2001年6月19日火曜日

☆Honeys:『The Honeys Collection』(ウルトラヴァイヴ/ 2032)




ようやく待ちに待ったハニーズのコレクションがリリースされた。最初に見たトラックリストとは大分変わってしまったが、注目のトラックが多い。ハニーズのCDではこれがベストの内容だろう。なんといっても注目は未発表トラックで、その中でもベストがリック・ヘンが書いた68年の "Holiday"だ。リック・ヘンらしい洒落たメロディ、中間部のひねったハーモニーなど素晴らしい出来。他ではフィル・スローン=スティーヴ・バリの作曲・プロデュースの65年の未発表トラック "No Bobby No", "It's The Thought That Counts", "I Love You Much Too Much" も面白いし、63年にキャピトルからマーキュリーに移籍したニック・ベネットの元で録音した "In The Still Of The Night"、またジンジャーとダイアンが Jerry Capehart という名前で作曲したJerry Berryhillの "Love On The Run"も貴重だ。ブートでしか聴けなかった未発表の5曲からは一番出来のいいカントリ-ナンバー "Darlin' I'm Not Steppin' Out On You" のみが収録されている。初CD化は65年にトミー・ボイス=ボビー・ハートの作曲・プロデュースでリリースしたジンジャー&ザ・スナップス名義の "Seven Days In September/Growing Up Is Hard To Do" はキャッチーで内容がいい。その他ではハニーズが参加したゲイリー・アッシャー&ジ・アシャレッツやサファリーズの曲が入ったが、60年代のハニーズの曲で "Tonight You Belong To Me" のみ外されたのは、『Capitol Collector's Series』も買わせようというキャピトルの陰謀だろう。(佐野)

0 件のコメント:

コメントを投稿