2014年9月7日日曜日

ユメトコスメ:『嘘だよ、過去形じゃなくて...!』



ソングライター、アレンジャーの長谷泰宏(はせ やすひろ)とヴォーカルのユミからなる男女ユニット"ユメトコスメ"がニューシングル『嘘だよ、過去形じゃなくて...!』を7インチ・カラーヴァイナル(CD-R付き)で自主制作リリースした。
一聴してソフトロック、ガールズポップ・ファンの琴線に触れるサウンドは、WebVANDA読者に大いにお勧めできるので紹介したい。

ユメトコスメを主宰する長谷については、09年にROUND TABLEの『FRIDAY I'M IN LOVE』へアレンジャー兼ピアニストで参加した際、インタビューをここでも掲載したが、近年ではアイドルグループのNegiccoへの楽曲提供、声優の中島愛と花澤香菜のシングルやアルバムにアレンジャーとして参加するなど多岐に渡って活躍している。
過去にはLampのファースト・アルバム『そよ風アパートメント201』(03年)のレコーディング・セッション、女性アーティスト"dahlia"のバックバンド・メンバーとして、現The Bookmarcsのギタリスト洞澤徹やDJ兼ベーシストのグルーヴあんちゃんと参加するなどキーボーディストとしての評価も高かった。

さて本シングル「嘘だよ、過去形じゃなくて...!」は、ユメトコスメとしては、「絶対ラヴモーション」(10年)、「キスとかキライとか」(12年)に続く3枚目のシングルで、前作は短冊形8cmCD!という徹底した拘り振りだったのを更に時代を遡り、7インチ・アナログ盤という究極のカタチでリリースしてくれた。長谷によると次作も7インチ・カラーヴァイナル(CD-R付き)というスタイルで予定しているらしい。
肝心の曲であるが、チェンバロ(ハープシコード)のバロックなフレーズから弦のピッツィカートとチューブラーベルが誘うドリーミーなイントロから期待は高まり、三連のリズムでキープされる現代的スペクター・サウンドは極めて完成度が高く、ユミのスウィートな声優系の声質と実にマッチしている。
とにかく弦やヴィブラフォンのオブリやアクセントのティンパニー、ブリッジのコーラス・アレンジのヴォイシングなど細部に至るまでよく練られていて、70年代の筒美京平による良質な歌謡曲をはじめ、急逝後も日本音楽界の至宝であり続ける大滝詠一から近年のマイクロスターまで、時代を超越して引き継がれたエバーグリーンなサウンドを踏襲したものである。



B面(懐かしい響きだ)は前作の「キスとかキライとか」が収録されているが、こちらはまるでロジャー・ニコルズ&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズの「Don't Take Your Time」を打ち込みで再現した様な高いクオリティで、筆者的にも両面最強の7インチと太鼓判を押したい。
なお本作は下記のユメトコスメのオフィシャル・サイトのみで販売しているので、興味を持った音楽ファンは是非購入して聴いてほしい。
ユメトコスメCDご注文フォーム
(ウチタカヒデ)


0 件のコメント:

コメントを投稿