2013年8月16日金曜日

Frankie Valli:『Frankie Valli Solo』(ワーナーミュージック・ジャパン/WPCR-27825)



9月の初来日公演に合わせたかの如く、フォー・シージンズのリード・シンガーとして有名なフランキー・ヴァリのソロ・アルバムが今月続々とデジタル・リマスターでリイシューされた。
驚く頃にどのアルバムも国内でのCDリイシューは初というから、権利関係の問題があるにせよ日本での過小評価振りには嘆かわしいばかりだ。ともあれワーナーミュージック・ジャパンの【MASTERS OF POP BEST COLLECTION 1000】シリーズからは、記念すべきファースト・ソロアルバム『Frankie Valli Solo』(67年)がリイシューされたので紹介しよう。

フォー・シージンズについては弊誌VANDA監修の『Soft Rock A to Z』の諸シリーズで紹介されてきたので詳しくはそちらを一読頂きたいが、西海岸のビーチ・ボーイズに東海岸のフォー・シージンズといった具合に60年代のアメリカン・ポップスを二分した最重要グループであることはご存じの通りである。
65年リード・シンガーのフランキー・ヴァリは、同僚のボブ・ゴーディオと5人目のメンバーと言えるソグライター兼プロデューサーのボブ・クリューのアイディアでグループと平行してソロ活動を開始させ、ファースト・シングル「The Sun Ain't Gonna Shine (Anymore)」を同年8月にリリースする。この曲は翌年3月にウォーカー・ブラザーズがカバーしてヒットさせた。
67年5月には5作目のシングル「Can't Take My Eyes Off You」が全米2位の大ヒットとなり、ヴァリのソロ活動を成功へと導いた。クリューとゴーディオによるこの曲はその後多くのシングル・カバー・ヴァージョンを生み、各時代でヒットさせた希有な曲でもある。
68年のアンディ・ウィリアムスをはじめ、82年のボーイズ・タウン・ギャング、98年のローリン・ヒル(The Fugeesからソロに転向直後)が一般的に知られるが、アルバム収録カバーとしては英国シンガーのエンゲルベルト・フンパーディンクからブラジルの国民的歌手だったエリス・レジーナ等々国境を越えて未曾有に取り上げられているので、20世紀のポピュラー・ソング・ベストの上位に入るのではないだろうか。

また筆者が欠かさずチェックしているBS-TBSの音楽番組『SONG TO SOUL』で昨年この曲が取り上げられた際、作者の一人でアレンジも手掛けた(アーティー・シュロックと共同)ボブ・ゴーディオはホーンのヴォイシングや構築方法に、スタン・ケントン楽団で活躍したアレンジャーのピート・ルゴロ(ジューン・クリスティやフォー・フレッシュメン等を手掛けていた)の影響を受けていると語っており、単なるポップスではない奥深いサウンドを目指していたことを物語っていて嬉しくなったものだ。

アルバムの方に話を戻そう、収録曲は上記の代表的な2曲の他、「(You're Gonna) Hurt Yourself」、「You're Ready Now」、「The Proud One」とカップリングの「Ivy」の2~4作目と、「Can't Take My Eyes Off You」のカップリング曲「The Trouble With Me‎」のシングル曲、ロジャース=ハート作のスタンダード・ナンバーの「My Funny Valentine」、映画『Calamity Jane』(53年)挿入歌でドリス・デイが歌った「Secret Love」等、当時ティーンエイジャー向けポップスを多く取り上げていたフォー・シージンズとは異なる、ヴォーカル・オリエンテッドな方向を目指したと思われる。
これも収録曲10曲中7曲を手掛けたクリューとゴーディオが意図したもので、本作のアレンジを分け合っているチーム・フォー・シージンズと言えるチャーリー・カレロをはじめ、アーティー・シュロックやハーブ・バーンスタイン等の仕事にも現れているのだ。
クリューの独創的なアレンジが光る「My Funny Valentine」は意表を突くマリアッチなホーンの展開が面白い。「Ivy」はフォー・シージンズの「Working My Way Back To You」や「Let's Hang On!」、クリューと共に「Opus 17 (Don't You Worry 'Bout Me)」を手掛けているサンディ・リンツァーとデニー・ランドルの作品で、その「Opus 17」のアレンジャーであるハーブ・バーンスタインのスコアがいたく美しい。
フォー・シージンズのセッションの常連であるバディ・サルツマンの巧みなドラミングがアルバムの随所で聴けるのも本作の魅力である。
(ウチタカヒデ)


0 件のコメント:

コメントを投稿