2009年6月30日火曜日

☆Gary Lewis & The Playboys:『The Complete Liberty Singles』(Collector's Choice Music/CCM2013)

音楽誌は一切読まないのでインターネットのチェックだけが頼りの今日この頃、この大事なCDAmazonのオススメで気づいたという情けない有様だった。
さて我らがゲイリー・ルイス&ザ・プレイボーイズ。スナッフ・ギャレット、レオン・ラッセルの両巨頭にアル・キャップス、ジャック・ニッチェというポップスの達人が集まって作り上げた彼らの曲は、1965年から1966年に7曲連続の全米トップ10、その後もトップ203曲、トップ301曲と、輝かしい成績を残し、今も多くのポップス・ファン(特にソフト・ロック系のファン)に愛され続けているのはWeb VANDAの読者の皆さんなら周知のこと。山下達郎、大瀧詠一という日本のポップスの2大巨頭が揃ってゲイリー・ルイス&ザ・プレイボーイズのファンであり、自分の曲の中に彼らの曲を取り入れている(「土曜日の恋人」に「We'll Work It Out」、「君は天然色」に「Everybody Loves A Clown」)という事実だけでも、彼らの曲がどれだけ魅力的なのかよく分かるだろう。さて、このCDはタイトルのとおりゲイリー・ルイス&ザ・プレイボーイズの歴史のほとんどといってもいい1965年から1970年までのリバティ時代の全シングル曲をAB面ともに集めたものだ。全45曲、18曲が初CD化、「May The Best Man Win」、「Main Street」、「Every Day I Have To Cry Some」、「Gary's Groove」の4曲がはじめてアルバム化された曲で、「Mister Memory」は未発表曲である。そのほとんどがディスク2、後半に集中している。ゲイリー・ルイス&ザ・プレイボーイズのヒット曲がどれだけ素晴らしいかを書き始めるといくら紙面があっても足りないし、またWeb VANDAの読者の方は耳タコだろうから一切、書かない。いくつか気づいた点のみ書いておこう。未発表の「Mister Memory」は「Rhythm Of The Rain」に差し替えられてボツになってしまった曲だが、チャチで貧弱な「Rhythm Of The Rain」に比べ、メロディ、サウンドの全てで上回るなかなかの佳曲で収穫だった。初CD化の曲ではロン・ダンテが書いた「Ice Melts In The Sun」がキャッチーなチューンで注目、「Happiness」はエコーたっぷりでいかにもジャック・ニッチェだ。既にCD化されたがロッド・マクブライエンが2度もカバーした「Let's Be More Than Friends」も心惹かれるメロディを持つ傑作である。ちなみにこのCDで曲目としては全てがだぶってしまった『The Legendary Masters Series』だが、この盤の「My Heart's Symphony」のみイントロにスタジオノイズとカウントが入っているので、決して手離してはいけないので要注意。また私が選曲させていただいた東芝EMIの『ベスト・オブ・ゲイリー&ザ・プレイボーイズ』(これでしか聴けない「Young And Carefree」、「Elusive Butterfly」、「How Can I Thank You」という名曲もあるので未入手の方は是非)の「Sure Gonna Miss Her」はシンコペーションのついたキーボード(木琴?)が入った歯切れのいいシングル・ヴァージョンなのだが、今回のベストや前述の「Legendary...」など、他のベストの全てが音のスカスカなアルバム・ヴァージョンを使っているのは残念だ。特に本盤はシングル集と名づけているのでこれではCompleteとは言い難い。(佐野)




2009年6月22日月曜日

John Bromley:『Songs』(Rev-Ola/CRREV 281)



John Bromley(ジョン・ブロムリー)は、60年代にThe KodellsやThe Three People(ピーター・ポール&マリー・スタイルの男女3人のヴォーカル・グループ)のメンバーとして活動後ソロに転向し、ソングライターとしても知られたマンチェスター出身のアーティストだ。 本作は69年にリリースされた、ブロムリーの唯一のソロアルバム『Sing』全曲と、ボーナストラック16曲を追加した初のCD音源である。

 ジャッキー・デシャノンの「Come On Down (From The Top Of That Hill)」(67年)の作者として、またはシャーリー・ベッシーのアルバム『I Capricorn』(72年)などのプロデューサーとして、熱心なポップス通に知られるブロムリーだが、アーティストとしての活動はアルバム『Sing』1枚とシングル5枚をリリースしたのみでその後は裏方に回った様だ。 本作の元となったオリジナル・アルバム『Sing』のプロデューサーはSharon Tandyなどを手掛けたGraham Dee。オーケストレーションなどアレンジを主導したのはDeeとの仕事も多いGerry Shuryで、キーボーディストとしても貢献している。因みにShuryはトニー・マコウレイとThe Fantasticsを手掛けた他、ビージーズや「Kung Fu Fighting」で知られるカール・ダグラス(元ゴンザレス)など70年代も大いに活躍していた。 アルバム全般でバッキングを担っているのは、第二期キング・クリムゾンに参加するゴードン・ハスケルや後にブリティッシュ・スワンプの名作ソロを発表するブリン・ハワースを配したFLEUR DE LYS(フラ・デ・リーズ)で、随所で彼らの名演が聴けるのもポイントの一つだ。 シンガーとしてのブロムリーはテクニックや表現力こそ一級とはいえないが、トニー・バロウズあたりを彷彿させる瞬間があって曲の世界を見事に描いている。
アルバムのサウンド的特徴は、60年代中後期のサイケデリック・ムーブメントを通過したブリティッシュ・ロックを軸にバブルガム・ポップやソフトロックなどバラエティに富み、プロデューサーとしての視点が早くから開眼していたといえる。
なお今回の目玉であるボーナストラックであるが、ファーストシングル「What A Woman Does」(68年)のB面「My My」と5枚目のシングル「Kick A Tin Can/Wonderland Avenue」(69年)のAB面のリリース音源3曲をはじめ、4枚目のシングル「Hold Me Woman」と『Sing』収録の4曲の他未発表曲を加えた計13曲のデモ・ヴァージョンが収録されている。


それでは本作の聴きどころを少々説明しょう。3枚目のシングルにカットされたバブルガム・ポップ風味の「Melody Fayre」、ハワースのヘヴィなギター・リフの導入部からストリングスを配したパートへと展開するアレンジの完成度が高い「So Many Things」。 トラフィック(デイヴ・メイソン)を思わせるアーシーなバースの流れからポップなリフレインが耳に残る「Sugar Love」、ポール・マッカートニー直系で木管を配したシャッフルの「Old Time Mover」や、オールドタイミーの麗しい「Weather Man」。
ボーナストラックでは未発表曲が断然素晴らしく、ビートルズ初期のジョン・レノンのソングライティングを彷彿させるバラードの「For Once in My Life」や「All the People in the World」は、独特な喪失感を漂わせて好きにならずにいられない。 ロストサマー感覚でメランコリックな「Comic Conversation」は、ウエッブの「Wichita Lineman」やブライアンの「Surf's Up」にも引けを取らない隠れた名曲で、この1曲だけで本作を買う意味があるかも知れない。
なおアマゾンで流通している2種の米盤だがどちらも内容は同じなので、5月末に取り扱いが始まった方が、安価な上流通も安定しているのでそちらをお勧めする。
 (ウチタカヒデ)


2009年6月19日金曜日

Radio VANDA 第111回放送リスト(2009/7/2)

Radio VANDA は、VANDA で紹介している素敵なポップ・ミュージックを実際にオンエアーするラジオ番組です。

Radio VANDA は、Sky PerfecTV! (スカパー) STAR digio の総合放送400ch.でオンエアーしています。

日時ですが 木曜夜 22:00-23:00 1時間が本放送。
再放送は その後の日曜朝 10:00-11:00 (変更・特番で休止の可能性あり) です。

佐野が DJ をしながら、毎回他では聴けない貴重なレア音源を交えてお届けします。



特集:Johnny Rivers


 1. Secret Agent Man

 2. Memphis

 3. Maybelline

 4. Mountain Of Love

 5. Midnight Special

 6. Poor Side Of Town

 7. Baby I Need Your Lovin'

 8. The Tracks Of My Tears

 9. By The Time I Get To Phoenix

 10. Carpet Man

 11. Tunesmith

 12. Sidewalk Songs/27th Street

 13. Do What You Gotta' Do

 14. Rosecrans Boulevard

 15. The Eleventh Song

2009年6月7日日曜日

☆Neil Young:『Neil Young Archives Vol.1(1963-1972)』(Warner/476732-2)DVD☆Neil Young:『Neil Young Archives Vol.1(1963-1972)』(Warner/175292-2)CD

ブルーレイ、DVDCDと3つのフォーマットでリリースされたニール・ヤングのアーカイヴス。多くのレア音源を含み、待望久しかったボックスセットである。特にこのVol.11963年から1972年までと、最も聴きたい時期の音源集なので、個人的にも指折り数えて待っていた。CD8枚組、DVDとブルーレイは映画の『Journey Through The Past』を入れた10枚組(映画以外の基本の曲目は全て同じ)だが、値段がCD1万円、DVD25千円、ブルーレイ35千円と高額で、今回はブルーレイを除く2フォーマットで購入した。
 さて、率直に行ってこれだけのお金を払った価値があったかと問われると、ファンとしてはなんとか納得できるが、期待以下だったというところ。特にCDDVD共に最近のリリースであるライブ盤の『Live At The Fillmore East 1970』と『Live At Massey Hall 1971』を入れたのはいわば「水増し」で、とても承服できない。そしてDVD(&ブルーレイ。以下DVDと記すものはブルーレイフォーマットも含む)は映画と『Massey Hall』以外動く映像はなく、収録が音だけではこういうメディアを使った価値が乏しい。ただしDVDの各ディスクには当時の貴重な写真や記事が収録されているし、DVDのみにHidden Tracksやシークレット・トラックが散りばめられていて、そのいくつかは当時のライブ映像なので価値はあるのだが、それならボーナス映像は1枚のボーナスディスクにまとめればよかったし、わざわざDVD10枚組なんていう規模にする必要はまったくなかった。ではまずCDフォーマットをベースにして基本の共通の曲目について紹介しよう。もちろんレア音源のみだ。作曲はニールのオリジナルが基本なので違っているときのみ記載するものとする。まず『Early Years 1963-1969』である。冒頭の6曲はニールのデビュー時のバンドであるSquiresの音源だ。冒頭の「Aurora/The Sultan」は1963年にリリースされた「デビュー作品」なのだが、下手くそなエレキ・インストで、ニール・ヤングを感じさせるものはまったくない。残る1964年から65年に録音された未発表の「I Wonder」「Mustang」「I'll Love You Forever」「(I'm A Man AndI Can't Cry」の4曲はシンプルなロックナンバーばかりで、デビューシングルよりは進歩しているがニールらしさはほとんど感じられない。1965年にニールとCornie Smithで録音したデモの「Hello Lonely Woman」「Casting Me Away From You」「There Goes My Baby」はそれぞれブルース、カントリー、フォークで、ニールのルーツミュージックへのアプローチがここで始まっている。そして同年の12月にはお馴染みの「Sugar Mountain」「Nowadays Clancy Can't Even Sing」のデモが録音され、ニールらしい音楽スタイルはここで固まったようだ。ただ同時に録音されたオリジナルの「Runaround Babe」「The Ballad Of Peggy Grover」「Extra Extra」「The Rent Is Always Due」(「I Am A Child」のもとのメロディ一部あり)は、レベルが低いと見なされ、オフィシャル録音はされないまま。賢明だ。ここからはバッファロー・スプリングフィールド時代の音源となるが、19669月に録音された「Down Down Down」は後の「Broken Arrow」の原曲。ニールとスティルスの2人で書いたエキゾキックなインスト「Kahuna Sunset」なる珍品もあった。19672月に録音された「Sell Out」はニール、そしてバッファローにしては珍しいタイプのイージーなビート・ナンバーで、当然ながらボツになった。その他では意図不明のきれいなインスト「Slowly Burning」があり、もう1曲の「One More Sign」のみ、ニールらしい哀調があり、なかなかのナンバーだった。『Topanga1(1968-1969)』と題されたディスクは「Everybody Knows This In Nowhere」の超貴重なDJコピー盤からスタートする。アコースティックでリコーダーも入るまったく別のアレンジで驚かされる。688月に録音された「Birds」は、我々が知っているピアノによるアルバム・ヴァージョン、ギター中心のシングル・ヴァージョンとはまったく違う、バンド・サウンドながらピアノも入る初めて聴くアレンジで驚かされた。「What Did You Do To My Life」はアルバム・ヴァージョンより歯切れがよく、なかなかの聴きものだ。ファースト・アルバムのハイライトの1曲「I've Been Waiting For You」の初登場ミックスはギター、ベースがオン、キーボードが奥に引っ込み迫力がある。その他では「Sugar Mountain」の初登場ステレオ・ミックス、68年の「Nowadays Clancy Can't Even Sing」の初登場ライブが収録されていた。初登場の弾き語りライブ『Live At The Riverboat(Toronto 1969)』は、価値ある1枚だ。11曲を歌うがバッファロー時代の曲の「Expecting To Fly」「Broken Arrow」をはじめ「Flying On The Ground Is Wrong」「On The Way Home」「I Am A Child」と5曲を占め、ファースト・アルバムからは「The Old Laughing Lady」「I 've Loved Her So Long」「The Last Trip To Tulsa」「Whisky Boot Hill」の4曲と、この時代ならではの選曲が楽しめた。『Topanga 21969-1970)』ではまず「Oh Lonesome Me」の初登場ステレオ・ミックス、前日のギター中心のアレンジの「Birds」シングル・ヴァージョンが登場する。そしてクレイジー・ホースとのコラボでセカンド・アルバム以降に録音されたのが、698月録音の「Everybody's Alone」と10月録音の「Dance Dance Dance」。どちらも劇的に作曲能力が進化しているニールにとってはキャッチーなフレーズがなく、そのためボツにした曲だろう。クレイジー・ホースとの702月のライブ「It Might Have Been」は珍しいカバー曲で、カントリー。『Topanga 3(1970)』はまずカントリー・タッチの特徴のない未発表「Wonderin'」からスタートする。CSN&Yとして録音された706月のライブの「Only Love Can Break Your Heart」、7月録音のライブ「Tell Me Why」はCSN&Yの完璧なハーモニーが曲を覆う。おそらくCNYでのハーモニーと思われるがCNのコーラスは完璧すぎ、逆に違和感がある。ニール自身のヴァージョンの方が聴きやすい。後はその4年後に発表することになる「See The Sky About To Rain」のライブ。それはピアノの弾き語りなので、イメージはあまり違わない。ラストは『North Country1971-1972)』はまず711月の「Heart Of Gold」の実発表ライブからスタート、お得意の弾き語りだ。2月のライブの「Bad Fog Of Loneliness」はハーモニーもいいし、内容充実の仕上がりだ。同月録音のライブ「Dance Dance Dance」もバンジョーなどを入れカントリータッチにして大正解、出来のいいライブになった。ロンドン・フィルがバックを担当した「A  Man Needs A Maid」、カントリータッチの「Journey Through The Past」、ピアノの弾き語りの「Solidier」はそれぞれ初登場ミックス、そして締めはニールとグラハム・ナッシュとのコラボ作品で、ギターの重厚なリフとハーモニーが最強にマッチしたシングル「War Song」だ。いい曲だったのにずっとリイシューされず切歯扼腕していたので嬉しい収録だ。 次にDVDへ移ろう。映画『Journey Through The Past』にはCSN&Yでの「Ohio」の一部やバッファロー・スプリングフィールドの「Rock And Roll Woman」の一部という本ディスクでしか見られない貴重映像はあるものの、製作意図が分からない謎の映画なので心にはまったく残らない。これだけでCDに比べ2.5倍もするDVDを買う価値はないが、ところがDVDには多くの隠しトラック(Hidden Tracks)が収められていて、それで見つけてなんとか満足を得ることができた。ただ非常にHidden Tracksを探すのは難しく、まだ探せない曲がいくつもあるのだが、とりあえず先にレポートをと思って中途半端な形で書いているので、お許し願いたい。隠しトラックは曲目がメニューから出ることはまったくなく、基本的には「Song Selection」で曲を選んだ時に十字キーで画面の関係ない部分へ適当に動かすと羽ペンが出てくる時があり、それをクリックすると隠しトラックが出てくるといういやらしい作りになっている。もうひとつの入り口は「More」を選んでさらに「Timeline」を選んだ時に、画面にピンが打ってあるところがあり、それが隠しトラックと、シークレットトラックの入り口になっている。このシークレットトラックはクレジットすらないので要注意。例えば『Early Years1966-1968)』の「Mr.Soul」ではそのまま再生ボタンを押すのではなく、下に隠れて半分見えているシートまでカーソルを当てると196748ABC放送のハリウッド・パレスでのバッファロー・スプリングフィールドの「Mr.Soul」のライブの完全版が見られる。映画『Journey Through The Past』のものは不完全版。ここでの「MoreTimeline」では3本のピンが出るがそれが隠しトラックで、一番右の「This Is It」では6855月、ロングビーチでのバッファローのラスト・ライブを聴くことが出来、後半はニールとスティルスのギター・バトルが延々楽しめる。1430秒もの長尺だ。『Topanga 21969-1970)』の「Timeline」のピンは、これはシークレットトラックでまず一番左が1969818日、ウッドストックでのスティルスのオープンチュ-ニング・ギターをバックにした「Mr.Soul」、これははっきり言って成功していない。逆に内容が最もいいのが真ん中のピン、19699月、ABCCSN&Yとして出演した時の「Down By The River」で、緊張感溢れる素晴らしいライブが堪能できる。なお、この映像はかつて『Music Scene』というDVDにも収録されていた。また「Song Selection」の「Sea Of Madness」で下に半分見えているシートを選んでそこをクリックすると699月にCSN&YとしてBig Sur Folk Festivalに出演した時のライブをシークレットで見ることができる。ニールは座ってキーボードを弾きながら歌っているので、カメラは前半ナッシュがリード・ヴォーカルと勘違いしてニールになかなかカメラが当たらない。『Topanga 3(1970)』の「Timeline」のピンでのシークレットトラックは、まずは706月のCSN&Yでの「On The Way Home」のアコースティック・ライブ。歌もカメラ・アングルも最高でまさに『4Way Street』。スティルスを指差し、クロスビーと笑い転げるニールの姿を見ると思わず嬉しくなってしまう。もうひとつは706月のニューヨークのカフェでの弾き語りの「The Loner」とフィルモア・イーストでの「Cinnamon Girl」の弾き語りだった。「Song Selection」で「Ohio」を選び下に半分見えているシートを選ぶと7110月のボストンでのCSN&Yの熱い熱いアコースティックでの「Ohio」を聴くことができる。「When You Dance I Can Really Love」や「Don't Let It Bring You Down」では左右にカーソルを動かし羽ペンを見つけて隠しトラックを聴くことができるが、聴けるのはそれぞれの曲のVersion2、特に「When You Dance...」はラフで印象が違っていた。そして『North Country1971-1972)』の「Timeline」のシークレットはロンドン・シンフォニー・オーケストラをバックに歌う「There's A World」で、これには驚かされた。映像まであったとは。そしてもうひとつはブルースで、19719月、Stray Gatorsとのコラボの「Gator Stomp」だった。まだ隠しトラックが見つかっていないが、情報を寄せてください。(佐野)