2011年2月24日木曜日

Orange Colored Sky:『Orange Colored Sky』(PICARD RECORDS/PIC0812014)



68年にMCAレコード傘下で、ストロベリー・アラーム・クロックなどが所属したサイケデリック・ポップ・レーベルのユニ(Uni)からリリースされた、Orange Colored Skyの唯一のアルバムが世界初CDリイシューされたので紹介したい。

Orange Colored Skyはペンシルバニア州エリー出身のラリーとヴィニーのヤンガー兄弟が中心となって62年に結成された。その後ニューヨークの名門クラブであるペパーミント・ラウンジのハウス・バンドとして活動し、68年には移住先の南カリフォルニアでユニ・レコード(67~73)と契約に至っている。同年にシングル「Orange Colored Sky/The Shadow Of Summer」と本アルバム、69年には「Happiness Is/Another Sky」「Mr. Peacock/Knowing How I Love You」「Sweet Potato/The Sun And I」と3枚のシングルをリリースした後ユニを離れた。
今回のリイシューでは上記の全シングルの音源をボーナス・トラックとして収録しており、アルバム重複曲の「Knowing How I Love You」と「The Sun And I」はヴァージョン違いとなっている。
ユニのサイケデリック・ポップ(ロック)・バンドといえば、ストロベリー・アラーム・クロックが最も有名であるが、他にもゲイリー・ゼクリー・ワークスの一つであるファン&ゲームスなどソフトロックの文脈で語られるバンドが少なくない。このあたりは弊誌佐野編集長監修のディスクガイド書籍、『Soft rock A to Z』最終改訂版の『SOFT ROCK The Ultimate!』を読んで頂きたい。

プロデューサーのノーマン・グレッグ・H・ラトナーについても少し触れておこう。彼はマーク・エリックの『Midsummer's Day Dream』(69年)を手掛けたことでソフトロック・ファンにも認知されていると思う。74年にはソウル・ヴォーカル・グループのヒューズ・コーポレーションの「Rock The Boat」を手掛け全米1位にするなど活動のフィールドを広げ、後にABC/ダンヒル・ユニバーサル・レコードの副社長に登りつめることになる。
バンドとしてのOrange Colored Skyは、ほぼ全てのソングライティングとアレンジを手掛けるキーボーディストのワルター・シルヴィンスキーがサウンドのイニシアティヴを取っているのが大きな特徴になっているが、セルフ・コンテインド・バンドのウイークポイントというべき演奏能力の低さがアレンジに追いついてない瞬間も多々耳にする。とはいえ、シルヴィンスキーのソングライティング・センスはそれを補って余りあるほど魅力的な曲が多い。
冒頭からボナー&ゴードン作品に通じる高揚感溢れる「The Sun And I」で引き込まれる。もたりながら跳ねるドラミング(途中走ったりと突っ込み所が多いw)によって妙なシンコペーションを形成しているのが面白い。バースでのピチカートとトレモロのコントラストが効いたストリングスに比べ、工夫が感じられないコーラス・アレンジはちょっと残念だ。続く「The Shadow Of Summer」はトニー・マコウレイを思わせるハートフルなソングライティングで、シルヴィンスキーのハモンド・オルガンはここでもアレンジの要になっている。
またレイジーなサイケ・ムード漂う「Just Like Humpty Dumpty」も悪くないが、個人的なアルバムのハイライト曲は「L.A.」だ。ジャケットの色彩を連想させる心情風景をよく現している。7月に来日公演するゾンビーズにも通じるポップスの徒花的ムードはシクスティーズ通にはたまらない。



オリジナル・アルバム未収録のシングル曲では、69年の映画『The Love God?』のために書き下ろされた?「Mr. Peacock」が貴重だろう。映画ヴァージョンではダーレン・ラヴ配するブロッサムズがヴォーカルを担当しているが、ここではOrange Colored Skyのオリジナル・ヴァージョンとなっている。この曲でもギタリストとドラマーの演奏力の稚拙さが露わになっていてもどかしくなる。



ユニでのラスト・シングルとなった「Sweet Potato」は、プロデューサーであるラトナーのその後の趣向を暗示させるファンキーなノベルティ・ポップで悪くないが、バンドとしてのスタイルは既に崩壊しており契約を切られるのも頷ける。70年にはマイナー・レーベルのピープルへ移籍しシングル1枚をリリースし、その後MGMでマイク・カーブの元、名匠ドン・コスタのアレンジでロックオペラ「Jesus Christ Superstar」をレコーディングしているが、アルバム製作までには至っていない。
なんでもOrange Colored Skyは現在も活動を続けているらしく、結成時のオリジナル・メンバーは残っていないが、南カリフォルニアのローカル・バンドとしてビーチボーイズのカバーなどを演奏して観客を楽しませているらしい。
(ウチタカヒデ)


0 件のコメント:

コメントを投稿