2016年3月28日月曜日

Beach BoysのStudio Version「We Got Love」入りの『Holland』は、LPが5月、CDが6月に発売延期


以前紹介したアメリカのAcoustic Soundsによるビーチ・ボーイズのスタジオ・ヴァージョンの「We Got Love」入り『Holland』のSACD及び200gLP216日発売ということで待っていたのだが、いつまで経っても連絡がこないのでネット上で調べてみると、LP5月、CD6月発売に延期されていた。CD$30LP$40(「We Got Love」はEPの最後に収録)で、送料は2つ一緒だと$31で計$101と安くはない。バラバラで注文すると送料がかさむだけなので、6月まで待つしかなさそうだ。(日本のユニヴァーサルから4月にリリースされる『Holland』のCDには「We Got Love」は入っていないので、間違えて注文しないように)このAcoustic SoundsSACD180~200gLP及びハイレゾのパターンで、『Surfin’ Safari』から1985年の『The Beach Boys』までリリースされているが、まだこれから発売のものも本盤のように数点存在している。『Holland』のハイレゾは発売済で、「We Got Love」のスタジオ・ヴァージョンが最後のリフレインが多く50秒以上長い初登場ヴァージョンだったのは、既に紹介したとおりでマスト・バイ。このAcoustic SoundsLPにはMono盤とStereo(新規作成Stereo含む)盤があるのが売りで、『Holland』以外のLP$23(180g)$35(200g)で、EPがプラスされた『Holland』だけが$40になっている。ただこのAcoustic Sounds、日本ではamazon、タワー(売ったような痕跡はあるが発売前の相当前の日付で、さらに取扱終了とあるので販売していないと推測される)HMV、ディスクユニオンのどこも予約を取っていない。下記のURLから直接購入した方が良さそうだ。


なおこの中にSACD6月発売予定に『Sunflower(Stereo & Mono)』があるが、モノ盤は作られていないので、ここは気になるところ。まさかステレオを無理矢理モノミックス…じゃあないよね。(『Yellow Submarine』のモノLPがそうだった)。こういう限定販売のようなものは、日本の大手が取り扱ってくれてもとんでもない値段を付ける場合があるので要注意だ。例えばモンキーズのRhino Handmadeで今でも購入できる3枚組の『The Monkees(Super Deluxe Edition)』があるが、直でRhinoから買えば送料込$68.478000円で買える。ところがこれがHMVでは31741円、タワーで28933円と4倍近いぼったくり状態。輸入盤で高いものは、海外からの輸入価格と比較することが必須なので気を付けよう。話は変わって、ペットサウンズ50周年記念の2エディションが610日にリリースされるのは既にご承知だと思う。セコイ商売で、大元の『The Pet Sounds Sessions』の大半を使って、4CD+Blu-ray Audioの『Pet Sounds(50th Anniversary Collector’s Edition)』と2CDの『Pet Sounds(Deluxe Edition)』の2セットを作り、それぞれにライブ音源のディスクをプラスするなど、どちらも買わせようという魂胆だ。このライブは11曲ダブっているのに後者には68年アイオワでの「Sloop John B」、76年アナハイムの「Wouldn't It Be Nice」、2012年ロイヤル・アルバート・ホールの「Pet Sounds」「I Just Wasn’t Made For There Times」「Good Vibrations」のライブがプラスアルファされていて買わないといけないようにしてある。また前者のボックスには「I Know There’s An Answer(Vocal Session)」「Good Vibrations(Master Track With Partial Vocal)」の2トラックだけだが初登場で、うーんじゃあ買わないと。さらにこれは編集面だが元となる『The Pet Sounds Sessions』からヴォーカルオンリーは前者、オケは後者に振り分けるなど工夫していた。結局はどちらも自分のようなコレクターは入手しないといけない仕組みだ。(佐野邦彦)

0 件のコメント:

コメントを投稿