2008年5月11日日曜日

「As Long As We're In Love」 Wouter Hamel



                 
              「As Long As We're In Love」 Wouter Hamel

今年1月末に来日公演をおこなった、オランダのジャズ系シンガーソングライターWouter Hamel(ウーター・ヘメル)のデビューアルバム『Hamel』(07)からの1曲で、筆者は年頭に聴き込んでいたのだが、このサウンドがもろに、ジェリー・ロス~ジョー・レンゼッティー的なノーザンソウル寄りのソフトロックなのだ。
一部の音楽通の間では既に注目されている本作のプロデューサー、ベニー・シングスの音楽的引き出しの一つなのかも知れないが、今後WEBVANDA読者にも注目のアーティストになると思われる。
(ウチタカヒデ)

0 件のコメント:

コメントを投稿