2018年2月18日日曜日

『Springs Live Picnic 2018』ライヴレポート

2月10日に東京は千代田区神田神保町の楽屋(らくや)で開催されたSprings(スプリングス)のライヴ『Springs Live Picnic 2018』の模様を紹介したい。
Springsは、VANDA読者にはお馴染みの書籍『HARMONY POP』(2000年/音楽之友社)、『ソフト・ロック in Japan』(2001年/音楽之友社)に企画・構成、執筆で参加している音楽家のヒロ渡辺(渡辺博之)が、土屋剛、シンディ浅田と組んでいるソフトロック・グループである。
そもそもSpringsは 95年にドラマーでマルチ・ミュージシャンでもあるヒロ渡辺とヴォーカリストのシンディ浅田の二人により結成され、翌96年にセクサイト・レーベルよりミニ・アルバム『SPRINGS』でデビューした。同年デビュー作にも参加していたキーボーディストの土屋剛を正式メンバーに加えるもシンディの脱退により、翌97年に二代目ヴォーカリスト毛利公美子を迎え、同年アルバム『PICNIC』をリリースする。
その後活動休止の期間を経て、2009年のシンディのソロ・アルバム『I Remember You~メモリーズ・オブ・ローラ~』の制作をきっかけにオリジナル・メンバーでリユニオンし現在に至る。

さて今回の『Springs Live Picnic 2018』だが、2016年の『SPRINGS 20th ANNIVERSARY PREMIUM GIG』以降1年ごとに開催されているライヴのようだ。
ヴォーカルのシンディを中心に、アコースティック・ギターのヒロ渡辺(リード・ヴォーカルも取る)とキーボードの土屋剛がそれぞれコーラスをつけるというシンプルな3人の編成で、彼らやシンディのソロ・アルバム同様に中村俊夫氏がプロデューサーという繋がりから、ゲストにシンガーの原めぐみ(元アイドル歌手から女優、タレントに転身して活躍している)が参加していた。
当日のセットリストは以下の通りであるが、WebVANDA読者をはじめとするソフトロック・ファンには垂涎の選曲といえよう。


【第一部】
01. Don't Go Breaking My Heart
02. Workin' On A Groovy Thing
03. I'll Be Back
04. Snow Queen
05. The Carpenters Medley:
 I Won't Last A Day Without You~
 A Song for You~
 We've Only Just Begun~
 Top Of The World
06. Samba Take Seven (Lola’s Theme)
07. Under The Jamaican Moon
08. In The Morning

【第二部】
01. Our Day Will Come
02. There’s A Kind of Hush(All Over The World) ※ with原めぐみ
03. I Love How You Love Me ※ with原めぐみ
04. トビラ~Everlasting Love~ ※ with原めぐみ
05. Love On A Two Way Street
06. Guess I'm Dumb 07. The Drifter 

【アンコール】
01. God Only Knows 
02. Don't Take Your Time


冒頭の「Don't Go Breaking My Heart」から「I'll Be Back」、「Snow Queen」、ラストの「The Drifter」、そしてアンコールの「Don't Take Your Time」は、日本におけるソフトロックの聖典とされた『Roger Nichols & The Small Circle Of Friends』収録曲である。これはSpringsが男女3声のハーモニーを大事にしていることを如実に現している。
またカーペンターズ・メドレーでは、現在もカリフォルニア在住というシンディによるネイティヴな英語歌詞の発音と美声によりカレンの歌声を彷彿とさせた。実際シンディは多くの国内CMでカーペンターズのカバーを歌っているので、知らず知らずの内に耳にしている人も多いはずだ。
他にもニール・セダカの「Workin' On A Groovy Thing」やニック・デカロのカバーで知られるスティーヴン・ビショップ作の「Under The Jamaican Moon」、ルビー&ザ・ロマンティックスの「Our Day Will Come」、ブライアン・ウィルソン作で昨年逝去したグレン・キャンベルの「Guess I'm Dumb」など通好みのカバー曲で観客を唸らせた。

オリジナルの「In The Morning」や「Love On A Two Way Street」はライヴではお馴染みで、ファンにとっては欠かせないナンバーだろう。
シンディのソロ・アルバム『I Remember You~メモリーズ・オブ・ローラ~』からは「Samba Take Seven (Lola’s Theme)」が演奏されボサノヴァのリズムが心地よかった。
ゲスト・シンガー原めぐみのコーナーでは往年のファンの皆さん(メグミン隊か?)からの声援で大いに盛り上がったのは言うまでも無い。特に原自身が作詞して、渡辺が曲を提供し土屋がアレンジした「トビラ~EVERLASTING LOVE」は、ロネッツの「Do I Love You」の影響下にある完成度の高い曲である。


こんな素敵なライヴであったが、筆者的に最大のハイライトは、アンコールで弊誌編集長、佐野邦彦氏に捧げた「God Only Knows」の演奏だった。渡辺氏から語られる知られざるエピソードと心のこもった熱唱には思わず感激してしまった。
佐野氏もそのリユニオンを心より願っていたであろう、Springsの最高のパフォーマンスに心酔した一夜だった。


(文&写真:ウチタカヒデ / 写真提供:シンディ浅田氏、撮影:皆川幸男氏)

 

2018年2月12日月曜日

shinowa:『Flowerdelic』 (LITTLE EYES IN A MEADOW/LEIM-002CD)

















昨年6月に16年ぶりの新作シングル『Snow, Moon, Flowers』で、その活動を本格的に復活させていたshinowa(シノワ)が、2月5日に満を持してフル・アルバム『Flowerdelic』をリリースした。
shinowaはリーダー兼リードヴォーカル、ギタリストの山内かおりとギタリスト兼プログラミングの平田徳(ヒラタハジメ)を中心に結成され、60年代中後期のサイケデリック・ロック、80年代後期~90年代初期のシューゲイザー/オルタナティヴ・ロックに通じるそのサウンドは、海外のミュージシャンや音楽関係者にも評価が高く、耳の肥えたVANDA読者なら興味を持つ筈だ。 

前回のレビューと重複するが改めて最新のプロフィールを紹介しておこう。
彼らは96年に大阪で結成されたサイケデリック・ギター・ロックバンドで、GYUUNE CASSETTE 傘下の Childish Soupより『bloom~光の世界』を01年にリリースし数度のメンバーチェンジのあと、野有玄佑(ベース&ドラム)が加入して現在の男女3人組となっている。 11年には米サイケデリック・ポップバンド、MGMT(エム・ジー・エム・ティー)より直々にオファーを受け、彼等の来日公演のオープニングアクトを務めた。
また昨年リリースした『Snow, Moon, Flowers』は、全米で数年前からカセット・ブームを牽引しているカリフォルニアのBURGER RECORDSのコンピ・カセット『BURGER WORLD JAPAN』(17年9月) に収録され、その後英レビュー・サイト  VINYL FACTORY でレビューが掲載された。
この状況を知れば、現在も彼らが国境を超えて高く評価されていることを理解出来るだろう。
なお本作は『Snow, Moon, Flowers』と同様にHammer Label主催で、シンセサイザー・プログラマーやエンジニアとして、ムーンライダーズや渋谷系のクルーエル・レコーズから歌謡曲フィールドまで幅広く活躍していた森達彦氏がプロデュースとミックスを手掛けており、その手腕が随所で発揮されている。

   
では本作で筆者が気になった主な曲を解説しよう。 
冒頭の「One」は山内のソングライティングにエダナマイが英歌詞をつけた、80年代後期~90年代初期のクリエイション・レコーズのサウンドに通じるギター・ポップで、ディストーション・ギターやノイジーなシーケンス音をループして空間系エフェクトで処理したトラックと、山内のスウィートなヴォーカルとのギャプが実に素晴らしい。リズム的には8と16ビートにサンバ系のブラジリアン・ビートのエッセンスを持ち独特の浮遊感を醸し出している。本作のリード・トラックとしてそのクオリティは高い。
「Sit with the Guru」はVANDA読者ならご存じの通り、Strawberry Alarm Clockのカバーでセカンド・アルバム『Wake Up...It's Tomorrow』(68年)に収録された、「Tomorrow」(67年)に続く先行シングル曲である。ここでのヴァージョンは彼ららしさと言うべきサウンド・エフェクトが目映いサイケデリック・ポップに仕上がっており、Strawberry Alarm Clockのオリジナル・メンバーで作曲者の一人であるマーク・ワイツも絶賛している。
ワイツからのコメントはshinowaオフィシャル・サイトで読んでみて欲しい。 因みに彼らはバンド結成当初からこの曲をレパートリーとしており、本作には最新ヴァージョンをレコーディングしたということだ。

   

昨年初頭、shinowaの音源を初めて聴かせてもらった時から筆者のフェイヴァリットだったのが、「Silent Dawn」である。ギター・ポップとシューゲイザーにそのルーツの一つというべき60年代サイケデリック・ロックのエッセンスが程よくブレンドされたブリリアントな曲で、単独でソングライティングした山内のヴォーカルに施されたモジュレーション・ディレイ系のエフェクト処理も相まってドリーミングである。
続く「Unisol」も山内単独のソングライティング曲であるが、シューゲイザー的サウンドは影を潜めたプリティーなギター・ポップと思いきや、後半にはしっかりファズ・ギターとフリーキーなオルガンのフレーズがちりばめられていて侮れない。この曲には長崎を中心に活動するアコーディオン(fisarmonica)奏者のLOCOがマリアッチなプレイで参加している。
ラストの「Red Flower」は『Snow, Moon, Flowers』カップリングの「Almost Certain」(原曲:「たしからしいということ」)と同様に、『bloom~光の世界』収録の「赤い花」を英歌詞化しリアレンジした曲である。プログレッシブ・ロックの要素もある変拍子のこの曲も山内のソングライティングあり、彼女の才能の奥深さを思い知らされる。
なお本作はCDとアナログ・アルバム、またカセット・テープの3媒体でリリースされており、CD以外は限定生産のため興味を持った読者は早期に入手すべきである。
 shinowa OFFICIAL WEB SITE
(ウチタカヒデ)