2016年2月28日日曜日

『Chocolat & Akito meets The Mattson 2』(Rallye Label / RYECD237)


12年の『GREAT3』から活動を再開し14年の『愛の関係』も好評であるGREAT3の片寄明人と、女性シンガーソングライターのショコラによる夫婦デュオ Chocolat & Akitoが、12年の『Duet』に続く4枚目になるアルバムを3月2日にリリースする。
本作はそんな彼らと8年の交流を持つ、カルフォルニア在住の若き双子デュオ The Mattson 2(ザ・マットソン2)とのコラボレーションという形態を全面に出しており、双方が持つ音楽センスの化学反応も楽しめる好盤となったのだ。

前作までのChocolat & Akitoのサウンドは、大人のためのMOR&ソフトロックと二人のヴォーカルが醸し出す美しいハーモニーが最大の魅力であったが、本作ではThe Mattson 2が持つ60's西海岸ポップやジャズや後のNew Waveからの要素をうまく内包した新たなサウンドをクリエイトしている。
The Mattson 2について紹介しておこう、カリフォルニア州サンディエゴ出身の20代の双子デュオで、ギター担当のジャレットとドラムスのジョナサンからなる。ローティーンの頃にパンク・バンドを手始めに音楽活動を始めるが、父親の影響もありジャズ・プレイヤーとして目覚める。
その後00年代の西海岸カルチャーの重要人物とされた映像作家でレコード・レーベル、"Galaxia"のオーナーでもあるトーマス・キャンベルに認められ、同レーベルで既に活動していたSSWのレイ・バービーとのコラボで07年に『Ray Barbee Meets The Mattson 2』、09年には1stアルバム『Introducing』をそれぞれリリースしている。
ジャズ・ピープル・マナーと西海岸のストリート・カルチャーをうまく融合させたサウンドは本国の他日本でも注目され、精力的に来日公演もおこなって耳の早い音楽通にも知られた存在なのだ。
因みに本作の主なバックトラックのプレイはThe Mattson 2の2人によるもので、一部の曲でショコラがキーボードとパーカッションを担当しているが、Chocolat & Akitoとしてはヴォーカル&コーラスに徹しており、合理的に分担しているのが海外レコーディングらしい。
エンジニアリングとミキシングには片寄と『HEY MISTER GIRL!』(00年)からの付き合いになる、トータス及びザ・シー&ケイクのジョン・マッケンタイアが参加し、ジャケット・アートは同じくトータスのメンバーであるジョン・ハーンドンによるものだ。
では主な収録曲を解説していこう。
冒頭から4ADサウンド(コクトー・ツインズ等)をジョン・マッケンタイアが音響処理し結晶させたような「Graveyard Has No Color」から始まる。続く「Nothing to Fear」は80年代英国ネオ・アコースティック・シーンにも通じる、ギターのマルチ・トラックで構築されたサウンドが懐かしくも新しい。
「Sakura」もサウンドの中心はジャレットのスリリンングなギターのであるが、この曲では一級のジャズ・ピープルがバックを務めていた頃のジョニ・ミッチェルの匂いもして興味深い。
従来のChocolat & Akitoサウンドに最も近いのが「Everlasting Mind」かも知れない。とにかく曲の完成度が高く、ジャレットのギターは元スミスのジョニー・マーを彷彿とさせる。筆者的には以上の2曲をベスト・トラック候補として挙げたい。



インスト・ナンバーの「Earland」は、The Mattson 2の演奏にショコラがキーボードで加わっている。リードメロを取るシンセサイザーが彼女のプレイなのかも知れないが、ジャズ・ロック風という意外性があって面白い。
「Velvet in Room」はGREAT3における片寄のカラーが色濃く出ている曲で、『愛の関係』に収録されても違和感がない独特な世界観が美しい。二人のコーラスと音響の処理も非常に効果的で、欲を言えば尺がもう少し長ければと思うばかり。



文化の異なる若いアメリカンとのコラボレーションながら、アルバム全体的にセンシティブ且つプログレッシヴなサウンドを構築しているのは、世代を超えた2組が持つ美意識へのシンパシーの賜物だろう。
(ウチタカヒデ)




0 件のコメント:

コメントを投稿