いてこそこの曲本来の真価を得られる。
後者は無重力な5拍子のリズムと独特なコード進行が特徴的なソウル・ポップだ。



興味を持った良識ある音楽ファンは、『歌曲作品集「小園」』と『歌曲作品集「小園Ⅱ」』を入手し、高音質でじっくり聴いて欲しいと切に願う。 
(ウチタカヒデ)

0 件のコメント:

コメントを投稿