2013年10月28日月曜日

◎NEIL SEDAKA◎NEIL YOUNG◎PETE TOWNSHEND◎RAY DAVIES◎BARRY MANN◎CASS ELLIOT◎ANDY WILLIAMS: COLLECTING GUIDE

さて残るはこの7人の重要なソロ・ミュージシャンだ。70年代にシンガー・ソングライターとして花開いた巨匠ニール・セダカ、もともとソロ活動が中心の孤高の巨人ニール・ヤング、フーとキンクスというロック界を代表する超ビッグ・グループを率いていながらグループを離れてソロ活動を行っていたピート・タウンゼンドとレイ・デービスはソロでのクオリティもグループの曲と遜色ない出来栄え。大作曲家でシンガー・ソングライターとしても最高の作品をリリースしていたバリー・マンのベストの時代のワークス、そしてソロ・シンガー時代には飛び切りポップな曲を生み出していたキャス・エリオット(以前のママス&パパスなどは対象外)。そしてポピュラーミュージックのキング、アンディ・ウィリアムス。これでロック&ポップス界を代表するソロ・シンガーのコレクティング・ガイドもひとまず完了。




(201611月現在)

 

NEIL SEDAKA(1955-1980)

※ライブ盤を除く。

☆オリジナル・アルバム

1955年から1966年までの曲は下記の1枚で完璧。

2003 Oh Carol:The Complete Recordings 1955-66(Box Set)』(Bear Family)※1955年から1966年までのRCA時代の全オリジナル曲112曲にイタリア語、ドイツ語、スペイン語、日本語、ヘブライ語などで歌われた曲をプラスした全215曲を、8枚のCDに収録した究極のコレクターズ・ボックス。

1969 『Sound Of Sedaka』(MCA)※全曲後述のコンピ『Let The Good Times In』(Brill Tone)に収録。オーストラリアがオリジナルで『Workin’ On A Groovy Thing』(Festival)のタイトルでリリース。

1971  Emergence2008 ReissueBGO)※『Solitaire』と2イン1でリイシュー。

1972 『Solitaire2008 ReissueBGO)※『Emergence』と2イン1でリイシュー。UKのみリリース。

1973 『The Tra-La Days Are Over2012 ReissueBGO)※『Overnight Success』と2イン1でリイシュー。UKのみリリース。

1974 『Laughter In The Rain2008 ReissueBGO)※UKのみリリース。CDの『Sedaka’s Back』などに多く収録されたので未CD化曲は「Flame」「Going Nowhere」のみ。

1974 『Sedaka’s Back1998 ReissueVarese Sarabande)※USのみリリース。前述のUKのみリリースの3枚からの抜粋。CD+4曲。この盤でしか聴けない曲はない。

1975 『The Hungry Years1998 ReissueVarese Sarabande)※USのみリリース。下記の『Overnight Success』と2曲違い、「Your Favorite Entertainer」「Tit For Tat」はこれのみ。CD+4曲で、シングルB面のみの「Hey Mister Sunshine」(1975年「The Immigrant」がA面)も収録。

1975 『Overnight Success2012 ReissueBGO)※『The Tra-La Days Are Over』と2イン1でリイシュー。UKのみリリース。上記の『The Hungry Years』と2曲違い「Goodman Goodbye」「The Queen Of 1964」はこの盤用だった。

1976 『Steppin’ Out1998 ReissueVarese Sarabande)※CD+4曲。

1977  A Song』(Elektra)※未CD化。

1978  All You Need Is The Music』(Elektra)※未CD化。

1980  In The Pocket』(Elektra)※未CD化。

 

☆必要なコンピレーション

2002 『Let The Good Times In』(Brill Tone)※RCA後の1969年、SGCからのシングル「Star-Crossed Loves」「We Had A Good Thing Goin’」「Rainy Jane」の3曲と、シングルB面のみの「Lightning Ridge」(1974UKのみの「A Little Lovin’」がA面)も収録。さらに前述の『Sound Of Sedaka』全曲など、全57曲収録。

 

☆シングルのみ

1969 「Jeannine(SGC)A面は「Rainy Jane」。未CD化。

1973 「I Don’t Know What I Like About You(MGM)A面はUKのみの「Our Last Song Together」。未CD化。

1974 「Brighton(Polydor)A面はUKのみの「Going Nowhere」。未CD化。

1974 「Kiddio(Polydor)A面はUKの「Laughter In The Rain」。未CD化。

1975 「Nana’s Song(Rocket)A面はUSの「Breaking Up Is Hard To Do」。未CD化。

 

NEIL YOUNG(1963-1972)

☆オリジナル・アルバム

1968 『Neil Young』(Reprise

1968 『Neil Young』(Reprise)※LPのファースト・プレスは「If I Could Have Her Tonight」「I’ve Been Waiting For You」「Here We Are In The Years」「What Did You Do To My Life」のミックスが違う。未CD化。

1969 『Everybody Knows This Is Nowhere』(Reprise

1970 『After The Gold Rush』(Reprise

1970 『After The Gold Rush』(Reprise)※UKの初期プレス及び加、独の初期プレスのLPに収録されたSouthern Man541秒でCDUSLP等より10秒長い。長い部分は最初の間奏の38秒から318秒あたりの歌が再開されるまでの間奏部分である。未CD化。上記LPUSLPのファースト・プレスの「When You Dance,I Can Really Love」は348秒で、以降のLP2009年リマスターまでのCD48秒と、長さが違いミックスも異なる。ただし2009年リマスターのCDでは短いヴァージョンが使われるなど一定していない。USファースト・プレスの「Don’t Let It Bring You Down」もミックスが違うとあるが差異は分からない。Southern ManLong Version以外は『Neil Young Archives Vol.1 1963-1972Box Set)』に収録された。

1972 『Harvest』(Reprise

1972 『Journey Through The Past(Soundtrack)』(Reprise)※ニールの曲では、新曲の「Soldier」、「Are You Ready For The Country」「Alabama」の別テイク収録。

2006 『Live At Massey Hall 1971』(Reprise)※19703月のライブ。『Neil Young Archives Vol.1 1963-1972Box Set)』にも収録。

2007 『Live At The Fillmore East』(Reprise)※19711月のライブ。『Neil Young Archives Vol.1 1963-1972Box Set)』にも収録。

2008 『Sugar Mountain-Live At Canterbury House 1968』(Reprise)※196811月のライブ。

2013 『Live At The Cellar Door』(Reprise)※197011月、12月のライブ。

 

☆必要なコンピレーション(ライブ参加含む)

2009 『Neil Young Archives Vol.1 1963-1972Box Set)』(Reprise)1963年のThe Squires時代の6曲からスタート、Buffalo SpringfieldCSN&Yの音源も含め隠しトラックも含め8枚のディスクに全127曲収録。シングルB面のみだった69年の「Sugar Mountain」、「Only Love Can Break Your Heart」のB面でアルバムとは全く違うギター・ヴァージョンの「Birds」、グラハム・ナッシュとの72年の共演シングル「War Song」、そしてプロモ盤のみで聴けるリコーダー入りの牧歌的な「Everybody Knows This Is Nowhere」といった既知のレア曲はもちろん、「Birds」のさらなる別ヴァージョン他、ニール名義の26曲の未発表曲、未発表ヴァージョンを収録した。さらに1969年の未発表ライブ『Live At The Riverboat(Toronto 1969)』の11曲も収録。DVD版ではさらに隠しトラックで鈴の音が入った「I Believe In You」(Alternate Version)他1曲を聴くことができる。

2013 Crosby,Nash & Young:The San Francisco Broadcast(Plastic Soho)19723月のサン・フランシスコでのチャリティー・ライブ。15曲中7曲がCN&Yで、4曲がニールの曲。貴重な組み合わせのライブだ。

 

PETE TOWNSHEND

※個人的に持ってはいるが、ライブ盤の数が膨大なのでライブ盤は19856年以外は割愛する。WHOの『My GenerationSuper Deluxe Edition)』のみ収録の19645年のデモも重複掲載する。

☆オリジナル・アルバム

1972  Who Came First2006 ReissueHip-O)※9曲追加。「I Always Say」はこのボーナストラックのみ。

1977  Pete Townshend & Ronnie LaneRough Mix2006 ReissueHip-O)※ピートとロニー・レーンでそれぞれ曲を持ち寄った。ボーナスでピートの追加は未発表の「Good Question」。

1980  Empty Glass2006 ReissueImperial)(日本のみ)※Hip-O収録のアルバム3曲のデモに加え、倍近く長い1123秒の「Gonna Get Ya(Long Version)」も追加。

1982  All The Best Cowboys Have Chinese Eyes2006 ReissueHip-O)※「Vivienne」「Man Watching」「Dance It Away3曲追加。

1983  Scoop』(Atco)※フー使った曲を中心としたデモ集。

1985  White City:A Novel2006 ReissueHip-O)※「Night School」「Save It For Later」「Hiding Out(Extended Mix)3曲追加。

1989  The Iron Man:Musical By Pete Townshend2006 ReissueHip-O)※「Dig(Simon Townshend Vocal)」「Man Machines(Long Version)」「I Eat Heavy Metal(Demo)3曲追加。

1987  Another Scoop』(Atco)※フーで使った曲を中心としたデモ集。

1993  Psychoderelict2006 ReissuePVC)※アルバムは通常版のナレーション入り「Dialogue Version」とナレーションなしの『Psychoderelict(Music Only)』が別々にリリースされていたが、PVC2枚組にして、アルバムのアウトテイクであるUKのみのCDシングル『English Boy』の1収録の「Psychomontage」、2収録の「Early Morning Dreams」、『Scoop3』のデモの完成形の「There Is No Message In A Broken Heart」、後述の『The Best Of Pete Townshend』に収録された「Uneasy Street」に加え、「English Boy(Long Intro)」の5曲追加。

1994  Scoop 3』(Hip-O)※フーやソロで使った曲を含むデモ集。

2000 『Lifehouse Chronicles(Box Set)(Eel Pie)1970年より始めたピート未完のプロジェクト「Lifehouse」の膨大なデモをCD4枚、1999年のラジオ劇をCD2枚に入れた計6枚のボックス・セット。

2004 『Live:Brixton Academy ‘85』(Eel Pie)※19851112日のロンドンでのライブでデイヴ・ギルモアとの共演の全27曲収録。この中の12曲は1986年の『Deep Ends Live』でリリースされていた・

2016 『Pete Townshend's Deep End Face The Face』(Ward)※1986129日にフランスのカンヌでの同じメンバーでのライブ。15曲収録。

 

☆必要なコンピレーション

1971  VariousHappy Birthday2000 Reissue Avatar(Box Set)』(Eel Pie)※6曲とも同ボックス収録。

1972  VariousI Am2000 Reissue Avatar(Box Set)』(Eel Pie)※2曲とも同ボックス収録。

1976  VariousWith Love2000 Reissue Avatar(Box Set)』(Eel Pie)※3曲とも同ボックス収録。

1978   London Symphony OrchestraClassic Rock The Second Movement』(K-Tel)※オーケストラをバックに「Pinball Wizard」を歌う。未CD化。

1982  VariousThe Best Of Music And Rhythm』(PVC)※インストの「Ascension Two」収録。ベースがジョン・エントウィッスル、ドラムがケニー・ジョーンズなので実質、フーの録音。未CD化。

1986 『Playing For Keeps(Soundtrack)』(Atlantic)※「Life To Life」収録。未CD化。

1996 『The Best Of Pete TownshendCoolwalkingsmoothtalkingstraightsmokingfirestoking)』(Virgin)※UKではシングル化もされた「Let My Love Open The Door(E.Cola Mix)」と、前述の「Uneasy Street」収録。

2000  Lifehouse Elements』(Redline Entertainment)※ボックス・セット未収録の「New Song」収録。

2012 Chimes Of Freedom:Songs Of Bob Dylan(Amnesty International)※「Corrina Corrina」収録。

2015  Various: Pete Townshend's Classic Quadrophenia(Eel Pie)※「The Punk And The Godfather」で一部リード・ヴォーカル。

2015 『Truancy(Universal/4732833)※ベスト盤に新曲の「Guantanamo」と「How Can I Help You」収録。

2016 Who:My Generation(Super Deluxe Edition)』(Polydor)※1964年のデモ「SunriseVersion1)」と1965年の未発表デモ曲「The Girls I Cound’ve Had」「As Children We Grew」「My Own Love」と1982年の『Maximum R&B』封入ソノシート「My GenerationVersion3)」に加えVersion2、「It’s Not True」「Legal Matter」「Much Too Much」収録。

 

☆必要なシングル・EP

1980 「Greyhound Girl」「Classified」※UKのシングル「Let My Love Open The Door」(Atco)に収録。未CD化。

1986 「Hiding OutInstrumental)」(Atco)※ドイツのみの12インチ収録。A面は歌入りExtended Version。未CD化。

1989 「Dig(Pete Vocal Demo)」(Virgin)※UK3インチCDのみ収録のこのデモは、サイモンではなくピート・タウンゼンド自身が歌っている。A面は「I Won’t Run Anymore」。「A Fool Says」も収録。

1993 「Flame(Demo)」(Atlantic)※UKのみ5インチシングルEPEnglish Boy」の2に収録。サイモン・タウンゼンドのデモ。カップリングはタイトル曲と「Fake It」「Early Morning Dreams」。

1993 「Electronic Wizardry」(East West)※ドイツのみ5インチシングルEPEnglish Boy」収録。カップリングは他にタイトル曲と「Early Morning Dreams」。

1993  I Believe My Own Eyes」※『TommyBroadway)』のミュージカル用のブックレットに付けられたピートの書き下ろしデモ。

2001 「O’Parvardigar(German Version)」(Eel Pie)※タイトル曲の通常の英語版とインドでのライブと共に収録の5インチシングル。

 

RAY DAVIES

☆オリジナル・アルバム

1985 『Return To Waterloo(Soundtrack)』(Velvel)※3曲はキンクスの『Word Of Mouth』より。

1998 『The Storyteller』(Konk/EMI-Capitol)※スタジオ録音2曲以外は語りを入れたライブ。

2006 『Other People’s Lives』(V2 Music

2008 『Working Man’s Cafe』(New West)※DVD付はレイ監督の映画付き。

2009 『The Kinks Choral Collection(Special Edition)』(Universal Music)※Special Editionは「Postcard From London」付。

2010 『See My Friends』(ユニバーサル)(日本のみ)※Bruce SpringsteenJon Bon JoviMetallicaなど全曲共演。日本盤は「Victoria」と「Moments」の2曲が多い16曲入り。

 

☆必要なコンピレーション(ライブ参加含む)

1997  KinksThe Single Collection/Waterloo Sunset』(Castle)※デモの「The Shirt」「My Diary」「Return To Waterloo」「The Million-Pound-Semi-Detached 」とRemixLong Versionの「Voices In The Dark」収録。

2010  Rock And Roll Hall Of Fame 25th Anniversary Concert』(Time Life Records)※2009年のライブ。Metallicaと「All Day And All Of The Night」を共演。

2012 『Music For The Closing Ceremony Of The London 2012(Decca)※ロンドン五輪の閉会式のライブだが、CDではスタジオ録音された「Waterloo Sunset」(Ray Davies,London Symphony Orchestra,Urban Voices Collective名義)収録。

 

☆必要なシングル・EP

1986 「Quiet Life」※サントラの『Absolute Beginners』(EMI)に収録された。

2005  Thanksgiving Day』(V2 Music)※5曲入り。

 

BARRY MANN(1964-1980)

 

☆オリジナル・アルバム

1971 『Lay It All Out2000 Reissue(Dreamsville)※初登場の「Carry Me Home(Long Version)」と同じNew Design1971年のシングル「Sundown」もプラス

1975 『Survivor2000 Reissue(BMG)※同じRCAから1974年のシングル「Woman Woman Woman1975年のシングル「Nothing Good Comes Easy」と、1976年のAristaからのシングル「The Princess And The Punk」「Jennifer」をプラス。

1980 『Barry Mann2014 ReissueVivid Sound

 

☆必要なシングル(全て未CD化)

1964  Talk To Me Baby/Amy」(Red Bird

1966 「Angelica/Looking At Tomorrow」(Capitol

1967 「She Is Today/ Where Do I Go From Here」(Capitol

1968 「The Young Electric Psychedelic Hippie Flippy Folk And Funky Philosophic Turned On Groovy 12 String Band/Take Your Love」(Capitol

1968 「I Just Can't Help Believin'/ Where Do I Go From Here」(Capitol

1970 「Feelings/ Let Me Stay With You」(Scepter

1971 「Carry Me Home(Single Version)/Sundown)」(New Design

1977 「The Best That I Know How/Lettin’ The Good Time Get Away(United Artists)

1979 「Almost Gone/For No Reason At All(Warner Brothers)

 

CASS ELLIOT1968-1973

☆オリジナル・アルバム

1968 『Dream A Little Dream2007 ReissueHip-O Select)※下記『The Complete Solo Collection 1968-1971』に収録。

1969 『Bubble Gum,Lemonade AndSomething For Mama2007 ReissueHip-O Select)※※下記『The Complete Solo Collection 1968-1971』に収録。

1970 『Mama's Big Ones2007 ReissueHip-O Select)※シングル曲や初収録6曲を含むコンピレーション。下記『The Complete Solo Collection 1968-1971』に収録。

1971 『Dave Mason & Cass Elliot2008 ReissueRev-Ola)※デイブ・メイソンとの共作だが、キャス・エリオットがリード・ヴォーカルを取っているのは「Here We Go Again」と「Something To Make You Happy」のみ。なお「Here We Go Again」のみ『The Complete Solo Collection 1968-1971』に収録。

1972 『Cass Elliot2009 ReissueCollector's Choice)※下記『Cass Elliot/The Road Is No Place For A Lady』収録。この盤のみボーナス・トラック3曲あり。

1972 『The Road Is No Place For A Lady2009 ReissueCollector's Choice)※下記『Cass Elliot/The Road Is No Place For A Lady』収録。この盤のみボーナス・トラック3曲あり。

1973 『Don’t Call Me Mama Anymore2000 ReissueOne Way Records)※ライブ・アルバム。このCDのみボーナス・トラックで未発表の「Theme From L'Amour」「I Think A Lot About You(Studio Version)」「Listen To The World」収録。

 

☆必要なコンピレーション(ライブ参加含む)

2007 『The Complete Solo Collection 1968-1971』(Hip-O Select)※『Dream A Little Dream』『Bubble Gum,Lemonade AndSomething For Mama』『Mama's Big Ones』の全曲に1970年のサントラ盤『Pufnstuf』のみ収録の「Different」、1971年のサントラ『Doctor's Wives』のみ収録でプロモシングルだけリリースされた「The Costume Ball」、1969年のDunhillからのシングルB面のみの「All For Me(」「Move In A Little Closer,Baby」がA面)に、さらに未発表の「Darling Be Home Soon」「Sisotowbell Lane」「For As Long As You Need Me」も収録。「A Song That Never Comes(Mono Single Mix)」もあり。

2009 『Cass Elliot/The Road Is No Place For A Lady(Collector's Choice)※『Cass Elliot』『The Road Is No Place For A Lady』の全曲に、未発表の「East Of The Sun」「We'll See」「Try It,Baby」収録。このアルバム2枚に『Don’t Call Me Mama Anymore』をプラスした3イン2のBGOのアルバムには、どちらの盤のボーナス・トラックも入っていないので注意。

 

ANDY WILLIAMS(1956-1975)

☆オリジナル・アルバム

1956 『Andy Williams Sings Steve Allen2000 ReissueCollectables)※『Two Time Winners』との2イン1

1958 『Andy Williams Sings Rodgers & Hammerstein2000 ReissueCollectables)※『Andy Williams』との2イン1

1958  Andy Williams2000 ReissueCollectables)※Cadence時代のベスト。『Andy Williams Sings Rodgers & Hammerstein』との2イン1。

1959 『Two Time Winners2000 ReissueCollectables)※『Andy Williams Sings Steve Allen』との2イン1

1959 『To You Sweetheart,Aloha2000 ReissueCollectables)※『Million Seller Songs』との2イン1

1958 『Lonely Street2000 ReissueCollectables)※『The Village Of St. Bernadette』との2イン1

1960 『The Village Of St. Bernadette2000 ReissueCollectables)※『Lonely Street』との2イン1

1960 『Under Paris Skies2000 ReissueCollectables)※『Andy Williams’ Best』との2イン1

1961 『Andy Williams’ Best2000 ReissueCollectables)※Cadence時代のベスト。『Under Paris Skies』との2イン1

1962 『Danny Boy And Other Songs I Love To Sing 2002 ReissueCollectables)※『The Wonderful World Of Andy Williams』との2イン1

1962 『Moon River And Other Great Movie Themes1988 ReissueSony

1962 『Warm And Willing2002 ReissueCollectables)※『Andy Williams’ Newest Hit』との2イン1

1962  Million Seller Songs2000 ReissueCollectables)※Cadence時代のベスト。『To You Sweetheart,Aloha』との2イン1

1963 『Days Of Wine And Roses And Other TV Requests2001 ReissueCollectable)※『In The Arms Of Love』との2イン1

1963 『Andy Williams Christmas Album 2004 ReissueSony

1964 『The Wonderful World Of Andy Williams2002 ReissueCollectables)※『Danny Boy And Other Songs I Love To Sing』との2イン1

1964 『The Academy Award-Winning Call Me Irresponsible And Other Hit Songs From The Movies1999 ReissueCollectable)※『The Great Songs From My Fair Lady And Other Broadway Hits』との2イン1

1964 『The Great Songs From My Fair Lady And Other Broadway Hits1999 ReissueCollectable)※『The Academy Award-Winning Call Me Irresponsible And Other Hit Songs From The Movie』との2イン1

1965 『Andy Williams’ Dear Heart1999 ReissueCollectable)※『The Shadow Of Your Smile』との2イン1

1965 『Merry Christmas2004 ReissueSony

1966 『The Shadow Of Your Smile1999 ReissueCollectable)※『Andy Williams’ Dear Heart』との2イン1

1966 『In The Arms Of Love2001 ReissueCollectable)※『Days Of Wine And Roses And Other TV Requests』との2イン1

1966 『Andy Williams’ Newest Hits2002 ReissueCollectables)※Columbia時代のベスト。『Warm And Willing』との2イン1。

1967 『Born Free 1999 ReissueCollectable)※『Love Andy』との2イン1

1967 『Love Andy1999 ReissueCollectable)※『Born Free』との2イン1

1968 『Honey1999 ReissueCollectable)※『Happy Heart』との2イン1

1969 『Happy Heart1999 ReissueCollectable)※『Honey』との2イン1

1969 『Get Together With Andy Williams2002 ReissueCollectable)※『Raindrops Keep Fallin’ On My Head』との2イン1

1970 『Raindrops Keep Fallin’ On My Head2002 ReissueCollectable)※『Get Together With Andy Williams』との2イン1

1970 『The Andy Williams Show 2002 ReissueCollectable)※『You’ve Got A Friend』との2イン1

1971 『Love Story1990 ReissueSony)※『Andy Williams Original Album Collection Vol.2』に収録された。

1971 『You’ve Got A Friend2002 ReissueCollectable)※『The Andy Williams Show』との2イン1

1972 『Love Theme From The Godfather2002 ReissueCollectable)※『The Way We Were』との2イン1

1972 『Alone Again2002 ReissueCollectable)※『Solitaire』との2イン1

1973 『Solitaire2002 ReissueCollectable)※『Alone Again』との2イン1

1973 『Andy Williams Live In Japan』(CBSソニー)(日本のみ)※『Andy Williams Original Album Collection Vol.2』で初リイシュー。

1974 『The Way We Were2002 ReissueCollectable)※『Love Theme From The Godfather』との2イン1

1974 『You Lay So Easy On My Mind2002 ReissueCollectable)※『The Other Side Of Me』との2イン1

1974 『Christmas Present1990 Reissue(Sony)

1975 『The Other Side Of Me2002 ReissueCollectable)※『You Lay So Easy On My Mind』との2イン1

2011 『Young At Heart』…Andy Williams featuring Hank Jones(SSJ)1960年にアンディが州兵募集のためのラジオ局用にハンク・ジョーンズ指揮のジャズ・カルテットをバックにジャズ・ナンバーを歌ったもの。

 

☆必要なコンピレーション

2002  The Complete Columbia Chart Singles Collection(Taragon)Columbia時代のシングルAB面を集めたもの。上記アルバムや『B Sides & Rarities』にも入っていない「Fly By Night」「Hopeless」「Wrong For Each Other」「Ain’t It True」「Corcovado」「You’re Gonna Hear From Me」「How Can I Tell Her It’s Over」「More And More」「Battle Hymn Of The Republic」「Live And Learn」「A Woman’s Day」「Can’t Help Falling In Love」「One Day Of Your Life」「Love Is All」「Love Said Goodbye」「Tell It Like It Is」「It’s So Easy」「Eri Un Abitudine」収録。

2003 『B Sides & Rarities』(Collectable)※シングルB面のみ、オムニバス・アルバムのみの曲、71USコンピの『The Impossible Dream』のみの曲、71UKヴァージョン『Love Story』のみの曲、UKシングルのみ収録の曲、未発表曲など25曲収録の究極のコレクターズ・アイテム。

2013 『Andy Williams Original Album Collection Vol.1』(ソニー)※オリジナル・アルバム7枚(『Canadian Sunset』(Cadence時代のベスト盤)』『To You Sweetheart,Aloha』(Cadence時代)『Moon River』『Days Of Wine And Roses』『The Wonderful World Of Andy Williams』『Call Me Irresponsible』『My Fair Lady』の7枚(順番のように見えるがColumbia時代の『Danny Boy』『Warm And Willing』をすっ飛ばしているのは納得できない)にボーナス・ディスクの『Rare And Hits』として映画「パピヨン」のテーマの「Free As The Wind」や映画「ロイ・ビーン(The Life And Times Of Judge Roy Bean)」のテーマの「Marmalade Molasses And Honey」、そして日本語で歌う「Free As The WindJapanese)」「Love StoryJapanese)」「Love Theme From The Godfather(Japanese)」が収録された。

2013 『Andy Williams Original Album Collection Vol.2』(ソニー)※何といってもボーナス・ディスクに入った前述の1973年リリースのアンディ初のライブ・アルバム『Andy Williams Live In Japan』がCD化されたこと。19735月に収録され日本のみの発売だったのでレア盤である。また『Love Story』も久々のCDリイシュー。オリジナル・アルバムの他は『Dear Heart』『The Shadow Of Your Smile』『Born Free』『Love Andy』『Honey』『Happy Heart』だがまたも『In The Arms Of Love』『Get Together With Andy Williams』『Raindrops Keep Fallin’ On My Head』『The Andy Williams Show』はすっ飛ばされた。この両ボックスは、オリジナル・アルバムを途中抜いて出しているので、ボーナス・ディスク以外価値はない。

 

☆必要なシングル・EP

1974 「I Will」(CBSソニー)…「Free As The Wind(Japanese)」のB面のみ。未CD化。

2007 『マイ・ファミリー「味の素」CMソング・コレクション』(ビー!スマイル)※1969年録音の日本語のCM「いつでもどこでも」「Let’s Dance」「すてきなそらを」「いつでもどこでも(TVCM30秒ヴァージョン)」収録。

 

(作成:佐野邦彦)


 
Product DetailsProduct DetailsProduct Details
Product Details商品の詳細Product Details
Product Details

 

0 件のコメント:

コメントを投稿