2017年8月17日木曜日

☆Favorite Composer 全音源コレクティング第1回:ROGER NICHOLS(~1983)


自分にとって最も好みの曲を書くコンポーザーが3人いる。それがロジャー・ニコルス、テディ・ランダッツォ、そしてトニー・マコウレイの3人だ。この中でテディ・ランダッツォは19641968年の期限付きで、その前後に興味はやい。他の2人にも旬があり、1980年以降の音源には曲作りの冴えが乏しく感じられるためコレクティングの対象から外している。この中で最も実績があるのはトニー・マコウレイなので、たった3回だが最後は当然彼として、第1回はロジャー・ニコルスでスタートしよう。ただこのコーナー、自力でリストがまとめられば増やしていく予定。ロジャー・ニコルスの作品リストを年代順に並べていくと1967年に処女作のデモを作っておりハーブ・アルパート用に書いた曲やトランペットのアメリアッチ風のインストにはまだ「らしさ」がない。やはり歌が入り、ハーモニーが付くと曲は一変、魅力あふれたソフト・ロック系のナンバーになる・ロジャー・ニコルス・トリオやロジャー・ニコルス&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズ(どちらも以下SCOFと省略)でレコードに収録、そしてデモを取った1967年の「Just Beyond Your Smile」や「Just What I've Been Looking For」の独特の哀調とリズムの取り方に高度な才能を感じるが、同年の未発表で終わったロジャー・ニコルスとマレイマクレオドに仲間のパレードのスモーキー・ロバーズで録音したデモ「Wait And See」は転調の見事さなどセンスの良さが溢れていた。そして1968年はもう才能全開である。SCOFで」スタッカートの魔力を発揮した「Don’t Take Your Time」、まさに華麗という言葉がふさわしいゴージャスなメロディとアレンジの「Can I Go」、そして静けさの中からサビに向けて信じられない美しいメロディを展開させる「I Can See Only You」とアルバム用の優れた曲を連発する。さらに凄いのはSCOFのシングル用の「Let’s Ride」と「The Drifter」の2曲だ。この2曲はロジャー・ニコルスの書いた曲でもトップを争うほどの名曲で、前者のメロディとベース・ランニングのコラボライト、後者はその浮き浮きするようなメロディとブリッジ、サビの展開が全て完璧な個人的にはこの「The Drifter」はロジャー・ニコルスのベスト・ナンバーだ。そのためブリッジのメロディを削ったハーパース・ビザールのヴァージョンなどとても許せる代物ではない。そしてサンダウナーズの「Always You」が哀調を帯びながらビートもあり開放感があって出来がいい。特にオーケストラから入るアルバムヴァージョンがおススメ。1968年から先の「The Drifter」「Let’s Ride」などロジャー・ニコルスの曲の数多くの作詞担当しするポール・ウィリアムスのグループであるホーリー・マッケラル用に書いた「Bitter Honey」も心惹かれるAメロから、リフレインまで文句の付けようのない出来。クロディーヌ・ロンジェの「It’s Hard To Say Goodbye」もはかなげな彼女のハスキーヴォイスに合わせたとても綺麗なチューンだ。そしてこれも個人的に好きなのが、「スターウォーズ」ばりの勇壮なオーケストレーションが魅力のオーケストラによるインストナンバー、ジョン・アンドリュース・タータグリアの「Poto Flavus」がいい。デモで終わってしまったSOFCの「The Beady Bunch」は、人気TVの主題歌のデモだと思うが、牧歌的で素敵なメロディをもっていた。このように1968年はまさにロジャー・ニコルスの才能が一気に弾けた年だと言えよう。1969年にはロジャー・ニコルスの曲の中でも洒落たアコギのイントロから美しいメロディ、うっとりとさせられるリフレインでベストナンバーのひとつ、スリー・ドッグ・ナイトの大ヒット「Out In The Country」が登場する。そしていよいよロジャー・ニコルスの最大のヒットで代表曲であるカーペンターズの「Weve Only Just Begun」が登場する。冒頭の余韻のように残るメロディ、そしてゆったりと曲が展開し、流麗なリフレインへ移る「The Drifter」と並ぶ完璧なナンバーだ。作られたのはこの年だが1972年にヘヴン・バウンド・ウィズ・トニー・スコッティがこれ以上ない完璧なハーモニーによって名作に仕上げた「I Kept On Loving You」が素晴らしいし、マリアン・ラブが歌ったバラード「Watching You」もきれいなメロディが印象的な小品。そしてまだブレイク前にロジャー・ニコルス&ポール・ウィリアムスの2人でデモLPを作ってレコード会社へ売り込んだこの年に作られそのデモ『We’ve Only Just Begun』だが今はCD化され、どれも名作だが、ここから多くの曲は1970年のポール・ウィリアムスのソロ『Someday Man』でヴァージョン・アップされ、バンドとストリングスのバッキングで歌われた。印象的なべースのリフに載せて曲の緩急が見事な「Someday Man」と、デモはピアノだったが、ここではアコースティック・ギターに乗せた美しいバラードの「Time」が素晴らしい。アルバム全体、素晴らしいバラードが並ぶが、長くなるので紹介はデモも含めアルバム単位でとどめておこう。他では飛翔感が感じられるShiloh Morningの「Talk It Over In The Morning」がいい。1971年で特筆しておきたいのは本命盤の方ではなく、ホリーズにグラハム・ナッシュの代わりに加入してテリー・シルベスターがカバーした「Traveling Boy」で、テリーのソフトなリード・ヴォーカルと文句なしのハーモニーによって名作になった。この年からヒットした有名曲は散見するものの発表曲数が年数曲と激減、個人的には1972年のスティーブ・ローレンスの牧歌的でロジャー・ニコルスらしい暖かいメロディが魅力的な「I’m Gonna Find Her」だ。1975年のポール・アンカの「Times Of Your Life」の大ヒット以降は、この曲もCM曲だったこともあるが、主たる活躍の場はCMの世界になる。

 

ROGER NICHOLS DISCOGRAPHY(1983)

1967 Everything’s Cool(Roger Nichols…以下R)Roger Nichols Instrumental DemoRoger Nichols Treasury(JVCケンウッド-ビクターエンタテインメント(VICP/65430-1)以下※表記する。CD,LP重複収録は表記しない。

1967 Straight Ahead(R) Roger Nichols Instrumental Demo

1967 Treasure Of San Miguel」(Inst.(R)Herb Alpert & The Tijuana BrassSound Like』(A&M/124)②…Roger Nichols Instrumental Demo

1967 Just Beyond Your Smile(-Tony Usher)Roger Nichols & The Small Circle Of Friends(以下SCOF)Demo※ ②1968Roger Nichols Trio(A&M/849) ③…Sunshine CompanyHappy Is The Sunshine Company』(Imperial/12359

1967 Just What I’ve Been Looking For(-Smokey Roberds) SCOF Demo※ ④1968Vogues(Reprise/0663)

1967 Wait And See(-Smokey Roberds)Roger NicholsMurray MacLeod & Smokey Roberds Demo

1967 I Wish I Knew(-Hal Levy)Linda Ball Demo※ 注:Judith Durhamの同名曲は誤表記でRoger Nicholsの曲ではない。

1968 「Can I Go(-Tony Usher)SCOFA&M/876) ②…CollageCollage』(Smash/6701

1968 It’s Hard To Say Goodbye」(-Paul Williams)…Roger Nichols Demo※ ②…Claudine LongetLove Is Blue』(A&M/4142

1968 Don’t Take Your Time」(-Tony Usher)…SCOFA&M/926) ②1969MatchMatch(RCA-Viacor/4206)

1968 Love So Fine(-Tony Usher)SCOFRoger NicholsThe Small Circle Of Friends』(A&M/4139)②…Four King CousinsIntroducing…』(Capitol/2990)③1972CarnivalThe Carnival』(World Pacific/21894

1968 I Can See Only You(-Roberds-Margolin) SCOFA&M/926) ②Al MartinoWake Up To Me Angel』(Capitol/2983

1968 Let’s Ride」(-Paul Williams)…SCOFA&M/946)②199760年代の未発表トラック)…MontanasYou’ve Got To Be Loved』(Sequel/994

1968 Trust」(-Paul Williams)…SCOFA&M/946)②1970Paul WilliamsSomeday Man』(Reprise/6401)③Two Of EachPye/17792

1968 The Drifter」(-Paul Williams)…SCOFA&M/1029)②1969Roger Nichols & Paul Williams DemoWe’ve Only Just Begun(Almo/Irving/8025) 1971Steve LawrenceRCA/74-0237)④SessionsPaul WilliamsSomeday Man(Deluxe Expanded Edition)』(Rhino/CRNOW222010 Release注:1968Harpers BizarreThe Secret Life Of Harpers Bizarre』のものはサビをカットしているので不完全版として扱う

1968 Always You(-Tony Asher)SundownersCaptain Nemo』(Decca/75036) ②…Sundowners(Single Version)(Decca/32171) ③…American BreedThe Lonely Side Of The City』(Acta/38008)④…Linda Ball(Jerden/816)

1968 I Fell」(-Paul Williams)…Four King CousinsIntroducing…』(Capitol/2990

1968 Only Me」(-Paul Williams)…First EditionThe First Edition』(Reprise/6302

1968 Poto Flavus」(Inst.(R)John Andrews TartagliaThe Tartaglia Theorem』(Capitol/166

1968 Bitter Honey」(-Paul Williams)…Holy MackerelThe Holy Mackerel』(Reprise/6311) ②Four Fuller BrothersDecca/32450

1968 To Put Up With You」(-Paul Williams)…Holy MackerelReprise/0768)②…American BreedThe Lonely Side Of The City』(Acta/38008)③Sunshine CompanySunshine And Shadow』(Imperial/12399)④…Sandpipers(A&M/4147)1970Paul WilliamsSomeday Man』(Reprise/6401)⑥InstrumentalPaul WilliamsSomeday Man(Deluxe Expanded Edition)』(Rhino/CRNOW222010 Release

1968 The Brady Bunch(-Paul Williams) SCOF Demo

1968 Trippin’ at The Mardi Gras(R) Roger Nichols Instrumental Demo

1968 She’s Too Good To Me(-Paul Williams) Jose FelicianoSouled(RCA-Victor/4045) ②1969Allan Scott(Tower/5164) 1970Paul WilliamsSomeday Man』(Reprise/6401

1968 Crocker National Bank(-Paul Williams)Roger Nichols & Paul Williams CM

1968 The Tomboy(-Paul Williams)Paul Williams DemoRoger Nichols TreasuryLP)』(ウルトラヴァイヴ(SOLID/1020)のみ

1969 Out In The Country(-Paul Williams) Three Dog Night(Dunhill/4250)…US15位 ②Roger Nichols & Paul Williams DemoWe’ve Only Just Begun(Almo/Irving/8025) ③※

1969 Someday Man(-Paul Williams) Monkees(Colgems/5004) Roger Nichols & Paul Williams DemoWe’ve Only Just Begun(Almo/Irving/8025) ③1970Paul WilliamsSomeday Man』(Reprise/6401)④…Instrumental&⑤…SessionsPaul WilliamsSomeday Man(Deluxe Expanded Edition)』(Rhino/CRNOW222010 Release

1969 Morning I’ll Be Moving On(-Paul Williams) MatchMatch(RCA-Viacor/4206) 1970Paul WilliamsSomeday Man』(Reprise/6401)③⑤InstrumentalPaul WilliamsSomeday Man(Deluxe Expanded Edition)』(Rhino/CRNOW222010 Release

1969We've Only Just Begun」(-Paul Williams)…Roger Nichols & Paul Williams DemoWe’ve Only Just Begun(Almo/Irving/8025)1970Carpenters(A&M/1217) …US2位1970Mark LindseySilverbird』(Columbia/30111)④1972Claudine Longet(Bernaby/30377)

1969 Time」(-Paul Williams)…Roger Nichols & Paul Williams DemoWe’ve Only Just Begun(Almo/Irving/8025)1970Paul WilliamsSomeday Man』(Reprise/6401

1969 I Kept On Loving You」(-Paul Williams)…Roger Nichols & Paul Williams DemoWe’ve Only Just Begun(Almo/Irving/8025)1970CarpentersA&M/1183)③1972Heaven Bound With Tony ScottiHeaven Bound With Tony Scotti』(A&M/4817

1969 「When Love Is Near」(-Paul Williams)…Roger Nichols & Paul Williams DemoWe’ve Only Just Begun(Almo/Irving/8025)1970Paul WilliamsSomeday Man』(Reprise/6401)③1971Original Caste(Bell/211)

1969 After All」(-Paul Williams)…Roger Nichols & Paul Williams DemoWe’ve Only Just Begun(Almo/Irving/8025)

1969 So Many People」(-Paul Williams)…Roger Nichols & Paul Williams DemoWe’ve Only Just Begun(Almo/Irving/8025)1970Paul WilliamsSomeday Man』(Reprise/6401)③1970David Canary(Beverly Hills/29)

1969 Somebody Waiting」(-Paul Williams)…Roger Nichols & Paul Williams DemoWe’ve Only Just Begun(Almo/Irving/8025)1971Eydie GormeTonight I’ll Say A Prayer』(RSA/4304)③1971Instrumental OST(Underscore)

1969 Let Me Be The One」(-Paul Williams)…Roger Nichols & Paul Williams DemoWe’ve Only Just Begun(Almo/Irving/8025)1971CarpentersCarpenters』(A&M/3502)③1971Paul WilliamsJust An Old Fashioned Love Song(A&M/4323)Petula Clark(WB1885)1975Johnny Mathis(Comubia/33420)

1969 Do You Really Have A Heart」(-Paul Williams)…Roger Nichols & Paul Williams DemoWe’ve Only Just Begun(Almo/Irving/8025)1970Paul WilliamsSomeday Man』(Reprise/6401

1969 「Watching You(-Smokey Roberds)Mariane LoveA Groovy Kind Of Love』(Capitol/2898

196? The Time Has Come」(-Paul Williams)…SchottSchott』(Nocturne/904

1970 I Know You」(-Paul Williams)…Paul WilliamsSomeday Man』(Reprise/6401)②1971Sergio Mendes & Brasil ‘77Pais Tropival』(A&M/4315

1970 Roan Pony」(-Paul Williams)…Paul WilliamsSomeday Man』(Reprise/6401

1970 Talk It Over In The Morning」-Paul Williams)…Paul Williams※ ②…Shiloh MorningShiloh Morning』(TRO/51053)J…Jack Jones(RCA-Victor/45-0475)Engelbert HumperdinckAnother Time Another Place』(London/71048

1970 Seasons(R)Pete JollySeasons』(A&M/3303

1970 Let Him Be King」(-Paul Williams)…Paul Williams Demo

1970 Watching Out For You」(-Paul Williams)…Paul Williams Demo

1971 Traverlin’ Boy」(-Paul Williams)…Paul Williams Demo※ ②PunchPunch』(A&M/4307)③1976Terry SylvesterI Believe』(Polydor/2383394

1971 Rainy Days And Mondays」(-Paul Williams)…CarpentersA&M/1260)…US2位②1972Paul WilliamsRainy Days And Mondays』(A&M/3606

1971 「I Won’t Last Day Without You(-Paul Williams) Paul Williams Demo※ ②1973……Jack JonesTogether』(RCAALP1-0139)③1974CarpentersA&M/1521

1971 「Twenty Miles From Home(-Paul Williams)Engelbert HumperdinckAnother Time Another Place』(London/71048

1971 「Mother Lode(-Paul Williams) Paul Williams Demo

1971 「I Never Had It So Good(-Paul Williams) Paul WilliamsJust An Fashioned Old Love Song』(A&M/4327)②1974Jack JonesHarbour』(RCAALP1-0408

1972 「I’m Gonna Find Her(-Paul Williams) Steve LawrenceThis Is Steve & Eydie Vol.2』(RCA/6050

1972 「Footprints On The Moon(-Paul Williams) Paul Williams Demo

1972 「Love’s A River Flowing(-John Bettis) John Bettis Demo

1973 「I’m Coming To The Best Part Of My Life(-John Bettis)Cass EliotDon’t Call Me Mama Anymore』(RCA-Victor/APL1-0303

1973 「Have You Heard The News」(-Paul Williams)…森山良子『Ryoko Moriyama In London』(Philips/8064)②…Vikki CarrLive At The Greek Theatre』(Columbia/32656

1973 「Some Things Never Change(-John Bettis) …森山良子『Ryoko Moriyama In London』(Philips/8064

1973 「Always On My Mind(-John Bettis) John Bettis Demo

1973 「It Started Again」(Gerry Goffin)…Randy Marr Demo

1973 「Write A Song To Someone」(Gerry Goffin)…Randy Marr OST

Early 70s Bankamericard」(R)「Bankamericard(30s TV Commercial)」(R)…Istrumental CM

Mid 70s Hertz-It’s A Good Feeling」(R)…Instrumental CM

1974 「A Song For Herb」(R)…Herb Alpert & The Tijuana BrassYou Smile-The Song Begins』(A&M/211)②…Roger Nichols Instrumental DemoRoger Nichols TreasuryLP)』(ウルトラヴァイヴ(SOLID/1020)のみ

1974 「Good Mornin' Captain(Demo For Captain Kangaroo)」(R)…Tom & John Bahler OST

1974 「Kodak-Times Of Your LifeOriginal Demo)」…Istrumental CM

1974 「Mastercharge」(R)「Mastercharge (30s TV Commercial)」(R)…Istrumental CM

1975 「Times Of Your Life」(-Billy Lane)…Paul Anka(United Artists/737)…US7位

1975 「Just Being Alive」(-John Allen)…John Bahler

1976 「No Love Today(-Will Jennings)Michelle Philips:OSTMother,Jugs & Speed(A&M/4590)

1976 「Dodge Trucks」(R)…Gene Morford CM

1976 「Kodak-Born and Bred」(R)…Michael Dees CM

1977 「I'll Think About You(-John Allen)Roger Nichols Demo

1977 「Take A Look(-John Allen)Murray MacLeod Demo

1977 「Why'd You Wait So Long(-John Allen)Murray MacLeod Demo

1979 「Hart To Hart(Original Theme For Hart To Hart)」(R)…Instrumental OST

1979  Neascafe-One World Of Nescafe(-Bill Lane)Carol Chase CMNascafe CM Collection』(King

1979  Neascafe-One World Of Nescafe(Disco Version)(-Bill Lane)Carol Chase CM

1979 「Kodak-When You Got What It Takes」(-Bill Lane)…Kasey Cisyk CM

1980 「Looks Like It's You and Me Again(-Will Jennings)Carol Chase Demo

1980 「When All The Love Songs Have Been Written(-Steve Kalinich)Unknown Demo

1980 「Games People Play(Title Theme For TV Sports Show)」(R)…Instrumental OST

1980 「Ford-Main Event(60s)」(R)…Instrumental CM

1980 「Ford-A World Of Better Ideas」(R)…Instrumental CM

1980 「Georgia Pacific(60s)」(R)…Instrumental CM

1980 「Georgia Pacific(Film Underscore)」(R)…Instrumental CM

1980 「The Drifter(There’s No Place Like Hilton)(-Paul Williams)Michael Dees CM

1980 「There’s No Place Like Hilton(-Norman Gimble)Michael Dees CM

1980 「Wells Fargo(Christmas Version)(R)Instrumental CM

1980 「Western Airlines-Great Planes Of The West(R)Instrumental CM

1980 「Western Airlines-Western Star(R)Instrumental CM

1980 「Western Airlines-Western Way To Fly(60s TV Commercial)(R)Instrumental CM

1981 「When You’ve Got What It Takes(-Billy Lane)CarpentersMade In America』(A&M/3723

1981 「Now(-Dean Pitchford)Kasey Cisyk OST※ ②1983CarpentersVoice Of The Heart』(A&M/4954

1981 「Chateau La Salle(R)Instrumental CM

1981 「Del Monte(60s TV Commercial)(R)Instrumental CM

1981 「Hilton Hotels-Hilton Has It All(-Norman Gimble)Unknown CM

1981 「Hilton Hotels-You Can Reach Me At The Hilton(-Norman Gimble)Unknown CM

1981 「Travelin’」(R)…Roger Nichols Instrumental DemoRoger Nichols TreasuryLP)』(ウルトラヴァイヴ(SOLID/1020)のみ

1982 「I’m Comin’ Home(-Paul Williams)Stan Farber Demo

1983 「The Pictures Of You」(-Davitt Sigerson)…Michael Dees

1983 「Mercedes(R)Instrumental CM

 

(作成:佐野邦彦)

 


2017年8月13日日曜日

BEACH BOYS 『Spirit of America / Boogie Woodie』 (Capitol Custom)


筆者の20年来の友人がビーチ・ボーイズのレア・アイテム・コレクターをしており、最近63年のプロモ・7インチ盤『Spirit of America / Boogie Woodie』をピクチャースリーブ込みで入手した。
同盤は弊誌編集の『The Beach Boys Complete Revised Edition』(2012年12月 VANDA編/シンコーミュージック刊)の14頁と164頁で盤レーベルのみ掲載されていたが、ピクチャースリーブは未掲載であった。
ここでは解説を交え紹介しよう。


1963年11月アメリカ史上において当時のケネディ大統領暗殺という重大な出来事があった暗殺一週間前に、ロサンジェルスのSouth Bay地区にレコードチェーンの支店がオープンした。
Music City創業者はGlenn Wallichs 、Capitol Recordの創業者の一人である。
Music Cityは、当時の小規模な家族経営的なレコードストアの概念を覆し、現代のレコードストアのフォーマットの元となった。(※1)
South Bay Music Cityの店舗から東に車でひとっ走りしたらManhattan beach(※2)に出る。また当該店舗から北上すればHawthorn地区にたどり着く。ここはWilson兄弟の実家がある地区である。

このようにBeach Boysにとっては慣れ親しんだ環境で開店したMusic Cityは、開店イベントとして地元のラジオ局KFWB(※3)のDJがMCを務め、当日この盤が来店者に無料で配られていた。
これらの背景から、Capitolがらみで地元の人気者であるBeach Boysにちなむ何かを開店に合わせて企画したのだろう。
そしてCapitol Customレーベル(※4)から、開店時の来店客へノベルティとして制作されることとなったと思われる。
一年後同種のリリースがBeatlesでもMusic City KFW Beatlesで行われている。
本盤は以上のことからリリースが数日間しかない、という点で自ずとレア度が高まることとなる。
盤自体が少ないものの時折見かけることはあるが、さらにレア度が高い理由は、リリース時ピクチャースリーブ(※5)付きであり、現在中古市場に出回っているのは盤のみが多い。
今回幸運にしてピクチャースリーブ付きを入手したので公開させていただく。
Music Cityはその後Tower Recordなどのライバルの台頭やディスカウントストアに押されて、80年代に廃業し、跡地はショッピングモールとなっている。


※1:アーティス別にインデックス陳列、レコード棚、試聴までできた上、新品にはシュリンクラップしていた。
※2:Surfin’ USAで、All over Manhattanと謳われている部分である。
※3:KFWBはWarner Brothersの創業者のWarner兄弟の1人が設立した、ロックンロールを早くから放送し、60年代中期KRLAに取って代わられるまで人気放送局だった。こじつけだがK-Warner Four Brothersと呼ぶ人もいるそうだ。
※4:Capitol Custom Services Departmentのもと東西のスタジオでマスタリングなどが専門-1953年から1973まで存在した。
※5:I Was There KFWB Day とあるだけで写真なし。

(text by -Masked Flopper- / 編集:ウチタカヒデ)

2017年8月12日土曜日

RYUTist 『柳都芸妓』(PENGUIN DISC/PGDC-0005)



昨年セカンド・アルバム『日本海夕日ライン』をこちらで紹介した女性4人組アイドル・グループ、RYUTist(りゅーてぃすと)が、8月1日にサード・アルバム『柳都芸妓(りゅうとげいぎ)』をリリースした。
前作同様に所謂アイドル・アルバムとは一線を画しており、音楽通をも唸らせるソングライティングとサウンドは健在で、筆者も音源を入手してから常に聴き込んでいる程だ。
前作以上にギター・ポップやソフトロックの要素が高いので大いにより多くの音楽通にお勧めしたい。

まずRYUTistのプロフィールであるが、詳しくは前作のレビューを参照して頂くとして、現メンバーは五十嵐夢羽、宇野友恵、佐藤乃々子、横山実郁の4名から構成されている。
グループ名の由来と本作のタイトルにもなっている「柳都」とは、かつて堀がはりめぐらされた新潟市の別称である。その堀端に植えられた柳の下を芸妓達が通るという、古町ならではの古風で美しい風景を舞台としたコンセプト・アルバムといえばいいだろう。
本作で楽曲提供したミュージシャンは、前作からの参加者も多く、今年2月にフォース・アルバムをリリースしたThe Pen Friend Clubの平川雄一をはじめ、so niceの鎌倉克行、カンケこと柏崎三十郎、鈴木恵TRIOやEXTENSION58の鈴木恵、職業作家の永井ルイやKOJI obaこと大場康司のクレジットが確認出来る。
また新たに婦人倶楽部(佐渡ヶ島の謎の主婦グループ)のプロデュースや「カメラ=万年筆」としての活動でも知られるムッシュレモンこと佐藤望、新潟のビッグバンドTHE MANDUMSのバルカン坂爪が参加しているのも興味深い。 以上の楽曲提供者達が、自身のリリース作品と等しいクオリティーをキープしてRYUTistのアルバムを表現の場として切磋琢磨している姿勢は高い評価に値するのである。

ではアルバム収録曲を解説していこう。
冒頭の「柳の都」は永井ルイのソングライティングとアレンジによる、4人のスキャットをフューチャーしたソフトロック系の小曲。60年代後半のイタリアン映画のサントラをも彷彿させて筆者好みである。全ての演奏とコーラス・アレンジも永井が一人で担当している。
続く「夢見る花小路」は本作のリード・トラックとして、新たに参加した佐藤望がソングライティングとアレンジを手掛けている。
曲の構成とアレンジ共に完成度が非常に高く、バース1のコード進行はThe Groopの「The Jet Song (When The Weekend’s Over)」辺りに通じる、期待感を増長させる導入部として効果的だ。全てのパートに無駄はなく、間奏のストリングス・アレンジ(シンセ)も含めよく計算されていると思う。
近年では元シンバルズ~TWEEDEESの沖井礼二の作風にも近いのではないだろうか。ドラムは井上拓己、ベースは相川翔悟、ギターには君島大空が参加し、その他キーボードとプログラミングを佐藤が担当している。
また本作全体を通してだが、RYUTist4人の歌唱力やハーモニーは前作より磨かれており、きちんとディレクションされているのが一聴して分かるので聴き比べて欲しい。

   

「想い出はプロローグ」は鎌倉克行の作曲でリズム・アレンジはシティポップ系グループ“カンバス”の小川タカシ、ホーン・アレンジは鈴木恵がそれぞれ担当している。so nice鎌倉の作曲とはいえ、サウンドは所謂80年代英国ギター・ポップのフィールが強く、4管のホーン隊が入ることでファンカラティーナの匂いもする。リズム・セクションはベースの菱川浩太郎以外全て小川なのでカンバス組という訳だ。
ギター・アルペジオのイントロではじまる、鈴木恵の作曲、アレンジによる「サンディー」でもギター・ポップ・フィールは維持されつつ、曲調には60年代のブリル・ビルディング系のマナーを感じる。ミュート・トランペットのオブリやギター・ソロのトーンも効果的だ。

本作中最も異色なのが、「古町ブギウギ通り」だろう。ソングライティングとアレンジはバルカン坂爪が担当し、彼が所属するTHE MANDUMSが演奏している。しかしジャンプ・ブルース・バンドのサウンドをも許容するRYUTistのプロダクションには恐れ入った。
バルカン坂爪はもう一曲「涙のイエスタデイ」も提供しているが、こちらはフィリーソウルが入った80年代シティポップのサウンドで、EPOが歌っていてもおかしくない。何よりこの多幸感は替えが効かないね。
「NEO古町小唄」はカンケこと柏崎三十郎の作曲、アレンジで、前作同様ノベルティ・タイプの曲で攻めている。ここでも彼が敬愛する大瀧詠一の作曲、プロデュースした「アンアン小唄」(山田邦子Ver)がオマージュされていて微笑ましい。

WebVANDAではお馴染みの平川雄一のソングライティングによる「わたしのこみち」は、本誌読者は聴かずにはいられないと思う。アレンジは平川とThe Pen Friend Club名義で演奏にもメンバーがほぼ参加している。Gary Lewis And The Playboysの「Count Me In」を彷彿とさせる曲調にお得意のビーチ・ボーイズ風コーラスが乗るという贅沢なサウンドだ。
構成も凝っていて、リズムが抜けるコーラス・パートで平川によるマンドリンは10ccの「Don't Hang Up」を思わせる。ドラムの祥雲貴行のプレイもベストじゃないかな。
続く「恋してマーマレード」は永井ルイのソングライティングとアレンジで、お馴染みのモータウン三連リズムで飛ばし行く。イントロにホールトーン・スケール、ストリングス・アレンジ(シンセ)にはマックス・スタイナーの「A Summer Place」の匂いがして、単なるダンス・ミュージックとは一線を画す。
ラストの「口笛吹いて」 は大場康司の作曲とアレンジだが、冒頭の「柳の都」とのブックエンドを意識したスキャットと、フルートのリフに寄り添うコーラスが美しいイントロで始まる。基本的にこの曲もダンス・ミュージックではあるが、RYUTist4人のハーモニーによって普遍的なポップスに昇華されているのが感動的だ。

最後に繰り返しになるが、本作『柳都芸妓』は数多あるアイドル・アルバムとは一線を画しており、本誌読者をはじめとする音楽通をも唸らせるソングライティングとサウンドを誇っているので、興味を持ったポップス・ファンは是非入手して聴いて欲しい。
(ウチタカヒデ)


2017年8月11日金曜日

☆Favorite Musician 全音源コレクティング邦楽編第11回:山下達郎(SUGAR BABE含む)

自分は長い間邦楽を聴いていなかった。このガイドの第6回で、リアルタイムで期待したGAROが僅か1年で商業化して堕落したのを見て、1973年に邦楽を捨ててしまった。これが大失敗で、私の最も好きな邦楽のレジェンド3人、最終回を飾る今回の山下達郎、大滝詠一、荒井由実をリアルタイムで聴けなかったのだ。大学時代の友人が、BeatlesやBeach Boysを熱心に勧める自分を見て、「お前なら絶対この3人が好きになる」と教えてくれたのがレジェンド3人だったのだ。ちょうど1981年だ。山下達郎は「Ride On Time」で大ブレイクを果たしたばかり、大滝詠一は『A Long Vacation』で、今まではマニア受けでとどまっていたが一気に脱皮というか、それまでの目立たない幼虫がオオムラサキどころかモルフォ蝶に羽化してしまい、日本では例がない極上の進化を果たす。そしてもう荒井由実は松任谷由実になっていたが、同年の『昨晩お会いしましょう』から「守ってあげたい」のメガ・ヒットが生まれていた。ユーミンは既にブレイクしていたが、山下達郎はくすぶったまま、大滝詠一は売れないのでナイアガラを日本コロムビアから契約を切られてしまっていた。その時にこの2人がその秘めたる力を発揮して同時期に大ブレイクを果たすのだからまさに奇跡。ただ山下達郎はずっと優れた楽曲を作り続けていたのに、チャンスがなかっただけだった。山下本人がただ1回だけTVに出演した日立マクセルのカセットUDのCMで「Ride On Time」のア・カペラが聴こえてきた時に、誰だ、これは?というみな驚愕し、そして今まで過去のシングル3枚はノンチャートだったのが3位、過去のアルバム5枚は20位が最高だったのに1位と大ブレイクとなった。大滝詠一は前作の『Niagara Calendar』がノンチャートで前述のようにナイアガラのレーベル契約が切られ、大滝はそれまでの「趣味趣味音楽」をやめて、蓄積したポップスの知識と生かし、そして持ち前の作曲センスで極上の曲が並んだ『A Long Vacation』を新レーベルのソニーからリリースすると2位、このアルバムは超ロングセラーの大ヒットを続け、大滝の快進撃がスタートする。書き添えておくとユーミンは、曲的には荒井由実時代の4枚の冴えが1978年の松任谷由実になったからちょっとなくなり、アルバム7枚はトップ10に入るだけだった。しかし1981年のアルバム『昨晩お会いしましょう』が1位、シングル「守ってあげたい」が2位になっててからは黄金時代に突入、アルバムは1995年まで17枚連続1位という超大ブレイクを果たしてしまう。この3人のブレイク時期が1981年という同じ年というのが本当に不思議としか言いようがない。さあここからは敬愛する山下達郎についてだ。山下に関しては次作が肝心だった。1982年になってリリースされた『For You』は、1曲目の「Sparkle」のギターカッティングがスピーカーから響いただけで成功を確信できた。そしてこのアルバムの「Loveland  Island」が歌とサウンドがあまりに爽やかで、ジャケットの鈴木英人のイラストと相まって眩いばかりの仕上がりだった。アルバムはもちろん1位で以降のアルバムも1位を続けていく。しかし前に書いたように山下達郎は「Ride On Time」以前から、同じクオリティの曲を生み出しており、今でも山下達郎で一番好きな曲は1979年のアルバム『Moonglow』収録曲で、シングル・カットされた「愛を描いて-Let’s Kiss The Sun-」だ。開放感、ビート、そして素晴らしいハーモニーと、まさに自分が山下達郎に求める全てがこの曲にある。アルバムも1983年の『Melodies』と並んで同率1位なのが1977年のセカンド・アルバム『Spacy』である。このアルバムの冒頭の「Love Space」を聴いて、激しくロールするドラムのイントロから、山下の中でファルセットを使わない最高のキーまで使って歌う高揚感のあるメロディーの歌に瞬時に心を奪われた。この最も上のキーは私はどうやっても素では歌えないまさにプロのキー。その後の心を休める「翼に乗せて」へのつながりも上手い。そしてなんともムードたっぷりの「Umbrella」。こんな洒落た展開の曲が作れるなんて天才だと思った。次作『Go Ahaed!』では後にシングルになる「2000トンの雨」はフィル・スペクターのWall Of Soundをモチーフにした魅力的なナンバーだった。そして、山下がソロになる前の、1975年にリリースされたSUGAR BABEの『Songs』も聴いた。冒頭の山下作の「Show」「Down Town」を聴いて、自分が邦楽を聴くのをやめた年のたった2年後に、こんな洗練されたポップ・ミュージックが生み出されていたことに唖然とするばかり。SUGAR BABEは、はっぴいえんどやティン・パン・アレーという大滝詠一や松任谷正隆が作ったバンドとはレベルが段違いだった。『For You』が出るまで、過去のアルバムがどれだけハイ・クオリティなのか十分勉強できたので、以降は、もう期待と共に安心して次作を待てた。そうして1983年には名作『Melodies』がリリースされる。シングル・カットされなかったが、ほぼ全編ファルセットで歌いながらパワフルで、ポップで、キャッチーな「悲しみのJODY」に度肝を抜かれた。イントロのドラムは最高のオープニングだ。そしてシングルになったこの頃の山下達郎のイメージそのもののハーモニーを全開にしたポップな「高気圧ガール」も素晴らしい。さらにこの頃にはまだビーチ・ボーイズの『Pet Sounds』が名作などという今の共通認識がない時に、このサウンドで作られたグレン・キャンベルの「Guess I’m Dumb」を完コピしたのには驚かされる。そしてアルバムの最後には、リリース当時はただのアルバム曲だった「クリスマス・イブ」という山下を代表する名曲がアルバムの最後に入っていた。翌1984年には全曲英語のサントラ『The Theme From Big Wave』がリリースされる。ワクワク感のあるテーマソングもいいが、やはりBruce & Terryの「Don’t Run Away」をオマージュした「Only With You」がハイスペックでいい。そして全ビーチ・ボーイズ・ファンが涙した「Please Let Me Wonder」「Darlin’」のカバーだ。選曲といい、そのサウンド、ハーモニーといい、今まで日本人でここまで出来るミュージシャンはいなかった。山下達郎は、自分達と同じベクトルがあり、そして最も洋楽に対してリスペクトを持ち、最も再現できるミュージシャンなんだと確信する。シングルでは1985年に「風の回廊(コリドー)」がリリースされる。まずベースラインから音が足されていくこの曲は、山下の作曲のセンスの良さが溢れた快作で、徐々に盛り上がってア・カペラになる展開が素晴らしい。さらに好きなのが、私の山下作品トップ5に必ず入れる「土曜日の恋人」だ。この曲のイントロを聴いて泣けた。このイントロはゲイリー・ルイス&・ザ・プレイボーイズの「We’ll Work It Out」という曲のイントロと同じなのだが、この曲がただのアルバム収録曲で、曲を書いたのがピーター・アデルとゲイリー・ゲルド、後の「Happy Together」などを書く優れたコンポーザーなのだが、この2人が書いた中でも傑作で、スナッフ・ギャレットとレオン・ラッセルという才人がサウンド作りを行ったので、アルバム曲ながら知る人ぞ知る名曲になった。日本でほとんど知られていない曲をイントロに取り上げるセンス、そして転調を効果的に使い、全体的にスナッフ・ギャレットを超えるキラキラ輝くサウンドを作り上げたのは見事としか言いようがない。この2曲が入ったアルバム『Pocket Music』が1986年にリリースされたあと、山下「僕は夏はインドア派で家にいる」と言っていたのに、嫌っていた「夏だ!海だ!達郎だ!」のイメージの依頼があってそれに応えたおそらく最後のシングル、「踊ろよ、フィッシュ」を1987年にリリースする。そしてこの曲の弾むリズム、信じられないような転調を駆使した、山下の中でも指折りの傑作に仕上げてくれた。自分にとって最もワクワクしていたのはこのシングルまでだった。次のシングルは「Get Back In Love」という大バラードで、はるかに大きなヒットになった。以降、山下はバラード系も多くなり、全体的に落ち着いた今のタツローサウンドになっている。もちろん、それはそれで好きなのだが、私はブライアン・ウィルソンが作曲・プロデュースをしたもののヒットはまったくしなかったキャステルズの「I Do」なんていう超マニアックな曲をシングルのカップリングに入れてくる山下が大好きである。今なおこういうミュージシャンは他になく、邦楽の最終回は山下達郎、彼しかいない。



★山下 達郎(SUGAR BABE含む)

☆オリジナル・アルバム

1972 『Add Some Music To Your Day』(自主制作盤)1992 Reissue(Wild Honey)※学生時代の自主制作盤。全曲カバーで山下達郎は9曲リードを取った。

1975 Sugar Babe『SONGS』(CBSソニー)1986 Reissue※山下達郎作は「Show」、「Down Town」、「今日はなんだか」、「雨は手のひらにいっぱい」、「過ぎ去りし日々”60’s Dreams”」、「Sugar」、「すてきなメロディー」(大貫妙子と共作)の7曲。86年の大滝詠一の『Niagara CD BookⅠ(Box Set)』で初CD化されたが、吉田保が大幅にリミックスしてヴォーカルもバッキングもエコーたっぷりで他のリイシューとは明らかに違う。「Sugar」で山下のヴォーカルがオンで、エンディングのおふざけの笑い声は聴こえなく処理された。

1975 Sugar Babe『SONGS』(East West)1994 Reissue※やっとオリジナルのリイシューに、プラスデモの「Show(Demo)」、「夏の終わりに(Demo)」、「指切り(Demo)」(大滝詠一作)、「パレード(Demo)」のデモと1976年荻窪ロフトのラストライブから3月31日の「すてきなメロディー」、4月1日の「今日は何だか」と「愛は幻」(大貫妙子作)のライブ3曲を収録。

1975 Sugar Babe『SONGS(30th Anniversary Edition)』(ソニー)2005 Reissue※1994年版のデモがもう1回4曲入ったが「夏の終わりに(Demo Remix)」はリミックス。他は1974年4月池袋シアターグリーンの「想い(Live)」(小宮やすゆう作)、「いつも通り(Live)」(大貫妙子作)のライブ2曲、「ためいきばかり(Diff.Mix Version)」(村松邦雄作)、「Sugar(Wild Mix Version)」がプラスされ、「Down Town(Different Karaoke)」は最後のクラビネットがなく13秒短い別ミックス。アルバム自体は大滝詠一のリマスター。

1975 Sugar Babe:『SONGS(40th Anniversary Edition)』(ワーナー)2015 Reissue※ディスク1はリマスターで、ボーナスは1976年4月1日ラストライブの「パレード(Live)」、「こぬか雨(Live)」(伊藤銀次・山下達郎作)、「雨は手のひらにいっぱい(Live)」、1976年1月28日のライブの「Windy Lady(Live)」「Down Town(Live)」「愛は幻(Live)」「今日はなんだか(Live)」、ディスク2はリミックスで、「すてきなメロディー(Alternate Version)」で消されていた間奏のカズーが復活、2009年の『Tatsuro from Niagara』で既に大滝が復活させていたが、こちらは僅かにスムーズに吹いていない違いがある。の「Sugar」は演奏スタートが一拍早くなっていた。ボーナス・トラックには大貫妙子のピアノが消されず残っていた「今日はなんだか(Original Piano Version)」と、1975年7月17日のラジオ番組のエアチェック「Down Town(Live)」、1975年9月12日中野公会堂のライブ「風の世界(Live)」(大貫妙子作)、そしてカラオケで「Show(Karaoke)」「Down Town(Karaoke)」「蜃気楼の街(Karaoke)」「いつも通り(Karaoke)」「雨は手のひらにいっぱい(Karaoke)」の5曲が入り、40周年版の「Down Town」のカラオケはクラビネットが異なり長さも完全版だ。アルバム自体は山下達郎がリマスター&リミックスの両方を担当した。「Sugar」のリミックスでは最後のおふざけの笑い声が小さくミックスされるなどリマスターと違いがある。本リイシューは6位。

1976 山下達郎:大滝詠一:伊藤銀次『Niagara Triangle Vol.1(30th Anniversary Edition)』2006 Reissue(ソニー)※アルバムでは山下達郎が「ドリーミング・デイ」「パレード」「遠すぎた別れ」「フライング・キッド」の4曲を担当する。ボーナス・トラックでは3人が交互にリード・ヴォーカルを取る「幸せにさよなら(Single Version)」、イントロの一部がカットされエンディングも短い「ドリーミング・デイ(Single Version)」など3曲、モノ・ヴァージョンで追加された。29位。

1976 『Circus Town(Remaster)』2002 Reissue(BMGジャパン)※ボーナスはカラオケの「Circus Town(Karaoke)」「Windy Lady(Karaoke)」。50位。CDのリイシューは27位。

1977 『Spacy(Remaster)』2002 Reissue(BMGジャパン)※ボーナスはアレンジが違う「アンブレラ(Alternate Version)」+カラオケの「Love Space(Karaoke)」+「Solid Slider(Edit)」の3曲。59位。CDのリイシューは29位。

1978 『It’s A Poppin’ Time(Remaster)』2002 Reissue(BMGジャパン)※1978年3月8日・9日ピットインでのライブ。ボーナスは収録時間の関係で入れられなかった「Love Space(Live)」「You Better Run(Live)」を収録。1978年のライブ・アルバム。CDのリイシューが28位。

1978 『Go Ahead!(Remaster)』2002 Reissue(BMGジャパン)※ボーナスは「潮騒(English Version)」+カラオケの「2000トンの雨(Karaoke)」「潮騒(Karaoke)」。75位。CDリイシューは25位。

1979 『Moonglow(Remaster)』2002 Reissue(BMGジャパン)※81年のライブ「永遠のFull Moon(Live)」、出来が気に入らず82年に再録音した「Funky Flushin'(1982 Version)」+カラオケの「夜の翼(Karaoke)」。20位。CDリイシュー26位。

1980 『Ride On Time(Remaster)』2002 Reissue(BMGジャパン)※ボーナスは「Ride On Time(Single Version)」「InterludeⅠ」「InterludeⅡ」「My Sugar Babe(TV Instrumental Version)」。1位。CDリイシューは20位。

1980 『On The Street Corner(Remaster)』2000 Reissue(Moon)※ボーナスは「Gee」「Close Your Eyes(All Tatsuro Version)」。なお「Most Of All」は1986年のReissueでオリジナルマスターの劣化により再レコーディングされている。そのため未CD化のまま。13位。1986年版は5位。2000年版は20位。

1982 『For You(Remaster)』(イースト・ウェスト)2002 Reissue(BMGジャパン)※ボーナスで「あまく危険な香り」「あまく危険な香り(TV Instrumental Version1)」「あまく危険な香り(TV Instrumental Version2)」「Every Night」。1位。CDリイシューは16位。

1983 『Melodies(30th Anniversary Edition)』2013 Reissue(ワーナー)※ボーナスで「Sounds With Coke Theme」(Jody Inst. Version)「高気圧ガール(Long Version)」「Blue Midnight(1st Mix)」「クリスマス・イブ(Key In D)」「悲しみのJody(Reprise)」。1位。

1984 『Big Wave(30th Anniversary Edition)』2014 Reissue(ワーナー)※ボーナスで「This Could Be The Night(Alternate)」、「I Love You(A Cappella) (120min.)」、「I Love You(A Cappella) (30min.)」、「Only With You(Karaoke)」「Please Let Me Wonder(Karaoke)」、「Breakdance」、「Only With You(Guitar Instrumental)」。2位。

1986 『Pocket Music』(Alfa Moon)※なお、1991年に吉田保による全面リミックスしたニューヴァージョンの『Pocket Music』(Wea Japan)はボーナス・トラックに「My Baby Queen」をプラス、「土曜日の恋人」はイントロとか地味で10秒短いアルバム・ヴァージョンから華やかなシングル・ヴァージョンに変えリリースした。「MERMAID」は1986年版と、1991年版は大きく違い、1991年版は10秒以降からキーボードがオーバーダブされている。1位。

1986 『On The Street Corner 2(Remaster)』2000 Reissue(Moon)※ボーナスで「Heavy Makes You Happy」「Will You Love Me Tomorrow」。3位。

1988 『僕の中の少年』(Alfa Moon)※「踊ろよフィッシュ」はエンディングのア・カペラのブレイクのなく、歌詞の一部も違うアルバム・ヴァージョン。1位。

1989 『Joy』(Alfa Moon)※1981年~89年に収録した22曲のライブ・アルバム。3位

1991 『Artisan』(MMG)1位。

1993 『Season’s Greetings(20th Anniversary Edition)』2013 Reissue(ワーナー)※ボーナスで「White Christmas(Happy Xmas Show! Version)」「We Wish You A Merry Christmas」「Jingle Bell Rock(Live)」「O Little One Sweet」「Jingle Bell Rock(Happy Xmas Show! Version)」「It’s All In The Game(Live)」「Joy To The World」収録

1998 『Cozy』(ワーナー)1位

1999 『On The Street Corner 3』(ワーナー)4位

2002 『Rarities(初回限定盤)』(ワーナー)※「ベスト盤」とカテゴライズする人もいるが、アルバム未収録シングル+未発表トラックなので新作扱いにする。まずシングルのみの「Blow('98 Remix)」、「君の声に恋してる」、「好・き・好・き・Sweet Kiss」、「潮騒(Live Version)(Remix)」、「モーニング・シャイン」、「First Luck」、「I Do」、「ヘロン(Guitar Instrumental)」、「Juvenileのテーマ~瞳の中のRainbow~」、「スプリンクラー(Long  Version)」、「いつか晴れた日に(Stand Alone Version)」に加え、1988年の「Misty Mauve」、1998年の「Happy Happy Greeting(Original Demo Version)」、2002年の「Love Goes On(その瞳は女神)」に「Time Wait For Love」の未発表トラックをプラスした。初回限定盤には『Original Karaoke Collection』として「Get Back In Love(Karaoke)」「さよなら夏の日(Karaoke)」「蒼氓(Karaoke)」「パレード(Karaoke)」「Endless Game(Karaoke)」のカラオケがプラスされた。1位。

2005 『Sonorite』(ワーナー)2位

2011 『Ray Of Hope』(ワーナー)※初回限定盤は『Joy 1.5』のタイトルで1985年~94年のライブ7曲(1985年の「素敵な午後は(Live)」「The Theme From Big Wave(Live)」、1986年の「Only With You(Live)」、1992年の「アトムの子(Live)、1994年の「二人の夏(Live)」「こぬか雨(Live)」「砂の女(Live)」)のボーナス・ディスクを付けた。1位。



☆必要なコンピレーション(特典の非売品含む) 

※新作に等しい存在のコンピのみオリコンチャートを記載した。

1978 Various『Pacific』(CBS/ソニー)※ほぼインストの「ノスタルジア・アイランド」「キスカ」収録。

1979 Various『限りなき透明に近いブルー(Soundtrack)』(キティ)※「Groovin'」収録。『Cozy』収録のものとは別ヴァージョン。

1984 『山下達郎CM全集Vol.1』(1st Selection)※コンサートのツアーパンフに付けられた画期的な山下達郎が作って歌うCMの名曲集。17㎝45回転EPで12曲収録、74年の「三ツ矢フルーツソーダ」「不二家ハートチョコレート」75年の「ナショナルまきまきカール」「いちじく浣腸」76年の「三ツ矢サイダー」77年「資生堂フェリーク’MARIE’」78年「TORIO FM時報」79年「コカコーラ」「ハウスみぞれっ子&シャービック」80年「Ride On Time(日立マクセルUD)」81年「Loveland Island(Suntory Beer)」83年「I Love You(Suntory Gift)」を収録。今でも1981年のSuntory Beer「Loveland Island」のCMはこのアナログ盤のみ。EP単独では売られていない。未CD化。

1986 『Come Along』(RVC)※1976年~78年の英語のナレーション入りRCA時代のコンピだが、「愛を描いて」の後に「Dream Of You」というア・カペラの短いジングルが入った。

1995 『Treasures』(ワーナー)※Moon時代の最初のベスト盤だが、シングルオンリーの「スプリンクラー(Edit)」「ジャングル・スウィング」、最後にFishのブレイクが入ってアドリヴ・ヴォーカルが続く「踊ろよフィッシュ(Alternate Single Version)」のシングル用未発表別ヴァージョン、「世界の果てまで」を含む。1位。

1996 『山下達郎CM全集Vol.1』(2nd Edition)(Wild Honey)※ファン・クラブ通販で販売されている前述のVol.1の改訂版。1st Selectionに74年「三愛バーゲンフェスティヴァル」78年「ハウスみぞれっ子」79年「JAL沖縄(Let’s Kiss The Sun)」※エンディングが「オキナワー」。82年の「サウンズ・ウィズ・コーク テーマ(悲しみのJody)」※インスト。「三ツ矢サイダー('94 年Live Version)」の5曲がプラスされたが、80年「Ride On Time(日立マクセルUD)」81年「Loveland Island(Suntory Beer)」の2曲がカット(「Ride On Time」はVol.2行き)された15曲仕様。

1997 『Greatest Hits! Of Tatsuro Yamashita』(BMGジャパン)※オリジナルは1982年にRVCからリリースされ2位にランクされた。この権利を訴訟で戻したため、BMGジャパンでは『For You』プロモート用に700枚作ったピクチャーレコードのみ収録された、山下本人が13曲をつなぎ合わせて9分にした編集曲「9 Minutes Of Tatsuro Yamashita」をボーナストラックに収録した。音源的にはレアではない。

2000 『On The Street Corner 0』(CD Version)(ワーナー)※2000年版『On The Street Corner 1』『On The Street Corner 2』と1999年リリースの『On The Street Corner 3』のCD3枚購入特典の非売品。カラオケの「You Belong To Me(Karaoke)」「Blue Velvet(Karaoke)」「So Much In Love(Karaoke)」「Chapel Of Dreams(Karaoke)」「Stand By Me(Karaoke)」「Angel(Karaoke)」とライブの「Amapola(Live)」「I Love You(Live)」「Love Can Go The Distance(Live)」収録。非売品のCD。

2000 『On The Street Corner 0』(LP Version)(ワーナー)※2000年版『On The Street Corner 1』『On The Street Corner 2』と1999年リリースの『On The Street Corner 3』のLP3枚購入特典の非売品。「I Only Have Eyes For You(Live)」「So Much In Love(Live)」「おやすみロージー(All A Cappella Version Live)」「She's Gone(With The Wind)」(Rehearsal Version)「The Opening For Performance 98-99(Fragile) 」「The Opening For Performance 91-92(飛遊人)」「The Opening For Performance 84-85」収録。非売品のLP。未CD化。

2000 竹内まりや『Souvenir』(ワーナー)※「Let It Me Be」竹内まりや&山下達郎

2001 『山下達郎CM全集Vol.2』(Wild Honey)※ファン・クラブ通販で販売されているVol.1の後編。17曲収録。74年「資生堂 バスボン」75年「ラグノオ シュガーレス・ケーキ」※ほぼインスト。76年「資生堂 店頭BGM「南の島」」「資生堂 MG5」「不二家 ハートチョコレート (バレンタイン編)」76年「資生堂 店頭BGM「HOT HOT」」※インスト。78年「資生堂 FRESURE」※インスト。80年「日立マクセル UD(秋編)「RIDE ON TIME」」85年「HONDA INTEGRA 「風の回廊」」90年「東芝 Rupo「HYPER BOY」」93年「ららぽーとスキードーム SSAWS '93「湾岸スキーヤー」」95年「IBM Aptiva」96年「ミスタードーナツ「ドーナツ・ソング」」98年「SANYO FRAGILE「FRAGILE」」98年「SANYO Burberrys BLUE LABEL」※ほぼインスト。99年「NTT Communications「LOVE CAN GO THE DISTANCE」」に最後はお馴染みの84年からNHKFM「サウンドストリート」、今はJ-WAVE「サンデーソングブック」のオープニングで使われている「ONLY WITH YOU (Instrumental)」。

2002 『Special Bonus Disc』(BMGファンハウス)※『The RCA/Air Years LP Box 1976-1982』に封入されたボーナス・ディスク。このLPでしか聴けない曲は「言えなかった言葉を(New York Version)」、「My Sugar Babe(TV Titleback)」、「Ride On Time Different Version (Demo)」、「Sunshine-愛の金色(Live Version)」(80年5月3日中野サンプラザ)、「愛を描いて-Let’s Kiss The Sun(Live Version)」(80年8月2日葉山マリーナのライブ)で全11曲。なおボックスには『Circus Town』から『For You』までの8枚のLPも収録されている。単品では売っていない。未CD化。

2003 竹内まりや『Longtime Favorites』(ワーナー)※「Walk Right Back」竹内まりや&山下達郎

2009 『Tatsuro from Niagara』(ソニー)※ナイアガラ・トライアングルの本CD用のボーナスで初登場の「幸せにさよなら(山下ヴォーカル・バージョン)」。リード・ヴォーカルを、サビ以外全て山下が担当して貴重。あとシュガー・ベイブの「Sugar(オリジナル・バージョン)」は最初のNGテイクで、冒頭からジャングル・ノイズのような声が大きく、最後もリフが大きく続き、おふざけの笑い声の部分が聴こえず唐突に終わる。もうひとつ「すてきなメロディー」(幻カズー入り)とあるが、当時のレコーディングでエンジニアの大滝が間違えて間奏のカズーを消してしまったので復活させている。2015年の『SONGS(40th Anniversary Edition)』のものに比べ復活したカズーが僅かにスムーズだ。

2012 『Opus~All Time Best 1972-2012~(初回限定盤)』(ワーナー)※RCAからワーナーへ、レーベルを越えたベスト盤。「「愛を教えて」はこの盤が初登場の曲。初回限定盤にはボーナス・ディスクとして「硝子の少年」「酔いしれてDeja Vu」「Guilty」のデモ、RCA LP BoxボーナスLPに入っていた「Every Night(2012 New Remastr)」「夜のシルエット(Blue Horizon Different Lyrics)、」、「希望という名の光(2012 Acoustic Version)」など初登場音源3 曲、初CD化2曲がプラスされている。1位。

2014 大滝詠一『Best Always』(ソニー)※『Niagara Triangle Vol.1』(1976年)の「幸せにさよなら(Alternate Single Version)」は山下・大滝・伊藤の3人が歌うシングル・ヴァージョンだが、本盤の別テイクは大滝がトップで歌い順番が違う。なお、頭にスタジオチャット入りの「幸せにさよなら」のカラオケも収録されている。

2015 『佐橋佳幸の仕事』(GT Music)※「氷のマニキュア(2015REMIX)」収録。佐橋のギターソロが目一杯目立つミックスになっている



☆必要なシングル(※ただのカラオケは別項でまとめた)

1985 「MERMAID(Single Version)」(Moon)※A面は「土曜日の恋人」。イントロから歌へ続くリズム・セクションのミキシングが小さいなど、1986年版のアルバム・ヴァージョンは後でリミックスされたもの。

1985 「潮騒(Live Version)(Single Version)」(Moon)※A面は「風の回廊」。リミックス前はこれのみで未CD化。『Rarities』のリミックスはヴォーカルがオン過ぎで、バックのコーラス、演奏が小さくミックスされているのに比べ、こちらのシングルの方が、臨場感があって聴きやすい。

1987 「踊ろよ、フィッシュ(Single Version)」(Moon)※未CD化。『僕の中の少年』のアルバム・ヴァージョンは、歌詞が一部違う(踊ろよBaby→おくれよBaby、くれるねBaby)そしてシングルにはエンディング部分は演奏が続くだけで、プロモ・シングルはステレオ・モノ共にア・カペラのブレイクがある。後にこのア・カペラ・ブレイク入りのシングル・ヴァージョンは『Treasures』『Opus』に入ったが、サウンドが遥かに華やかなミックスに変更された。よって未CD化は3つあり、最後のア・カペラがないSingle Version(4分21秒)、同時に出たア・カペラ入りのPromo Stereo VersionとPromo Mono Version(4分39秒)の3テイクである。歌詞が違いア・カペラがない『僕の中の少年』のAlbum Version、後にア・カペラを使ったものの冒頭から楽器をオーバーダブして華やかにした『Treasures』『Opus』のVersionはみな4分41秒である。

1993 「Magic Touch(Single Version)」(MMG)※『Cozy』収録とはミックス違い。Singleの方が7秒長い。

1993 「Medley:Bella Notte~Have Yourself A Merry Little Christmas」(MMG)※「ジャングル・スウィング」のカップリングで『Season's Greetings』から編集で組み合わされた。音源としては聴ける。

1994 「Down Town(Original Single Version)」(イースト・ウェスト)※シュガー・ベイブの最初のシングルだが、1993年のシュガー・ベイブの「パレード’82(リミックス・ヴァージョン。オリジナルの短縮版)」のシングルのカップリングで収録。マスターがないので限りなくオリジナルのシングルに近づけた。要はモノラルに近いリミックス。

1995 「世界の果てまで(Single Version)」(イースト・ウェスト)※『Treasure』収録はリミックス。ほぼ差異は感じられない。

1996 「愛の灯~Stand In The Light」(山下達郎&メリッサ・マンチェンスター)「愛の灯~Stand In The Light(Original Karaoke Duet With Tats)」(イースト・ウェスト)※メリッサ・マンチェスターとのデュオ・シングル。カップリングに山下のパートの入ったカラオケが収録された。

1996 「Dreaming Girl(Single Version)」(イースト・ウェスト)※『Cozy』収録はリミックスで7秒長い。

1992 「Blow」(イースト・ウェスト)※1992年に『アトムの子』とだけカップリングで出たCDシングルは、1999年に型番変更で再リリースされた「Blow(’98 Remix)」とミックスが違い、フェイドアウトも7秒短い。『Rarities』は「Blow(’98 Remix)」を使用。

2003 「フェニックス(Single Version)」「2000トンの雨(Movie End Title)」「フェニックス(TV Opening)」(ワーナー)※メインは「2000トンの雨(2003 New Vocal Remix)」。

2005 「太陽のえくぼ(Single Version)」(ワーナー)※『Sonorite』収録はアルバム・ヴァージョンで30秒長い。

2005  「風の回廊(Live Version)」(ワーナー)※「白いアンブレラ」のCDシングルに収録。

2008 「Angel Of The Light」(ワーナー)※「ずっと一緒さ」のCDシングルに収録。Single Versionとクレジットされているがアルバム収録はない。

2009 「ミューズ」「アトムの子('09 Live Version)」(ワーナー)※「僕らの夏の夢」のCDシングルに収録。

2010 「Happy Gathering Day」(ワーナー)※「希望という名の光」のCDシングルに収録。<

2011 「ついておいで('09 Live Version)」(ワーナー)※「街物語」のCDシングルに収録。

2011 「高気圧ガール('09 Live Version)」(ワーナー)※「愛してるって言えなくたって」のCDシングルに収録。

2013 「光と君へのレクイエム」「コンポジション」(ワーナー)※「光と君へのレクイエム」のCDシングルに収録。

2014 「The Christmas Song~Have Yourself A Merry Little Christmas」…(竹内まりや→山下達郎のメドレー)はこれのみ。「Christmas Eve(Acoustic Live Version)」「Christmas Eve(English Version)」は毎年リリースされるCDシングルでカラオケと共にレギュラー化している。(ワーナー)※「Christmas Eve(2014 Version)」のCDシングルのみ。

2016 「Cheer Up!The Summer」「Can’t Take My Eyes Off You~君の瞳に恋してる(Live)」(ワーナー)※「Cheer Up!The Summer」のCDシングルに収録。



☆Merry Christmas From Tatsuro Yamashitaのみで聴ける曲<

※1992年より毎年、山下達郎オフィシャル・ファン・クラブ会員に送られるクリスマスCDで、2016年12月現在、他では聴けないものを紹介する。

1995年及び1999年「Jingle Bell Rock(Alternate Version)」、1997年「When You Wish Upon A Star(Alternate Version)」、1998年「The Christmas Song」、2001年「過ぎ去りし日々 60s Dream(Live Version)」、2002年「I'm In The Mood For Love」、2003年「What's Goin' On(Live Version)」、2006年「Oh Pretty Woman(Live Version)」、2007年「Remember Me Baby(Live Version)」「Only The Lonely」、2008年「モーニング・シャイン(Live Version)」、2009年「Donut Song(Live Version)」、2010年「Happy Happy Greetings(Live Version)」、2011年「潮騒(Live Version)」、2012年「今日はなんだか(Live Version)」、2013年「Windy Lady(Live Version)」「砂の女(Live Version)」「Bomber(Live Version)」、2014年「ピンクシャドウ(Live Version)」、2015年「Down Town(Live Version:Sugar Babe)」、「パレード(Live Version:Sugar Babe)」、2016年「ターナーの機関車(Live Version)」、「Paper Doll(Live Version)」



☆シングルのみのカラオケ(山下達郎のCDシングルには1995年以降カラオケが付けられている。シングル盤とタイトルと一致した時は未記載、複数曲収録時はシングル盤のタイトル名を(  )内に入れた。)

1995:「世界の果てまで」、1996:「愛の灯~Stand In The Light」、「Dreaming Girl」、1998:「ヘロン」、「いつか晴れた日に」、1999:「Blow」「アトムの子」(「アトムの子/Blow」)、「Love Can Go The Distance」、2000:「Juvenileのテーマ~瞳の中のRainbow」、「Christmas Eve」、2001:「君の声に恋してる」「So Much In Love(2001 Remix)」:(「君の声に恋してる」)、2002:「Loveland Island」「Your Eyes」:(「Loveland Island」)、2003:「Ride On Time」「あまく危険な香り」:(「Ride On Time」)、「2000トンの雨」「フェニックス」:(「2000トンの雨(2003 New Vocal Remix)」)、2004:「忘れないで」「ラッキー・ガールに花束を」:(「忘れないで」)、2005: 「Forever Mine」「Midas Touch」:(「Forever Mine」)、「太陽のえくぼ」、「白いアンブレラ」「ラッキーガールに花束を」(前述と同じもの):(「白いアンブレラ」)、2008:「ずっと一緒さ」「バラ色の人生~ラヴィアンローズ」:(「ずっと一緒さ」)、2009: 「僕らの夏の夢」「ミューズ」:(「僕らの夏の夢」)、2010:「希望という名の光」「Happy Gathering Day」:(「希望という名の光」)、「街物語」、2011:「愛してるって言えなくたって」、2013:「光と君へのレクイエム」「コンポジション」:(「光と君へのレクイエム」)、2016「Cheer Up!The Summer」



☆山下達郎の提供曲集

2004 『The Works Of Tatsuro Yamashita Vol.1』(Wild Honey)※山下達郎ファンクラブの会員用の販売CDで、1979~1984年に山下が曲を書きアレンジまでしたものが7曲、作曲が8曲の計15曲で、フランク永井、アン・ルイス、池田典代、円道一成、桜田淳子、岩崎宏美、センチメンタル・シティ・ロマンス、村松邦男、尾藤イサオ、ダディ竹千代&東京おとぼけCats、ミュージカル「ハムレット」よりが収録。例によって日本の他のレコード会社は時間だけかけて最終的に許諾を出さず、KINKI KIDSの「硝子の少年」「ジェットコースターロマンス」や近藤真彦「ハイティーンブギ」などジャニーズ系全滅で肝心な曲が多く入っていない。ナイアガラ・ファンと違って山下ファンは提供曲にはあまり興味がない人が多いので、このディスクはファンクラブ用のマニア向けになっている。



オマケ〇シングルリリースリスト

◎SUGAR BABE

75 「DownTown」「いつも通り」(エレック)、82 「パレード」「ダウンタウン」(CBSソニー)、94 「Down Town(Original Single Version)」29位「パレード」(East West)…これのみCDシングル。シングルマスターは存在しないので限りなくオリジナルのシングル・ヴァージョンに近づけた。ほぼモノラルということ。

◎ナイアガラ・トライアングル

76 「幸せにさよなら(Single Version)」※伊藤銀次作。山下も交互に歌う。「ドリーミング・デイ(Single Version)」(日本コロムビア)

◎山下達郎

※レーベル…「あまく危険な香り」までRVC。「高気圧ガール」からALFA MOON、「Endless Gameから」MOON MMG、「世界の果てまで」からMOON East West Japan、「ヘロン」からワーナー。なお2002年の「Loveland Island」03年の「Ride On Time」のみBMGファンハウス。

79 「Let’s Dance Baby」「Bomber」、「愛を描いて-Let’s Kiss The Sun-」「潮騒」、「永遠のFull Moon」「Funky Flushin’」、80 「Ride On Time(Single Version)」3位「Rainy Walk」、「My Sugar Babe」90位「Daydream」、82 「あまく危険な香り」12位「Music Book」、83 「高気圧ガール」17位「Darlin’」、「スプリンクラー(Single Version)」34位「Please Let Me Wonder」、「クリスマス・イブ」1位(※89年・90年)「White Christmas」なお現在は「Christmas Eve(English Version)」「Christmas Eve(Acoustic Live Version)」「Christmas Eve(Karaoke)」がプラスされた。84 「The Theme From Big Wave」「I Love You Part Ⅰ」「I Love You Part Ⅱ」、85 「風の回廊」12位「潮騒(Live Version)」、「土曜日の恋人」22位「Mermaid」、87 「踊ろよ、フィッシュ」19位「You Make Me Feel Brand New」、88 「Get Back In Love(Single Version)」6位「First Luck」、89 「新・東京ラプソディー」「The Girl In White」、「おやすみロージー」22位「素敵な午後は(Live)」、90 「Endless Game」5位「The Theme From Big Wave(Live)」、91 「さよなら夏の日」12位「モーニング・シャイン」、「ターナーの汽罐車」30位「Only With You(Live)」、92 「アトムの子」18位「Blow」※99年から「アトムの子」88位「Blow(’98 Remix)」「アトムの子(Karaoke)」「Blow(Karaoke)」、93 「Magic Touch(Single Version)」17位「I Do」、「ジャングル・スウィング」22位「Medley:Bella Notte~Have Yourself A Very Merry Christmas」、95 「世界の果てまで」24位「二人の夏(Live)」※以降はタイトル曲のカラオケも入るので記述省略。96 「愛の灯~Stand In The Light」23位…メリサ・マンチェスターとのデュオ。「愛の灯~Stand In The Light(Original Karaoke Duet With Tats)」、「Dreaming Girl」24位「砂の女(Live)」、98 「ヘロン」10位「ヘロンGuitar Instrumental」、

「いつか晴れた日に」15位「好・き・好・き・Sweet Kiss」「いつか晴れた日に(Stand Alone Version)」、99 「Love Can Go The Distance」18位「When You Wish Upon A Star」※カラオケは両方。00 「Juvenileのテーマ~瞳の中のRainbow」20位「アトムの子(Live)」、01 「君の声に恋してる」15位「So Much In Love(New Vocal Remix)」※以降カラオケは両方。02 「Loveland Island」26位「Your Eyes」、03 「Ride On The(Single Version)」13位「あまく危険な香り」「Ride On Time(ア・カペラ・ショート・ヴァージョン)」※、「2000トンの雨(2003 New Vocal Remix)」「フェニックス(Single Version)」「2000トンの雨(Movie End Title)」「フェニックス(TV Opening)」、04 「忘れないで」14位「ラッキー・ガールに花束を」、「Forever Mine」8位「Midas Touch」、05 「太陽のえくぼ」29位※B面なし、「白いアンブレラ」「ラッキー・ガールに花束を」「風の回廊(Live)」※カラオケは「風の回廊」以外の2曲。08 「ずっと一緒さ」3位「バラ色の人生~ラヴィアンローズ」「Angel Of The Light」※カラオケは「Angel Of The Light」以外の2曲。09 「僕らの夏の夢」8位「ミューズ」「アトムの子('09 Live Version)」※カラオケは「アトムの子(09年Live)」の2曲、10 「希望という名の光」9位「Happy Gathering Day」、「街物語」13位「ついておいで('09 Live Version)」※以降カラオケはA面のみ、11 「愛してるって言えなくたって」15位「高気圧ガール('09 Live Version)」、13 「光と君のレクイエム」10位「コンポジション」、16 「Cheer Up!The Summer」8位「Can’t Take My Eyes Off You~君の瞳に恋してる(Live)」

(作成:佐野邦彦)



2017年8月8日火曜日

☆Favorite Musician 全音源コレクティング邦楽編第10回:大滝詠一(はっぴいえんど含む)




さて、いよいよオオトリの大滝詠一の全音源リストの紹介である。山下達郎・大滝詠一のどちらにしようかと思ったが、やはり実績からいっても今回が大滝、オーラスは山下が順当だろう。大滝に関してはナイアガラの信者が山ほどいて、様々な本も出ているので、リストは新鮮味に欠けるだろうが、音源コレクターの私なので、実際に聴いて違いがあるものを全て分かるようにリスト化した。レア盤かどうかは関係ない。大滝の場合、亡くなった後にレア盤のCD化が続き、今までのウルトラ・レア盤もみな聴けるようになったのは、嬉しい限り。アナログでしか聴けないものはごく僅かになった。私は「ナイアガラ派」ではなく「ロンバケ派」なので、大滝のソフトなヴェルヴェット・ヴォイス、大滝の書く転調を駆使した高度で美しいメロディ、そしてそれを膨らませせる極上のサウンド作り…「オリーブの午后」「ペパーミント・ブルー」を聴くと、日本のポップ・ミュージックの頂点はこれだ!と確信できる。ここで頂点を迎えた大滝は、フィル・スペクターをあやかったのか、以降、アルバムは作らず、シングル2枚リリースしただけでリタイアしてしまった。しかもそのシングルは長い大滝のキャリアの中で初めてオリコンのトップ10入りした2枚で、シングルチャート上で一番の成功を収め、まさに最盛期を選んで引退した大滝はレジェンドのままだ。以降は自分の音源を10年単位で整理してはAnniversary Editionを出して、リスナーはその細かな違いに驚愕し、そこに注目するとより楽しめるという無限ループにハマっていった。年に1回程度の「便り」だったが、十分だった。私は音源コレクターなのであの『Snow Time』も、大滝本人がプロモで限定200枚作ったLPを当時なんとか入手したが、リイシューされたのでもう処分してしまった今は無い。処分すれば他に大量のCDが入手できる。まだ資金不足の若い頃は、BeatlesBeach Boys以外は、CD化されればレア盤、プロモは処分していた。大滝詠一は何といっても『A Long Vacation』、これが最高の衝撃だった。まさに、完璧な自分の好みのサウンドとメロディ、そして歌声。『A Long Vacation』『Niagara Triangle Vol.2』『Each Time』の3枚は全ての邦楽の最へヴィ・ローテーション、私と違ってロックやポップスに興味のないクラシック好きの妻ももこの時期の大滝は絶賛している。これが自分の大滝のコアなので、他のナイアガラ・ファンと違って、真に好きなのは「ロンバケ」以降で、その前のアルバムでも「ロンバケ風」サウンドの曲やメロディアスな曲(「Blue Valentine’s Day」など)を追い求めるので、コアなナイアガラ・ファンの方とはあまり話が合わない。ナイアガラ時代の大滝の曲に対する細かい引き出しやこだわりは、自分も相当詳しい?音楽ファンなのでよくわかるが、こだわりの凄さはわかっても、『Let’s Ondo Again』みたいな音頭もの、伝統邦楽との融合は特に苦手。哀愁のエレキ・インストもいらないわー。それならスプートニクスを聴くし。「ナイアガラ音頭」を聴いた時も苦手だった。ここから発展したのがビギンの「オモトタケオ」シリーズなのだが、ビギンの曲の方がずっと好きだ。ということで大滝詠一マニアの中では自分は異端なのかもしれない。そのためか、全てコレクティングしているはっぴいえんども、他のナイアガラ・ファン程の思い入れがない。この時代のポップ&ロック・グループで、シュガー・ベイブが飛び切り好きで、はっぴいえんどは大滝がいるのでコレクティングしたが、ティン・パン・アレー、YMOは持っていない。細野晴臣や坂本龍一の作る曲には興味が持てないのだが、このあたりはナイアガラ・ファンには好きな人が多いようで、だからといって共通認識を持つ気はまったくない。ともかく大滝詠一は大好き。ナイアガラ時代やはっぴいえんど時代も好きな曲は多くあるのだが、このようにコンプリートを目指してコレクティングしてきた結果、「ロンバケ」以降の方が圧倒的に好きというだけだ。山下さんにインタビューした時に大滝の話は、褒め言葉になるだけなので話題にしなかったが、当時、飛ぶ鳥を落とす人気だった坂本龍一に興味が持てない自分はつい、どうですか?って聞いてしまったが、山下さんが「アレンジとかいいんだけど、曲がつまらない」と言ってくれた時には、思わず膝を叩きたくなってしまったほど。やっぱりねって感じで。それでは話がそれたので大滝詠一のコレクティングのガイドを紹介しよう。



★大滝 詠一

☆オリジナル・アルバム

※リストは、最初の1枚のアルバムの年代で管理し、その後に20周年版、30周年版、40周年版などと並べていく形式なので、実際のリリース年別ではない。<br />

1972 『大滝詠一(Special Edition)1997 Reissue(ソニー)※+10曲。ボーナストラックは「恋の汽車ポッポ [Single Version]」「それはぼくぢゃないよ [Single Version]」「空飛ぶくじら [Single Version]」「五月雨 [Single Version]」「空飛ぶくじら [Piano Intro Version]」「それはぼくぢゃないよ [Album Mix]」「びんぼう [Himadarake Version]」「ウララカ [Intro Drums Version]」「おもい [UNDUBBED VERSION: TAKE1&2]」「いかすぜ! この恋 [Casette Version]」。75位。ちなみに「恋の汽車ポッポ第1部」とはシングルのこと。

1975 『Niagara Moon(20th Anniversary Edition)1995 Reissue(ソニー)※ボーナストラックはスタジオライブの「福生ストラット(PartⅡ)」「あの娘に御用心」「楽しい夜更かし」「ハンド・クラッピング・ルンバ」「恋はメレンゲ」を収録。他『Debut』の「Niagara Moon」。77位。

1975 『Niagara Moon(30th Anniversary Edition)2005 Reissue(ソニー)※ボーナストラックは未発表ヴァージョンの「三文ソング (1st Version)」「三文ソング (2nd Version)」「論寒牛男」「ロックン・ロール・マーチ (Take 1) (Take 2)」「ハンド・クラッピング・ルンバ」「恋はメレンゲ」「福生ストラット (パートII)」「シャックリ・ママさん」「楽しい夜更し」「いつも夢中」「朝からゴキゲン」「ジダンダ (Unissued)」「夜の散歩道」「NIAGARA MOON」収録。

1975 『Niagara Moon(40th Anniversary Edition)2015 Reissue(ソニー)※アルバム自体が1995年に大滝がリミックスして曲順から大幅に編集し直したもののボツにした1995年リミックス『Niagara Moon ’95 Mix Version』が初登場。冒頭の「Niagara Moon」がない、「サイダー」が「Cider '75」だけ、「ロックン・ロール・マーチ」「恋はメレンゲ」「ハンド・クラッピング・ルンバ」「ナイアガラ・ムーンがまた輝けば」が別テイク、歌詞も一部違う「楽しい夜更かし」など別物だ。ディスク2には1977620日の「ナイアガラ・ファースト・ツアー」からライブの「ナイアガラ・ムーンがまた輝けば [Live]」「三文ソング [Live]」「論寒牛男 [Live]」「いつも夢中 [Live]」「楽しい夜更し [Live]」「シャックリ・ママさん [Live]」「ハンド・クラッピング・ルンバ [Live]」「福生ストラット (パートII) [Live]」の8曲、に加えこれも初登場の当時のアーリーミックスに大滝の軽い歌が入ったDemonstration Rough Mix Versionで「恋はメレンゲ <Demonstration Rough Mix version>」「三文ソング <Demonstration Rough Mix version>」「楽しい夜更し <Demonstration Rough Mix version>」「ハンド・クラッピング・ルンバ <Demonstration Rough Mix version>」「ジダンダ <Demonstration Rough Mix version>」「ロックン・ロール・マーチ <Demonstration Rough Mix version>」「シャックリ・ママさん <Demonstration Rough Mix version>」「夜の散歩道 <Demonstration Rough Mix version>」「福生ストラット (パートII) <Demonstration Rough Mix version>」「論寒牛男 <Demonstration Rough Mix version>」「お先にどうぞ <Demonstration Rough Mix version>」と「Niagara Moon Strings <Demonstration Rough Mix version>」「Niagara Moon Strings Again <Demonstration Rough Mix version>」を収録。ストリングスは76224日に録音され坂本龍一初のストリングスアレンジ。かまやつひろしのために書いた「お先にどうぞ」のデモは初。

1976 大滝詠一:山下達郎:伊藤銀次『Niagara Triangle Vol.1(30th Anniversary Edition)2006 Reissue(ソニー)※ボーナス・トラックは3人が交互にリード・ヴォーカルを取る「幸せにさよなら(Single Version)Mono)」も収録。「ドリーミング・デイ(Single Version)(Mono)」、カラオケの「あなたが歌うナイアガラ音頭(Single Version)(Mono)」に、伊藤の「ココナッツホリデイ’76」はオリジナルと同じフェイド・アウトしない7分と長尺の伊藤の「ココナッツホリデイ’76」の長尺と、この曲のお囃子をほぼ収録したボーナスの「ココナッツホリデイ3日目」も収録。キーマンの大滝詠一だが、彼自身の歌は「夜明け前の浜辺」だけでインストの「Fussa Strut Part.2+布施の「ナイアガラ音頭」3曲が担当。ボーナスの「幸せにさよなら(Single Version)Mono)」はリードが交互なので大滝のパートも聴こえる。(オリジナルだと伊藤の歌)。29位。

1976 『Go! Go! Niagara (20th Anniversary Edition)1996 Reissue(ソニー)※。2006年版に収録されたオリジナルの1976年版、1986年版、そして1996年版との違いは下記の1986年版を参照のこと。96年版はボーナス・トラック4曲追加。「土曜の夜の恋人に(MONOSTEREO)」、「ニコニコ笑って(LIVE)」、「あの娘にご用心’78」「Cobra Twist( ’81 Mix)」。76

1976 『Go! Go! Niagara (1986 Remix)1986 Reissue(ソニー)※1986年リリースの『Niagara Black BookⅠ(Box Set)』のみ収録のものは、大滝の意向で大きく編集が違う。「Go!Go!Niagaraのテーマ~Dr.Kaplan’s Office」の86年版は冒頭の球場のSEをカット。「こんな時あの娘がいてくれたらなあ」の76年版は最後に「あのーサイドワン終わったんですけど」のナレーションが入るが曲は358秒までだった。96年版は短いのみ。86年版のみ410秒まで曲が続く。「ジングル:ベースボール」は86年版のみギターソロが続くため76年版・96年版より12秒長い。「ジングル:土曜の夜の恋人に」の86年版は最後の大滝の語りをカットしたので76年版・96年版より14秒短い。「針切り男」は96年版は76年版より23秒長く、86年版は逆に9秒長い。「Cobra Twist」の86年版のみ12秒長く続いてコーラスで終止する。「再びGo!Go!Niagaraのテーマ」は、96年版は76年版に比べ演奏が短く1分54秒短い。86年版も113秒短いが、最後に「あのー終わったんですけど」のナレーションが入っている。

1976 『Go! Go! Niagara (30th Anniversary Edition)2006 Reissue(ソニー)※オリジナルマスターの『'76オリジナルマスター(76年版)』丸ごとと、『'96リミックス(96年版)』を1枚にして、最後に「土曜の夜の恋人に(スペシャル・リミックス・ヴァージョン)」を加えたもの。

1977 『Niagara CM Special Vol.1』(コロムビア)※2011年の『Niagara CD BookⅠ(Box Set)』(ソニー)で丸ごとリイシュー。「Cider’73 B TypeC Type」「ジーガム(Audition)」「土曜の夜の恋人は(Mono Mix.Single Vocal)」「土曜の夜の恋人は(Version 2.Backing Track Stereo Mix Double Vocal)」はこれのみ。34トラック。31位。

1981 『Niagara CM Special Vol.1 2nd Issue』(CBSソニー)※1986年の『Niagara CD Book Ⅰ(Box Set)』(CBSソニー)で丸ごとリイシュー。前述の3トラック落としてMonoの「タマゴ」「スメランド」「MG5」「レモンのキッス」「ハウスプリン」「出前一丁」とStereoの「オシャレさん」「大関」「Big John A Type 15-30」「Big John B Type 15-30」を追加、当時は初登場だった。

1983  NIAGARA CM SPECIAL Special Issue(ソニー)※1と2から抜粋して、さらにその後の音源をプラスしたもの。抜粋でも別テイクに差しかえられているものもある。他でも聴けるが、ロンバケサウンドの「Cider ‘83」「出前一丁」「オシャレさん」、「CM Special Vol.2」などが聴きもの。

1995  Niagara CM Special(ソニー)※『NIAGARA CM SPECIAL Special Issue』とほぼ同じだが『Vol.1 2nd Issue』の「ドレッサーⅢ」が入るなど若干内容・曲順が違う。<br />

2007 『Niagara CM Special Vol.1 3rd Issue(30th Anniversary Edition)』(ソニー)※「Vol.1」の3rdということで「Vol.2」の1979年以降の作品は意識的に外して、「Vol.1」時代の未発表トラックを多く発掘して入れた。大滝が歌ったもののボツになった別テイクの「ハウスプリン(Demo)」、本CDの個人的なハイライトの「サイダー79(サンシャインガール)」はParadeの「Sunshine Girl」をアレンジしたものでなかなか爽やか。「ドレッサーⅢ」にはアン・ルイスのヴォーカル入りが収録できた。特に注目はFussa Demoとカテゴライズされたホームデモで「Cider 73 (A TYPE)」「Cider 73 (NO.1)」「Cider 73 (You & Me)」「Cider 73 (B TYPE)」「Cider 74 (ON DEMO)」「Cider 74 (FUSSA DEMO)」「サントリー・オールド」「スパイス・ソング」は十分楽しめ70トラック収録。

1983 『Niagara CM Special Vol.2』(CBSソニー)※2015年の『Niagara CD Book Ⅱ(Box Set)』で丸ごとCD化された。曲名はクレジットされていないが冒頭の9秒「NIAGARA CM Special Theme」と、「A面で恋をして」の3ヴァージョン「(Narration)」「(A Cappella)」「(Track Only)」、さらに『A Long Vacation』のCM用の「Spot Special」「Instrumental Special」の6トラックが初。

1977 『多羅尾伴内楽團Vol.1』※2011年の『Niagara CD BookⅠ(Box Set)』(ソニー)収録。全編エレキ・インストで多羅尾伴内楽団名義。

1978 『多羅尾伴内楽團Vol.2』※2011年の『Niagara CD Book Ⅰ(Box Set)』(ソニー)収録。オリジナルは波の音入り。ただし『Niagara Black VoxBox Set)』のLPのみ波の音をカット。

2007 『多羅尾伴内楽團Vol.1&Vol.2(30th Anniversary Edition)』(ソニー)※2イン1で、1987年の『Niagara Black BookBox Set)』の中のCDTarao Bannai Special』で登場した「サーフ・ライダー」と「霧の乙女号」に、「ブラック・サンド・ビーチ(Kayama Tribute Mix)」「霧の彼方へ(Speed-Up Version)」を追加した。

1977 シリア・ポール『夢で逢えたら』(ソニー)1997 Reissue ※オリジナル盤と同じミックスで、ボーナス・トラックに「夢で逢えたら(Single Version)「恋はメレンゲ(Single Version)」「夢で逢えたら(Mono Version)」「夢で逢えたら(Mono Instrumental Version)」に加え1986年の『Niagara Black Book(Box Set)』収録のミックスが違う「Walk With Me('87 Mix)」(※86の誤植?)とここのイントロのドラムが違っていた「The Very Thought Of You」の6曲を追加した。大滝はプロデュースと作曲を担当し、山下達郎もストリングス・アレンジ多数受け持った。なお前述の1986年の『Niagara Black Book(Box Set)』は、大滝の意向と、吉田保のリミックスによりエコーが多めにかかり、曲順も変えたが、同じスタッフで作ったのに『Niagara Black VoxBox Set)』のLPに入っていた「夢で逢えたら、もう一度」は何故かCD版ではカットされた。

1977 『Niagara Calendar(’78 Edition)2015 Reissue(ソニー)※2011年の『Niagara CD Book Ⅰ(Box Set)』がベスト。

1981 『Niagara Calendar(’81 Edition)2015 Reissue(ソニー)※2011年の『Niagara CD Book Ⅰ(Box Set)』がベスト。この81年版を96年にCD化した時のチャートが60位。<

このアルバムは1978年版(リリースが771225日なので78年版としているようだ)1981年版でまったく違うアレンジがされているので比較しながらまとめて記述する。『Niagara Calendar(30th Anniversary Edition)』は’78 Edition81 Editionの2イン1だが、収録時間の限界で’81 Editionのラストが短縮版になっているのでお勧めできない。まず「Blue Valentine’s Day」は、78年版はシングル・ヴァージョンに近く大滝の声がほぼノン・エコーで入るが81年版はエコーたっぷりで個人的にはこちらが好み。「五月雨」は78年版では雨音が入っているが81年版ではカット。ライチャス・ブラザースの「Just Once In My Life」を狙っただけあって81年版ではバックのリフが大きく強調されすぐに違いが分かる。最も異なるのは「青空のように」だ。78年版では冒頭に導入部のインスト部分があるが、81年版はすぐにサビからスタートする。バックも78年版はスチール・ギターが大きく入ったアレンジだが、81年版ではほとんど聴こえなくアレンジを変更、カスタネットを強調して「Wall Of Sound」ヴァージョンに変貌した。後半にはドラムのタム・ロールが登場する凝りよう。シングル・ヴァージョンに近いアレンジの81年版の方が正解。導入部がないのに全体は10秒長い。「泳げカナヅチ君」も78年版の波音を81年版では全面カットしているので波音分の尺が短い。続く「真夏の昼の夢」も78年版には波の音が入ってしまっているが、81年版では全面カット、そしてヴォーカルやサウンドに十分なエコーをかけて、これも81年版が正解だ。「座 読書」も78年版と81年版はイントロのドラムがまったく異なる。サウンドも81年版はヴォーカルがオン。「想い出は霧の中」は78年版ではバックのオルガンの音が目立つが、81年版ではヴォーカルをオンにしてオルガンはバッキングに埋め込んでいる。「クリスマス音頭」は81年版でより日本的な雰囲気を出すために三味線や合いの手を大きくミックスし、後のビギンの『オモトタケオ』サウンドの先駆けになっている。

1981 『Niagara Calendar(’86 Edition)1986 ReissueCBSソニー)※86年の『Niagara CD Book Ⅰ(Box Set)』(CBSソニー)ものは吉田保が81年版を元にリミックスし、全面的にエコーがかかり、特に「Blue Valentine’s Day」はドリーミーで全てのヴァージョンでこれがベストだ。うっとりとしてしまう。「五月雨」の深いエコーは最も「Wall Of Sound」になっていた。「青空のように」「真夏の昼の夢」はよりソフトなサウンディングに。「想い出は霧の中」は歌の2番からバッキングにマンドリンがよく聴こえるようにミックスされ、より哀愁サウンドに。なお「お正月」のエンディングに78年版、81年版のどちらにも入っていた「クリスマス音頭」と「お正月」のつなぎの除夜の鐘のような音2回はカットされていた。

1978 『Debut』(CBSソニー)※読者リクエストで選ばれた12曲を全曲新録、未発表トラック、ライブで作り直したもの。2011年『Niagara CD BookⅠ(Box Set)』で丸ごとリイシュー。

1987 『Debut Special』(CBSソニー)※『Debut』から曲を8曲削除、代わりに「空色のくれよん」「田舎道」「うららか~ハイカラ~ロンロン~サイダー」「Sheila~シャックリママさん~Love’s Made A Fool Of You」「指切り」のライブが追加され、「空飛ぶクジラ」(フェードインが長い)「水彩画の町」「乱れ髪」「外はいい天気だよ」はリミックスされたので『Debut』とはまったくの別物。1987年の『Niagara Black BookBox Set)』のみでリリース。

1978 『Let’s Ondo Again』(CBSソニー)※多羅尾伴内楽團の「峠の早駕籠」「337秒間世界一周」や宿霧十軒名義の「空飛ぶカナヅチくん」、Each Ohtaki名義の「烏賊酢是! 此乃鯉」の大滝4曲、残りは他アーティスト。2011年『Niagara CD BookⅠ(Box Set)』に収録。

1987 『Let’s Ondo Again Special』(CBSソニー)※『Let’s Ondo Again』から「峠の早駕籠」など6曲を別ミックスで入れ、加えて9曲を追加したので、もはや別物。『Niagara Black Book(Box Set)』に収録。「ナイアガラ音頭(Alternate-布谷文夫」「スリラー音頭 ~ ビート・イット音頭-片岡鶴太郎」「ビックリハウス音頭-デーボ」「Let's Ondo Again~クリスマス音頭-アミーゴ布谷 & 横田基地Guys」など初。

1981 『Niagara Fall Stars』(CBSソニー)※レア・トラック集で、「心のときめき」は別テイクで自然終止、「霧の彼方に」はテンポアップした軽いミックス、「いつも通り」はオーバーダブ前のVersion2など既存も曲も少しずつ違う。『Niagara CD Book(Box Set)』で聴けるがこのオリジナル盤の曲目では未CD化。(BOXのものは曲目の違う2nd Issue

1981 『A Long Vacation(20th Anniversary Edition)2001 Reissue(ソニー)※ボーナストラックに1981年にリリースされた『Sing Along V.A.C.A.T.I.O.N』(「さらばシベリア鉄道」無し)(CBSソニー)もカップリング。インストだがリード・メロディが入っているのでカラオケではない企画もの。『Niagara CD Book(Box Set)』にも収録済み。2位。

1981 『A Long Vacation(30th Anniversary Edition)2011 Reissue(ソニー)※20thの『Sing Along V.A.C.A.T.I.O.N』は楽器のリード・メロディが入っていて興ざめだったが、30thでは『A Long Vacation Tracks』として「さらばシベリア鉄道」も入った完全カラオケがカップリングされた。さらに「君は天然色(Original Basic Track)」もプラスされこれのみ。

1981 『Sing Along V.A.C.A.T.I.O.N』(CBSソニー)※リード・メロディ入りのカラオケで「さらばシベリア鉄道」はなし。『Niagara CD Book(Box Set)』などに丸ごと収録。52位。

1981 『Niagara Vox(Box Set)』(CBSソニー)※LP9枚組。前述の『Niagara Fall Stars』から3曲外れ4曲足した2nd Issue。そして、本ボックスのみの『More Niagara Fall Stars』『More More Niagara Fall Stars』に10曲を超える未発表ヴァージョンを収録したが、2015 の『Niagara CD Book(Box Set)(ソニー)CD化された。『Niagara Calendar』は81年版を採用。

1982 大滝詠一:佐野元春:杉真理『Niagara Triangle Vol.2(20th Anniversary Edition)2002 Reissue(ソニー)※オリジナル盤での大滝の曲は「オリーブの午后」「A面で恋をして」「白い港」「Water Color」「ハートじかけのオレンジ」の5曲。アルバムは『Niagara CD Book Ⅱ(Box Set)』、ボーナス・トラックのエンディングSE無しの「ハートじかけのオレンジ(Single Version)」と、「Rock'n'Roll 退屈男」は『Best Always』に含まれているが、「A面で恋をして(CM Version)」の最後にシンセ・ドラムのマシンガン音を一回入れた。2位。

1982 大滝詠一:佐野元春:杉真理『Niagara Triangle Vol.2(30th Anniversary Edition)2012 Reissue(ソニー)※ボーナス・トラックはオリジナル盤プラス『Niagara Triangle Vol.2 Tracks』として全曲のカラオケと、「A面で恋をして」(カラオケ)に関してはコーラスあり、コーラスなしの2ヴァージョンが収録された。

1982 『Niagara Song Book(CBSソニー)※大滝詠一プロデュース、井上鑑アレンジで作られたストリングス・インスト・アルバム。Niagara Fall Of Sound Orchestra名義。1989年リリースのCD(ソニー/27DH5302)の「夢で逢えたら」のみLong Version(サビの後のAメロが1回多い。よって26秒長い)だった。以降は使われていないが、これは1985年の『B-each Time L-ong』のラストのオーケストラだけの「夢で逢えたら」がイントロに32秒のオリジナルのメロディの導入部が付いて、以降は前述のLong Versionとなるので、『B-each Time L-ong』があれば足りるということになる。11位。

1982 『Niagara Song Book 30th Edition2013 Reissue(ソニー)※『Niagara Song Book』にプラスして「幸せな結末」と「恋するふたり」のストリングス・ヴァージョンが収められた。なお、後者は新たにイントロにストリングスが加えられたヴァージョンでここでしか聴けない。Niagara Fall Of Sound Orchestra名義

1984 『Each Time(CBSソニー)

オリジナルは9曲仕様。「魔法の瞳」は後のリイシューは30th Anniversary Version以外330語のサビ以降歌詞が加筆された521秒ヴァージョンだが、オリジナルはこの453秒ヴァージョン。「木の葉のスケッチ」はフェイド・アウトするヴァージョン(※『Snow Time』ではアコーディオンのイントロがプラスされたヴァージョンも登場した)。「夏のペーパーバック」も後にイントロのベースのないヴァージョンが使われたが、イントロの楽器が多いこの盤がオリジナル。最も違うのは「レイクサイド・ストーリー」で2回のリフレインでフェイド・アウト気味に絞った後またフェードインして完奏する、俗称「大エンディング・ヴァージョン」であり、オリジナル盤と同じものは『Niagara CD Book Ⅱ(Box Set)』で聴くことができる。その前は最も初期の品番35DH78だけこのヴァージョンが収録され、それ以外のCD4回のリフレイン後にフェイド・アウトするロング・ヴァージョンに差し替えられている。このヴァージョンは537秒まであり、長さ的には最長ヴァージョンである。1位。

1986 『Complete Each Time』(ソニー)※『Each Time』に「Bachelor Girl」と「フィヨルドの少女」が追加され11曲仕様になった。「魔法の瞳」は歌詞が加筆されたロング・ヴァージョン、「木の葉のスケッチ」はフェイド・アウトしない完奏ヴァージョン、「夏のペーパーバック」はイントロにベースがなく違い楽器の少ないヴァージョン(このヴァージョンは『B-each Time L-ong』にも収録)、「恋のナックルボール」は最後にSEが再度現れ大滝の呟きがかすかに入るヴァージョンでこのアルバムのみ、「1969年のドラッグレース」はエンディングの強弱の回数が少なくギター音が少し長く入ったヴァージョンに変更された。これらは1984年の33cm45回転シングル6枚のボックス『Each Time Single Vox(Single Box Set)(CBSソニー)で披露されていたものだった。そして「レイクサイド・ストーリー」は、3回のリフレインで522秒にフェイド・アウトする本盤のみのヴァージョンに差し替えられた。これらは『Niagara CD Book Ⅱ(Box Set)』の『Complete Each Time Single Vox』にまとめられている。14位。

1984 『Each Time(20th Anniversary Edition)2004 Reissue(ソニー)※基本的に「Bachelor Girl」と「フィヨルドの少女」が追加された1986年リリースの『Complete Each Time』(ソニー)の11曲に、ボーナス・トラックとして初登場の「恋のナックルボール(1st Recording Version)」が入り、「マルチスコープ(=ゆらりろ)」「Cider’83」もプラスされた。この4曲は『Niagara Song Book Ⅱ(Box Set)』にも収録されているが、「マルチスコープ」の冒頭に子供の声が入るのはこの盤のみ。「魔法の瞳」は『Complete Each Time』に収録された歌詞が加筆されたロング・ヴァージョンだが、「木の葉のスケッチ」「夏のペーパーバック」「恋のナックルボール」は1984年版『Each Time』に戻る。しかし「レイクサイド・ストーリー」はここでもフェイド・アウトするヴァージョンだが、2回のリフレイン後の57秒で終わってしまう後述の『Snow Time』収録のものと同じ最短ヴァージョンになってしまった。

1984 『Each Time(30th Anniversary Edition)2014 Reissue(ソニー)※11曲仕様で、前述の11曲盤と全て曲順が違うが、これがFinalと題されたので決定盤と言える。ディスク2には全曲の完全カラオケが収録されたが、歌入りとカラオケでは別ヴァージョンを使っている場合がある。「夏のペーパーバック」は『Complete Each Time』のイントロにベースのないヴァージョンを採用、ただしカラオケはベース入りのヴァージョンとなる。「木の葉のスケッチ」はオリジナルのフェイド・アウトするヴァージョンだが、カラオケは『Complete Each Time』の完奏するヴァージョンが使われた。「魔法の鏡」は、オリジナルのサビの挿入がない453秒に戻った。「1969年のドラッグレース」はエンディングのギターが長い『Complete Each Time』以降のヴァージョン。「恋のナックルボール」は通常ヴァージョン。「レイクサイド・ストーリー」は『Each TimeCD4回のリフレイン後でフェイド・アウトする537秒の最長ヴァージョンが再び採用された。しかしカラオケは『Each Time』のオリジナルの2回のリフレインの後にエンディングが現れ完奏する「大エンディングヴァージョン」が復活する。さらにこのヴァージョンだがオリジナルは2回目のリフレインがフェイド・アウト気味に音を絞るがここでは絞らずエンディングへ持っていく初登場のミックスである。

1984 『Niagara Song Book 2(CBSソニー)※大滝詠一プロデュース、井上鑑アレンジで作られたストリングス・インスト・アルバム第2弾。Niagara Fall Of Sound Orchestra名義。この1984年のCD(35DH111)での『レイクサイド・ストーリー』はファイド・アウトしないで大エンディング・ヴァージョン仕様になっていて20秒長く、「魔法の瞳」のサビの後に木管のAメロとブリッジパートが多く入り58秒も長かったが、以降のCDではこの2ヴァージョンは登場していない。20位。

1984 『Niagara Song Book 2 1989 Reissue(ソニー)の盤のみ、「ガラス壜の中の船」「夏のペーパーバック(Reprise)」が外され、「Bachelor Girl」「白い港」に差し替えられた。ただこの2曲や、変更されたフェイド・アウトする「レイクサイド・ストーリー」や短い「魔法の瞳」など全て『Niagara CD Book Ⅱ』内に収録された。

1984 『Niagara Black VoxBox Set)』(CBSソニー)※シリア・ポール『夢で逢えたら』、『多羅尾伴内楽團Vol.1』『多羅尾伴内楽團Vol.2』『Debut』『Let’s Ondo Again』のLP5枚のボックス。エコーが多めにかけられている。『多羅尾伴内楽團Vol.2』に波の音が入っていない。『Niagara Black Book(Box Set)』にもセレクトされて入ったが『多羅尾伴内楽團Vol.2』の★「In The Still Of The Night」★「ジャワの夜は更けて(Java)」★「魅惑の宵(Some Enchanted Evening) 」★「Paradise Lost」の波無しは本ボックスのLPのみ。また『夢で逢えたら』も曲順を変え全曲は入っているが、『Niagara CD Book(Box Set)』のものはストリングスのみの★「夢で逢えたら、もう一度」(吉田保リミックス版)がカットされた。★未CD

1985 『B-each Time L-ong』(CBSソニー)※『A Long Vacation』『Each Time』から抜粋した曲を、Niagara Fall Of Sound Orchestraでつないだ企画もの。『Niagara CD Book Ⅱ(Box Set)』に収録された。2位。

1985 『Snow Time1996 Reissue(ソニー)※大滝がプライベートで作ったアルバムだが、評判となり1996年に正式リリースされた。半分大滝、半分インストだったが、大滝では森進一に書いた曲の英語カバー「夏のリビエラ」が何といっても目玉。またオフィシャル化の際、「木の葉のスケッチ」がアコーディオンのイントロから始まる未発表ヴァージョンになった。そして元はインスト曲が不足していたため『Niagara Song Book 2』の「レイクサイド・ストーリー」が収められていたが、「Yokan(渡辺満里奈に書いた「うれしい予感」)」のインストに差し替えられた。なお、インストサイドの「Siberia」は『Sing Along Vacation』に入らなかった代わりに録音されていたフィヨルド7名義で81年にリリースされた「哀愁のさらばシベリア鉄道(ギター・バージョン)」とは編集が違い、エンディングの高音のギターパートをそっくりカットして、その後のアドリブ・ギターを多く入れたもので別ヴァージョン。『Niagara CD Book Ⅱ(Box Set)』には「Yokan」を「レイクサイド・ストーリー」に戻したプロモと同じ選曲に変更され収録された。

1986 『Niagara CD Book(Box Set)(CBSソニー)※吉田保の別ミックスが貴重なシュガー・ベイブの『Songs』から『Niagara Calendar』までの6枚に、『Niagara Fall Stars 2nd Issue』(Version2は「霧の彼方に」、Version3は「ドリーミング・デイ」(いきなりピアノから始まり10秒短い別ミックス)「心のときめき」収録。他2曲は前述の『Niagara Vox(Box Set)』(CBSソニー)参照)と『Dawn In Niagara(ココナツバンクのライブや布谷文夫の未発表ヴァージョンなど収録。目玉はSugar Babeのデモ4曲だったが、『Songs30周年記念盤に収録された)8枚組。

1987 『Niagara Black Book(Box Set)(CBSソニー)※『Debut Special』、シリア・ポール『夢で逢えたら』、『Tarao Bannai Special』『Let’s Ondo Again Special』のCD4枚組。全体的にエコーを多く加えたリミックス。『Tarao Bannai Special』は『多羅尾伴内楽團Vol.1』『多羅尾伴内楽團Vol.2』の抜粋+ボーナス2曲(30th Editionでも聴ける)の構成で、『Niagara Black Vox(Box Set)』の『多羅尾伴内楽團Vol.2』は波のSE抜きだったので、「Ride The Wild Surf」「Beach Bound」「Black Sand Beach」「Moon Dawg」「Cruel Surf」「Surf Party」「Ajoen Ajoen心のときめきを」「The Surfer Moon」は波のSE無しである。また『夢で逢えたら』は曲順を変えたが、このCD版のみなぜかストリングスの「夢で逢えたら、もう一度」のみカットされた。『Debut Special』と『Let’s Ondo Again Special』は選曲がまったく違う。(前述)

1991 『大瀧詠一Song Book1/大瀧詠一作品集(1980-1985)』(CBSソニー)※大滝の書き下ろした曲を歌う太田裕美、山口百恵、松田聖子、ラッツ&スター、西田敏行などのナンバーに、大滝はこの盤のみ収録の「A面で恋をして(Instrumental)」(バンドの録音で、カラオケではない)など全17曲収録

2010 『大瀧詠一Song Book1/大瀧詠一作品集(1980-1998)』(ソニー)※大滝の最高作である松田聖子「風立ちぬ」渡辺満里奈の「しあわせの予感」や97年の大滝のシングル「幸せな結末」など21曲収録されたが、肝心な1991年版の「A面で恋をして(Instrumental)」が外されている。

1995 『大瀧詠一Song Book2/大瀧詠一作品集(1971-1988)』(ビクター)※大滝の曲を歌う沢田研二、森進一、小林旭、アン・ルイス、かまやつひろし、薬師丸ひろ子の曲などに大滝本人の「ゆらりろ=(マルチスコープ)」が入っている。その他17曲収録。<br />

2002 小泉今日子『KYON3』(ビクター)※大滝が小泉のために1988年に書いた「怪盗ルビィ(小泉今日子&大滝詠一デュエット・ヴァージョン)」収録。<br />

2011 『Niagara CD Book(Box Set)』(ソニー)※『Debut』や多羅尾伴内楽團の2枚、シリア・ポール、シュガー・ベイブ、『Let’s Ondo Again』まで含めNiagara時代のアルバム12枚をオリジナル・ミックスでリイシュー。『Niagara Calendar』は78年版と81年版で分けて収録してある。

2014 『Best Always』(ソニー)※ベスト盤で初登場の大滝詠一本人が歌う「夢で逢えたら」、大滝が歌い始め、歌う順番が違う初登場のナイアガラ・トライアングルの「幸せにさよなら(Alternate Single Version)」、初登場の「ナイアガラ・ムーン(イン・ザ・プールMix)」、バックにピアノを前面に出した「烏賊酢是!此之鯉」のニューミックス、歌とカラオケをつないだ1分の「Cider ‘83」は初登場。フェイド・アウトではなくドラムで終わる「A面で恋をして(Single Version)」にはアナログ時代の最後の溝に入っていたシンセ・ドラムのマシンガン音まで1フレーズ入れたのは初。Single Version初登場は、『Niagara Calendar81年版と大きく違わないが分離が良くカスタネットとコーラスがよく聴こえる「青空のように」と、78年版とほぼ同じでエコーが少ない「Blue Valentine’s Day」の2曲も初CD化だ。シングルのみの「幸せな結末」「Happy Endで始めよう」「恋するふたり」と竹内まりやの2003年のアルバム『Longtime Favorites』に入っていた竹内まりや&大滝詠一のデュオ「Something Stupid」も収録、あと目立った違いは無いが「君は天然色」(冒頭の音合わせ無し)「さらばシベリア鉄道」(早くフェイド・アウト)「恋するカレン」(ヴォーカルが若干オフ気味)のSingle Versionが収録された。その他カラオケで「ナイアガラ・ムーン」「幸せにさよなら」「夢で逢えたら」「ROCK’N’ROLL退屈男」「CM Special Vol.2」「Cider ‘83」「夏のリビエラ」「幸せな結末」「Happy Endで始めよう」「恋するふたり」が収録され貴重。2位。

2015 鈴木雅之『All The Best-Martini Dictionary-(初回限定盤)』※197912月のシャネルズのライブに飛び入りした大滝がシャネルズをバックに「クリスマス音頭」「Who Put The BombIn The Bomp Bomp Bomp)」を歌う。

2015 『Niagara CD Book(Box Set)(ソニー)CD12枚組。1981年の『A Long Vacation』は幻に終わった12インチシングル5枚組仕様の『A Long Vacation Single Vox』で。同年のリード・メロディが入ったカラオケ『Sing Along V.A.C.A.T.I.O.N』、1982年の『Niagara Triangle Vol.2』はそのまま。1984年の『Each Time』は当初のCDとオリジナルの形でリリースされ、「レイクサイド・ストーリー」はフェイド・アウトの後にエンディング部分が入って完奏する「大エンディングヴァージョン」で復活した。同年にリリースされた12インチシングル5枚組はプラス4曲加えて『Complete Each Time Single Vox』として登場。「魔法の瞳」は330秒後に新たにサビ(「ブルーの夜明けまで…」以降の30秒)が加わったロング・ヴァージョン、「夏のペーパーバック」はイントロにベースの入らないシンプルなヴァージョン、「木の葉のスケッチ」はエンディングまで入った長いヴァージョンになった。「1969年のドラッグレース」はエンディングのギター音が長く伸びるヴァージョン、「恋のナックルボール」は曲が終わった後小さくSEと大滝の会話が入ると僅かに違い、「レイクサイド・ストーリー」はフェイド・アウトされたヴァージョン(その他の曲は1986年の『Complete Each Time』のCDと同じだが、このヴァージョンは30thで登場したファイド・アウトが最も長く最長)である。加えられた「Bachelor Girl」と「フィヨルドの少女」は通常のヴァージョン、Niagara Fall Of Sound Orchestraの「Bachelor Girl(Instrumental Version)」は1989年仕様の『Niagara Song Book 2』のみ収録されていたもの。「哀愁のフィヨルドの少女」は『Snow Time』で登場したインストの「Fiord」。その1986年にプロモのみでリリースされた『Snow Time』は、1996年にCD選書でリリースされたものではB面部分に1曲エレキ・インストが無かったので、Niagara Fall Of Sound Orchestraの「レイクサイド・ストーリー」(1989年以降のフェイド・アウトするもの)を外し、渡辺満里奈のシングルに書いた「うれしい予感」をインストにした「Yokan」を入れたが、本ボックスでは元に戻った。ただし本ボックスの『Snow Time』はCD選書ヴァージョンでしか聴けないアコーディオンが冒頭に加わった「木の葉のスケッチ」をそのまま残してくれた。そして外された「Yokan」は本ボックスの『Niagara Rarities Special』に収録されている。初CD化のディスクは1982年リリースの『Niagara CM Special Vol.2』で、曲名はクレジットされていないが冒頭の9秒だけの「NIAGARA CM Special Theme」と、「A面で恋をして」の3ヴァージョン「A面で恋をして(Narration)」「A面で恋をして(A Cappella)」「A面で恋をして(Track Only)」、さらに『A Long Vacation』のCM用の「Spot Special」「Instrumental Special」の6トラックが初CD化。1989年の『B-each Time Lon-g』はオリジナル仕様。Niagara Fall Of Sound Orchestra による1982年の『Niagara Song Book』と1984年の『Niagara Song Book 2』だが、曲名はオリジナルの形になったが、前者は1989年の仕様の「夢で逢えたら」のロング・ヴァージョンは元に戻され、後者は1984年仕様の『レイクサイド・ストーリー』の大エンディング・ヴァージョン仕様や、別ヴァージョンの「魔法の瞳」は使われなかった。ただし、後者の1989年版の2曲の差し替えについては先に紹介した「Bachelor Girl」に加え、もう1曲の「白い港」も『Niagara Rarities Special』に収められた。本ボックスの目玉「『Niagara Rarities Special』のレア・トラックは、初登場の「恋するふたり(Title Back Version)」で、ドラマの中で使われた約半分の長さのまったく異なるヴァージョン。2007年の「恋するふたり(7inch Version)」は、CDと違ってフェイド・アウトのあとにダンドビドゥのスキャットが入って完奏する別ヴァージョンだ。「幸せな結末(7inch Version)」の違いは不明。最もレアなのは1984年のプロモシングル収録の「ペパーミント・ブルー(Promotion Version)」と、同じ年の12インチシングルのみのプロモ収録の「夏のペーパーバック(Promotion Version)」と「真夏の昼の夢(Promotion Version)」の3曲。「ペパーミント・ブルー(Promotion Version)」のイントロは『Niagara Song Book 2』のイントロのストリングスに一見似ているが、歌が始まる30秒の直前までリズムまったく入らずストリングスのみで演奏も違う。その後は通常の「ペパーミント・ブルー」。「夏のペーパーバック(Promotion Version)」はNiagara Fall Of Sound Orchestraのヴァージョンの253秒から38秒までの間に大滝の歌うヴァージョンを入れ込んだもの。「真夏の昼の夢(Promotion Version)」はもっと凝っていてNiagara Fall Of Sound Orchestraのヴァージョンの後の242秒から、はじめはア・カペラで、その後にストリングスに合わせて歌っていて、倍の長さになっている。その他では1981年にFiord7名義でシングルリリースされた「哀愁のさらばシベリア鉄道(Organ Version)」も収録され初CD化。ただしこのシングルのもう片方の「哀愁のさらばシベリア鉄道(Guitar Version)」は、『Snow Time』の「Siberia」の訳だが、「Siberia」は最後の高音でのギターパートをそっくりカットしてその後のアドリブ・ギターを入れている編集なので、9秒短い。なお「恋するふたり(Strings Version)」はイントロ・エレピ・ヴァージョンの方で、2013年にリリースされたNiagara Fall Of Sound Orchestraの『Niagara Song Book 30th Edition』収録の「恋する二人」はイントロにストリングス被せた新ヴァージョンは入らなかったので手離さぬよう。(「幸せな結末」の方は収録された)そしてNiagara時代のコンピ集『Niagara Fall Stars’  81 Remix Special』には1981年にリリースされたLP BoxNiagara Vox』の『Niagara Fall Stars 2nd Issue』『More Niagara Fall Stars』『More More Niagara Fall Star』からVersion2の「すてきなメロディ」(7秒長い)Yuki Ya Kon-Kon」*「Fussa Strut Part2(最後まで歌が入っていて全くの別テイク。10秒長い)「あの娘に御用心」(アップテンポのラテンアレンジでまったくの別テイク。ドゥワップのアルバムのものより1分半短い)「恋はメレンゲ」(ドラムのパターンから違いアップテンポでアコーディオンを大きくミックスした軽快な完全別テイク。10秒長い) Mandshurian Beat」(バックを抑えめにギター音をよく響かせ哀調サウンドになっている)「霧の乙女号」*「Ride The Wild Surf」*やVersion3の「いつも通り」(Version2よりバックのミックスが僅かに大きい)「Cobra Twist」(エンディングに笛の音が入る)「Down Town」(ヴォーカルが若干オフ気味)「The Surfer Moon」*が収録されていた。なお*マークの多羅尾伴内楽團のテイクに顕著な差はない。

2015 『佐橋佳幸の仕事』(GT Music)※1997年に13年ぶりのシングルの為行われた幻の「ナイアガラ・リハビリ・セッション」からエルヴィスのカバーの「陽気に行こうぜ~恋にしびれて」を収録。『Debut Again』収録のものより冒頭のスタジオのやり取りが30秒多い。

2016 『DEBUT AGAIN(初回限定盤)(ソニー)※大滝詠一が他アーティストに提供した曲のデモ等を集めたセルフ・カバー集に、オマケとして1997年の再活動開始期にソニーでのリハビリ・セッションを初回限定でプラスしたアルバムだ。冒頭の1985年に小林旭のために書いた「熱き心に」がまずこの盤のハイライトの1曲。1994年に渡辺満里奈が歌った「うれしい予感」は、キーがオリジナルなので非常に低い。ミニアルバムでは222秒から35秒に登場する大サビの入っていない、シングル・ヴァージョンを使っている。1998年の「怪盗ルビイ」は2002年リリースの『Kyon3』に、小泉今日子と大滝の細かいつなぎ合わせのデュエット・ヴァージョンが収録されていたが、こちらは初登場の大滝のソロ・ヴァージョン。ラッツ&スターに提供した「星空のサーカス」と「Tシャツと口紅」はさすが男性用、キーが合うのでバックコーラスも完璧、自家薬篭中の出来。薬師丸ひろ子に提供した1983年の「探偵物語」「すこしだけやさしく」は、大滝が同年724日に西武球場で行ったコンサート「オールナイトニッポン・スーパーフェス’83」用に作ったオケで録音したソロで、アレンジから全く違う。前者は、ほぼオーケストラをバックにした薬師丸に比べ大滝はピアノのイントロからオーケストラが入りビートも感じられるアレンジで仕上げている。ただ大滝のソロ作品として見ると歌謡曲っぽさが強い曲想だ。後者の大滝ヴァージョンはカスタネットが加わりより大滝らしいサウンドになっていた。次は『Snow Time』で既に披露済みの「夏のリビエラ」。そして曲の魅力度ではこのアルバムの目玉である「風立ちぬ」の大滝ヴァージョンが登場する。使用したのは松田聖子に提供した1981年の123日に渋谷公会堂で行われた「ヘッドフォンコンサート」のライブ音源だった。キーを変えバッキングは新しく作られたが、基本的なアレンジは松田聖子ヴァージョンで、「探偵物語」ほどの違いはない。この音源にはブートで一部に出回っている松田聖子と同じキーで歌うデモヴァージョンがあり、そちらが収録されると思っていたが、よりキーが低く、歌声が地味だったので使われなかったのか。このブートには大滝本人が歌う「冬の妖精」のデモも入っていたがこれも収録されていない。最後は特典でしか聴けなかった「夢で逢えたら(Strings Mix)」が収録された。ハープシコードからスタート、その後はストリングスのバッキングなのでドリーミーな仕上がりでラストに相応しい。そしてオマケのディスク2。1997年に大滝がソロ活動再開をするためにソニーのスタジオで2ヶ月に渡って続いた「リハビリ・セッション」からの音源が続く。1928年のジミー・オースティンのカバー“My Blue Heaven”のカバー「私の天竺」で、中間に“Home On The Range”を入れるセンス、まさにナイアガラだ。続く「陽気に行こうぜ~恋にしびれて」(2015松村2世登場!version)は、ご存じエルヴィス・プレスリーのカバー・メドレーで、昨年リリースされた『佐橋佳幸の仕事1983-2015』に収録されたものから冒頭の30秒のスタジオでのやり取りをカットしたものだ。その後はカントリーのロジャー・ミラーとジョージ・ジョーンズのカバーのメドレー「Tall Tall TreesNothing Can Stop Me」と軽快なカバーが続いた。「うれしい予感」のB(扱い)で、植木等が歌った「針切じいさんのロケン・ロール」の大滝によるセルフ・カバー。このディスク2に回されたのは、オリジナルが1958年のノヴェルティ曲でそこにさくらももこが歌詞を付けたものだからで。大滝が歌うとまさにナイアガラ。3位。

2017 『Niagara 45rpm Vox』(ソニー)※大滝詠一のアナログシングル9+音源CD1枚の『Niagara 45rpm Vox』がリリースされて、大滝の音源リイシューがほぼ完成した。特に素晴らしいのはアナログだけで組まずにその音源のCDを付けた事。さてまず貴重なプロモ4枚の違いから。大滝詠一楽団名義の「ブルー・バレンタイン・デイ (インストゥルメンタル)」は、イントロにわざとスクラッチノイズが2回入り、「今日は」の歌いだしの部分のギターがリード用に入っている。A面は「ブルー・バレンタイン・デイ」のシングル・ヴァージョンで、モノはこれだけ。ただし大きな違いはない。同じく大滝詠一楽団名義の「青空のように (インストゥルメンタル)」はシングル・ヴァージョンのカラオケだが、カスタネットが『Niagara Calendar81年版並みに大きく入っている。エンディングはシングルより5秒短く「ランララララー」にからむ大滝のコーラスがあまり聴こえない。A面は「青空のように」のシングル・ヴァージョンで、モノはこれだけ。これも大きな違いはない多羅尾伴内楽團名義の「サーファー・ムーン (The Surfer Moon)Promo Version」はイントロのベースの音が大きくミックスされ印象が大きく違う。オリジナルの『多羅尾伴内楽團 Vol.2』の波の音はない。A面の「心のときめき (Ajoen Ajoen)Promo Version」もオリジナルの『多羅尾伴内楽團 Vol.2』の波の音が無く、頭に一瞬入るドラムではなく、イントロに5秒のドラムのソロが入る。このイントロのドラムは『Niagara Black Vox』『NIAGARA FALL STARS』などと同じだが、エンディングは1秒ちょっとでフェイドアウト、ほとんど聴こえない『Niagara Black Vox』、11秒ドラムが続く『NIAGARA FALL STARS』とエンディングが違う。なお『Niagara Black Vox』収録のものに波の音はない。最後はモンスター名義の「ピンク・レディ(Promo Version)」だが、『LET'S ONDO AGAIN』は頭に15秒の「Oh my darling…」のイントロがあり240秒で曲が終わる。最後にワウのような声が被り256秒から34秒まで小さく駕籠かきの掛け声が聞こえる。そして『Let's Ondo Again Special』にはさらにイントロの2526秒のブレイクにピーポーのような声が入っているが、このプロモには15秒までのイントロをカット、前述のイントロのブレイクはシングルでは1011秒になるがピーポーの声がなく、エンディングのあとのワウのような声もない。カップリングの多羅尾伴内楽團名義の「峠の早駕籠(Promo Version)」シングルの駕籠かきの掛け声が4秒で演奏が始まるが、『LET'S ONDO AGAIN』は掛け声が17秒、『Let's Ondo Again Special』は20秒から始まる。ちなみに『Let's Ondo Again Special』は演奏が始まって3秒後の掛け声のようなSEが大きく、15秒後の「ピッ」という声がこちらでは「ピピッ」と2回になっていた。続いてレギュラー盤。「お花見メレンゲ(Single Version)」が決定的にアルバムと違うのは大滝のヴォーカルがシングル・トラックであること。そしてヴォーカルは『NIAGARA CALENDAR '78』よりオンであり聴きやすく『NIAGARA CALENDAR '81』の演奏のオーバーダブは無い。加えてモノである。A面は「ブルー・バレンタイン・デイ」のシングル・ヴァージョン。「Cobra twistSingle Version) 」は、『GO! GO! NIAGARA』よりヴォーカルが若干オン気味で、時に最後の「Hey Little Cobra,Don’t You Know You’re Gonna Shut’em Down」のコーラスが大きくはっきりミックスされている所が違う。そのあとのリフレインは11回ではなく10回でフェイドアウトする。加えてこれもモノ。なお『NIAGARA FALL STARS '81 Remix Special』は最後のリフレインに変なオルガンのような音がオーバーダブされ30秒以上長く無駄に完奏している。他でも81年のミックスはフェイドアウトするものでも変なオルガン入り。A面は「青空のように」のシングル・ヴァージョン。多羅尾伴内楽團のシングル「霧の彼方へ (Mr. Moto)」は『NIAGARA FALL STARS Vol.1 2nd Issue』のテイクよりキーもピッチも低く、イントロのギターのエフェクトもなく堂々とした仕上がり。(エフェクトは『NIAGARA FALL STARS '81 Remix Special』の方がもっと大きい)このシングル・ヴァージョンは『多羅尾伴内楽團Vol.1』にB面の「悲しき北風 (The Last Leaf)」と一緒に収録されている。あと残りの2枚、「幸せにさよなら」と「ナイアガラ音頭」シングル・ヴァージョンAB面は『NIAGARA TRIANGLE Vol. 1 30th Anniversary Edition』に収録済み。


☆シングルのみ

1981 「哀愁のさらばシベリア鉄道(Guitar Version)」フィヨルド7(ソニー)※大滝変名のインスト。エンディングが違い9秒短い。カップリングは「哀愁のさらばシベリア鉄道(Organ Version)」。Guitar Versionのみ★未CD化。

1981 「A面で恋をして(Single Version)」(ソニー)※最後の無音溝にマシンガンの音が入っているので、オート・ピック・アップでないとエンドレスでシンセドラムのマシンガン音を繰り替えすようになっている。『Best Always』のCD収録のものは1回分、マシンガン音を入れるようになった。そのため未CD化とは言えない。


(◎はっぴいえんど時代の音源)

☆オリジナル・アルバム

2004 『はっぴいえんどBOX』(エイベックス・イオ)※3枚のスタジオ録音アルバム『はっぴいえんど』(70年)『風街ろまん』(71)、『HAPPY END』(72年)にアルバム未収録音源(未発表多数)12曲、そして数多くのライブ・アルバムに分散して収録されていたものに未発表をプラスした70~73年のライブ音源47曲(はっぴえんどの前身のヴァレンタイン・ブルーの70113日の「Bluebird」ライブ含む)、同時期のバックで演奏した14曲も収録された。さらに85615日の「All Together Now」のイベントで再結成された時のライブ4曲「12月の雨の日」「風をあつめて」「花いちもんめ」「さよならアメリカさよならニッポン」も収録された究極のボックス・セット


☆『はっぴいえんどBOX』未収録ライブ<

1999 松本隆『風街図鑑』(ソニー)※72825日名古屋勤労会館での「ちぎれ雲」のライブ収録。

2009 『はっぴいえんどLive On Stage(エレック/URC復刻プロジェクト2009(ポニーキャニオン)71414日「加橋かつみコンサート」での「いらいら」「しんしんしん」「12月の雨の日」「抱きしめたい」「はいからはくち」5曲、同821日「ロック・アウト・ロック・コンサート」での「春らんまん」「空いろのくれよん」「ももんが」「かくれんぼ」「はいからはくち」5曲収録。

2014 『岡林信康ロック・コンサート』(FUJI)※70109日のライブ「12月の雨の日」「かくれんぼ」2曲収録。他、岡林のバック8曲担当。

2014 『岡林信康コンサート』(FUJI)※70121日のライブ「かくれんぼ」「はいからはくち」2曲収録。


◎参考チャート・イン・シングル

81 君は天然色…36位、恋するカレン…66位、A面で恋をして…14位、85 フィヨルドの少女…31位、87 幸せな結末…2位、03 恋するふたり…7位 


 (作成:佐野邦彦)