2013年3月17日日曜日

LIVE IN JAPAN公演日・選曲特集その2


The Rolling Stones Live In Japan
 
★第1
1990214
東京ドーム(S10000円)
1.    Start Me Up
2.    Bitch
3.    Sad Sad Sad
4.    Harlem Shuffle
5.    Tumbling Dice
6.    Miss You
7.    Ruby Tuesday
8.    Play With Fire
9.    Rock And A Hard Place
10.  Mixed Emotions
11.  Honky Tonk Women
12.  Midnight Rambler
13.  You Can't Always Get What You Want
14.  Can't Been Seen(Keith)
15.  Happy(Keith)
16.  Paint It Black
17.  2000 Light Years From Home
18.  Sympathy For The Devil
19.  Gimme Shelter
20.  It's Only Rock'n'Roll
21.  Brown Sugar
22.  Satisfaction
23.  Jumpin' Jack Flash
 
1990216
東京ドーム(S10000円)※8曲目がAngie
 
1990217
東京ドーム ※8曲目がAlmost Hear You Sigh
 
1990219
東京ドーム ※8曲目がAngie
 
1990220
東京ドーム ※7曲目がAngie、以降9曲目から13曲目が繰り上がり、13曲目にLittle Red Roosterが入った。
 
1990221
東京ドーム ※217日と同じ選曲。
 
1990223
東京ドーム ※214日と同じ選曲。
 
1990224
東京ドーム ※217日と同じ選曲。
 
1990226
東京ドーム ※214日と同じ選曲。
 
1990227
東京ドーム ※216日と同じ選曲。
 
★第2
199536
東京ドームS10000円)
1.    Not Fade Away
2.    Tumbling Dice
3.    You Got Me Rocking
4.    It's All Over Now
5.    Live With Me
6.    Sparks Will Fly
7.    Satisfaction
8.    Angie
9.    Sweet Virginia
10.  Doo Doo Doo Doo Doo
11.  Love Is Strong
12.  I Go Wild
13.  Miss You
14.  Honky Tonk Women
15.  Before They Make Me Run(Keith)
16.  Slipping Away(Keith)
17.  Sympathy For The Devil
18.  Monkey Man
19.  Street Fighting Man
20.  Start Me Up
21.  It's Only Rock'n'Roll
22.  Brown Sugar
23.  Jumpin' Jack Flash
 
199538
東京ドーム
1.    Not Fade Away
2.    Tumbling Dice
3.    You Got Me Rocking
4.    Shatterd
5.    Rocks Off
6.    Sparks Will Fly
7.    Satisfaction
8.    Love In Vain
9.    Dead Flowers
10.  It's All Over Now
11.  Love Is Strong
12.  I Go Wild
13.  Miss You
14.  Honky Tonk Women
15.  Before They Make Me Run(Keith)
16.  Slipping Away(Keith) 17曲目以降は36日と同じ。
 
199539
東京ドーム
1.    Not Fade Away
2.    Tumbling Dice
3.    You Got Me Rocking
4.    All Down The Line
5.    Rocks Off
6.    Spark Will Fly
7.    Satisfaction
8.    No Expectations
9.    Let It Bleed
10.  Rock And A Hard Place ※11曲目以降は36日と同じ。
 
1995312
東京ドーム ※36日の4曲目がLive With Me5曲目がRocks Off10曲目がRock And A Hard Place
 
1995314
東京ドーム ※38日の8曲目がBeast Of Burden9曲目がOut Of Tears10曲目がDoo Doo Doo Doo Doo16曲目がThe WorstKeith)。
 
1995316
東京ドーム ※36日の4曲目がLive With Me5曲目がRocks Off8曲目がBeast Of Burden9曲目がAngie10曲目がIt's All Over Now
 
1995317
東京ドーム ※38日の4曲目がIt's All Over Now8曲目がBeast Of Burden9曲目がMemory Motel10曲目がRock And A Hard Place
 
1995322
福岡ドーム ※36日の5曲目がRocks Off8曲目がBeast Of Burden9曲目がAngie10曲目がRock And A Hard Place
 
1995323
福岡ドーム ※38日の4曲目がIt's All Over Now5曲目がShattered9曲目がSweet Virginia10曲目がDoo Doo Doo Doo Doo16曲目がThe WorstKeith)。
 
★第3
1998312
東京ドームS10000円)
1.    Satisfaction
2.    Let's Spend The Night Together
3.    Flip The Switch
4.    Gimme Shelter
5.    Angie
6.    Bitch
7.    Saint Of Me
8.    Out Of Cotrol
9.    Under My Thumb
10.  Miss You
11.  You Don't Have To Mean It(Keith)
12.  Wanna Hold You(Keith)
13.  Little Queenie
14.  The Last Time
15.  Like A Rolling Stone
16.  Sympathy For The Devil
17.  Tumbling Dice
18.  Honky Tonk Women
19.  Start Me Up
20.  Jumpin' Jack Flash
21.  You Can't Always Get What you Want
22.  Brown Sugar
 
1998314
東京ドーム
1.    Satisfaction
2.    Let's Spend The Night Together
3.    Flip The Switch
4.    Gimme Shelter
5.    Anybody Seen My Baby
6.    19th Nervous Breakdown
7.    Saint Of Me
8.    Out Of Control
9.    Star Star
10.  Miss You
11.  Thief In The Night(Keith)
12.  Wanna Hold You(Keith) ※以下312日と同じ。
 
1998314日、316
東京ドーム
1.    Satisfaction
2.    Let's Spend The Night Together
3.    Flip The Switch
4.    Gimme Shelter
5.    Sister Morphine
6.    It's Only Rock'n'Roll
7.    Saint Of Me
8.    Out Of Control
9.    Shine A Light
10.  Miss You
11.  All About You(Keith)
12.  Wanna Hold You(Keith)
13.  Little Queenie
14.  Let It Bleed ※以下312日と同じ。
 
1998317
東京ドーム ※314日の6曲目がYou Got Me Rocking9曲目がMemory Motel14曲目がCrazy Mama
 
1998320
大阪ドーム ※312日の5曲目がAnybody Seen My Baby6曲目がIt's Only Rock'n'Roll9曲目がTime Is On My Side
 
1998321
大阪ドーム ※314日の5曲目がAngie6曲目がYou Got Me Rocking9曲目がUnder My Thumb14曲目がI Just Want To Make Love To You
 
★第4
2003310
東京 日本武道館S席22000円)
1.    Jumpin' Jack Flash
2.    You Got Me Rocking
3.    Live With Me
4.    Let It Bleed
5.    No Expectations
6.    Rocks Off
7.    Everybody Needs Somebody To Love
8.    Worried About You
9.    Midnight Rambler
10.  Slipping Away(Keith)
11.  Before They Make Me Run(Keith)
12.  Start Me Up
13.  It's Only Rock'n'Roll
14.  Rock Me Baby
15.  Can't You Hear Me Knocking
16.  Honky Tonk Women
17.  Tumbling Dice
18.  Brown Sugar
19.  Satisfaction
 
2003312
横浜アリーナ
1.    Street Fighting Man
2.    It's Only Rock'n'Roll
3.    If You Can't Rock Me
4.    Don't Stop
5.    Monkey Man
6.    You Got Me Rocking
7.    Ruby Tuesday
8.    Loving Cup
9.    All Down The Line
10.  Tumbling Dice
11.  Slipping Away(Keith)
12.  Happy(Keith)
13.  Sympathy For The Devil
14.  Start Me Up
15.  Honky Tonk Women
16.  Satisfaction
17.  Mannish Boy
18.  When The Whip Comes Down
19.  Brown Sugar
20.  Jumpin' Jack Flash
 
2003315
東京ドームS13200円)
1.      Brown Sugar
2.      Start Me Up
3.      You Got Me Rocking
4.      Don't Stop
5.      Rocks Off
6.      You Can't Always Get What You Want
7.      Bitch
8.      Can't You Hear Me Knocking
9.      Tumbling Dice
10.   Slipping Away(Keith)
11.   Before They Make Me Run(Keith)
12.   Sympathy For The Devil
13.   It's Only Rock'n'Roll
14.   Little Red Rooster
15.   Midnight Rambler
16.   Gimme Shelter
17.   Honky Tonk Women
18.   Street Fighting Man
19.   Jumpin' Jack Flash
20.   Satisfaction
 
2003316
東京ドーム
1.      Brown Sugar
2.      Start Me Up
3.      It's Only Rock'n'Roll
4.      Don't Stop
5.      All Down The Line
6.      Angie
7.      Monkey Man
8.      Midnight Rambler
9.      Tumbling Dice
10.   Slipping Away(Keith)
11.   Happy(Keith)
12.   Sympathy For The Devil
13.   When The Whip Comes Down
14.   Mannish Boy
15.   You Got Me Rocking
16.   Gimme Shelter
17.   Honky Tonk Women
18.   Street Fighting Man
19.   Satisfaction
20.   Jumpin' Jack Flash
 
2003320
大阪ドーム
1.      Brown Sugar
2.      You Got Me Rocking
3.      Start Me Up
4.      Don't Stop
5.      Rocks Off
6.      You Can't Always Get What You Want
7.      Bitch
8.      Can't Hear Me Rocking
9.      Tumbling Dice
10.   Thru And Thru(Keith)
11.   Before They Make Me Run(Keith)
12.   Sympathy For The Devil
13.   It's Only Rock'n'Roll
14.   Let It Bleed
15.   Midnight Rambler 16曲以降は316日と同じ。
 
2003321
大阪ドーム
1.      Brown Sugar
2.      Start Me Up
3.      It's Only Rock'n'Roll
4.      Don't Stop
5.      All Down The Line
6.      Wild Horses
7.      Monkey Man
8.      Midnight Rambler
9.      Tumbling Dice
10.   Slipping Away(Keith)
11.   Happy(Keith)
12.   Sympathy For The Devil
13.   Mannish Boy
14.   Like A Rolling Stone
15.   You Got Me Rocking 16曲目以降316日と同じ。
 
★第5
2006322
東京ドーム(GC席55000円、S17500円)
1.      Jumpin' Jack Flash
2.      Let's Spend The Night Together
3.      She's So Cold
4.      Oh No,Not You Again
5.      Sway
6.      As Tears Go By
7.      Tumbling Dice
8.      Rain Fall Down
9.      Night Time Is The Right Time
10.   This Place Is Empty(Keith)
11.   Happy(Keith)
12.   Miss You
13.   Rough Justice
14.   Get Off Of My Cloud
15.   Honky Tonk Women
16.   Sympathy For The Devil
17.   Paint It Black
18.   Start Me Up
19.   Brown Sugar
20.   You Can't Always Get What You Want
21.   Satisfaction
 
2006324
東京ドーム
1.      Start Me Up
2.      It's Only Rock'nRoll
3.      Oh No,Not You Again
4.      Bitch
5.      Tumbling Dice
6.      Worried About You
7.      Ain't Too Proud To Beg
8.      Midnight Rambler
9.      Gimme Shelter
10.   This Place Is Empty(Keith)
11.   Happy(Keith)
12.   Miss You
13.   Rough Justice
14.   You Got Me Rocking
15.   Honky Tonk Women
16.   Sympathy For The Devil
17.   Jumpin' Jack Flash
18.   Brown Sugar
19.   You Can't Always Get What You Want
20.   Satisfaction
 
2006329
札幌ドーム
200642
さいたまスーパーアリーナ
1.      Jumpin' Jack Flash
2.      It's Only Rock'n'Roll
3.      Let's Spend The Night Together
4.      Oh No,Not You Again
5.      Angie
6.      Rain Fall Down
7.      Bitch
8.      Midnight Rambler
9.      Tumbling Dice
10.   This Place Is Empty(Keith)
11.   Happy(Keith)
12.   Miss You
13.   Rough Justice
14.   Start Me Up
15.   Honky Tonk Women
16.   Sympathy For The Devil
17.   Paint It Black
18.   Brown Sugar
19.   You Can't Always Get What You Want
20.   Satisfaction
 
200645
名古屋ドーム ※42日と3曲目がShe's So Cold5曲目がRuby Tuesday7曲目がYou Got Me Rocking8曲目がGimme Shelter14曲目がGet Off Of My Cloud
 
★第6
2014226
東京ドーム(GC席80000円、S18000円)
1.      Get Off Of My Cloud
2.      It's Only Rock'n'Roll
3.      Tumbling Dice
4.      Wild Horses
5.      Emotional Rescue
6.      Doom And Gloom
7.      Bitch
8.      Honky Tonk Women
9.      Slipping Away(Keith)
10.   Before They Make Me Run(Keith)
11.   Midnight Rambler
12.   Miss You
13.   Paint It Black
14.   Gimme Shelter
15.   Start Me Up
16.   Brown Sugar
17.   Jumpin' Jack Flash
18.   Sympathy For The Devil
19.   You Can't Always Get What You Want
20.   Satisfaction
 
201434
東京ドーム
1.      Start Me Up
2.      You Got Me Rocking
3.      It's Only Rock'n'Roll
4.      Tumbling Dice
5.      Angie
6.      Doom And Gloom
7.      Silver Train
8.      Honky Tonk Women
9.      Slipping Away(Keith)
10.   Happy(Keith)
11.   Midnight Rambler
12.   Miss You
13.   Paint It Black
14.   Gimme Shelter
15.   Jumpin' Jack Flash
16.   Sympathy For The Devil
17.   Brown Sugar
18.   You Can't Always Get What You Want
19.   Satisfaction
 
201436
東京ドーム ※34日と1曲目がJumpin' Jack Flash5曲目がRuby Tuesday7曲目がRespectable10曲目がBefore They Make Me RunKeith Richards on lead vocals)、15曲目がStart Me Up
 
※ローリング・ストーンズのライブは、1972年に中止になって以来、ドラッグの関係で長く入国禁止が続き不可能な状態が続いていた。しかしソロ活動を始めたミック・ジャガーが1988年に初来日コンサートを行い、自分も見に行ったが、ミックがOKと言うことは、ストーンズの来日も近いと確信できた。そして案の定、1990年についにローリング・ストーンズの待望の来日コンサートが実現する。その半月後には、1975年にマリファナの持ち込みで逮捕され国外退去になったポール・マッカートニーもソロとしては初来日コンサートを実現させており、翌年にジョージ・ハリスンwithエリック・クラプトンと、超大物ミュージシャンの初来日コンサート・ラッシュが続いた。私はストーンズとは距離を置いているのではと思われがちだが、ストーンズの音源をパーフェクトに集めることを目標としているコレクターで、つい先日も大枚はたいてeBayでデモ・ヴァージョンの「Brown Sugar」と「Wild Horses」が入った『Hot Rocks』の超初期プレス盤を入手したばかり。そして誰か忘れたが有名ミュージシャンが「ロックンロールでどんな音楽だったのと聞かれたらJumpin' Jack Flashを聴かせる」と言っていたが、自分も全く同意で、この曲こそがロックの魅力の全てを凝縮したものだ。前置きが長くなったが、1990年のコンサートではドーム内の巨大な歩道橋なようなステージが組まれていて、ミックはその長い階段を一気に駆け上がって歌を歌うという超人的なパフォーマンスを見せてくれた。しかし東京ドームのコンサートは音が悪く、結局は巨大スクリーンを見るだけなので、以降は行っていない。最後の来日の可能性が高い今年のステージは、今の状態なら行けたのに残念だった。(佐野邦彦)



Paul McCartney Live In Japan

 

★第1

199033日、35日、37日、38日、311日、313

39日 ※27曲目にP.S.Love Me Doを追加。

東京ドーム(S7000円)

1.      Figure Of Eight

2.      Jet
3.      Got To Get You Into My Life
4.      Rough Ride
5.      Band On The Run
6.      We Got Married
7.      Let 'Em In
8.      The Long And Winding Road
9.      The Fool On The Hill
10.   SGT.Pepper's Lonely Hearts Club Band
11.   Good Day Sunshine
12.   Can't Buy Me Love
13.   Put It There
14.   Hello Goodbye
15.   Things We Said Today
16.   Eleanor Rigby
17.   This One
18.   My Brave Face
19.   Back In The USSR
20.   I Saw Her Standing There
21.   Coming Up
22.   Let It Be
23.   Ain't That A Shame
24.   Live And Let Die
25.   Hey Jude
26.   Yesterday
27.   Get Back
28.   Golden Slumbers
29.   Carry That Weight
30.   The End
 
★第2
19931112日、1113日、1114日、1115
東京ドームS席8000円)
19931118日、1119
福岡ドーム
1.      Drive My Car
2.      Coming Up
3.      Looking For Changes
4.      Jet
5.      All My Loving
6.      Let Me Roll It
7.      Peace In The Neighbourhood
8.      Off The Ground
9.      Can't Buy Me Love
10.   Robbie's Bit
11.   Good Rocking Tonight
12.   We Can Work it Out
13.   I Lost My Little Girl
14.   Ain't No Sunshine
15.   Hope Of Deliverance
16.   Michelle
17.   Biker Like An Icon
18.   Here There And Everywhere
19.   Yesterday
20.   My Love
21.   Lady Madonna
22.   C'mon People
23.   Magical Mystery Tour
24.   Let It Be
25.   Live And Let Die
26.   Paperback Writer
27.   Back In The USSR
28.   Penny Lane
29.   SGT.Peppers Lonely Hearts Club Band
30.   Band On The Run
31.   I Saw Her Standing There
32.   Hey Jude
 
★第3
20021111日、1113(18曲目と19曲目が逆)1114(18曲目と19曲目が逆)
東京ドームS席14000円)
1.      Hello Goodbye
2.      Jet
3.      All My Loving
4.      Getting Better
5.      Coming Up
6.      Let Me Roll It
7.      Lonely Road
8.      Driving Rain
9.      Your Loving Game
10.   Blackbird
11.   Every Night
12.   We Can Work It Out
13.   You Never Give Me Your Money
14.   The Fool On The Hill
15.   Here Today
16.   Something
17.   Eleanor Rigby
18.   Here There And Everywhere
19.   Michelle
20.   Band On The Run
21.   Back In The USSR
22.   Maybe I'm Amazed
23.   Let 'Em In
24.   My Love
25.   She's Leaving Home
26.   Can't Buy Me Love
27.   Live And Let Die
28.   Let It Be
29.   Hey Jude
30.   The Long And Winding Road
31.   Lady Madonna
32.   I Saw Her Standing There
33.   Yesterday
34.   SGT.Pepper's Lonely Hearts Club Band
35.   The End
 
20021117日、1118
大阪ドーム ※18曲目がMichelle19曲目にCalico Skiesを追加、20曲目がHere There And Everywhere
 
★第4
20131111日、1112
大阪 京セラドーム
20131115
福岡ドーム
20131118日、1119日、1121
東京ドームS席16500円)
1.      Eight Days A Week
2.      Save Us
3.      All My Loving
4.      Listen To What The Man Said
5.      Let Me Roll it
6.      Paperback Writer
7.      My Valentine
8.      Nineteen Hundred And Eighty-Five
9.      The Long And Winding Road
10.   Maybe I'm Amazed
11.   I've Just Seen A Face
12.   We Can Work It Out
13.   Another Day
14.   And I Love Her
15.   Blackbird
16.   Here Today
17.   New
18.   Queenie Eye
19.   Lady Madonna
20.   All Together Now
21.   Lovely Rita
22.   Everybody Out There
23.   Eleanor Rigby
24.   Being For The Benefit Of Mr.Kite
25.   Something
26.   Ob-La-Di,Ob-La-Da
27.   Band On The Run
28.   Back In The USSR
29.   Let It Be
30.   Live And Let Die
31.   Hey Jude
32.   Day Tripper
33.   Hi,Hi,Hi
34.   Get Back
35.   Yesterday
36.   Helter Skelter
37.   Golden Slumbers
38.   Carry That Weight
39.   The End

 ★第5
2015421
大阪 京セラドームS18000円。武道館以外同じ)
2015年4月23
東京ドーム
2015425
東京ドーム ※1曲目をEight Days A Weekに変更
2015427
東京ドーム ※4曲目をListen To The Man What He Saidに変更
1.    Magical Mystery Tour
2.    Save Us
3.    Can't Buy Me Love
4.    Jet
5.    Let Me Roll it
6.    Paperback Writer
7.    My Valentine
8.    Nineteen Hundred And Eighty-Five
9.    The Long And Winding Road
10.  Maybe I'm Amazed
11.  I've Just Seen A Face
12.  We Can Work It Out
13.  Another Day
14.  Hope For The Future
15.  And I Love Her
16.  Blackbird
17.  Here Today
18.  New
19.  Queenie Eye
20.  Lady Madonna
21.  All Together Now
22.  Lovely Rita
23.  Eleanor Rigby
24.  Being For The Benefit Of Mr.Kite
25.  Something
26.  Ob-La-Di,Ob-La-Da
27.  Band On The Run
28.  Back In The USSR
29.  Let It Be
30.  Live And Let Die
31.  Hey Jude
32.  Day Tripper
33.  Hi,Hi,Hi
34.  I Saw Her Standing There
35.  Yesterday
36.  Helter Skelter
37.  Golden Slumbers
38.  Carry That Weight
39.  The End
 
2015428
日本武道館SS100000円)
1.    Can't Buy Me Love
2.    Save Us
3.    All My Loving
4.    One After 909
5.    Let Me Roll it
6.    Paperback Writer
7.    My Valentine
8.    Nineteen Hundred And Eighty-Five
9.    Maybe I'm Amazed
10.  I've Just Seen A Face
11.  Another Day
12.  Dance Tonight
13.  We Can Work It Out
14.  And I Love Her
15.  Blackbird
16.  New
17.  Lady Madonna
18.  Another Girl
19.  Got To Get You Into My Life
20.  Being For The Benefit Of Mr.Kite
21.  Ob-La-Di,Ob-La-Da
22.  Back In The USSR
23.  Let It Be
24.  Live And Let Die
25.  Hey Jude
26.  Yesterday
27.  Birthday
28.  Golden Slumbers
29.  Carry That Weight
30.  The End
 

※ポール・マッカートニーはウィングス時代の1975年に来日しながら堂々とマリファナを持ち込んでいたため逮捕され、当然、公演は中止となって強制送還された。その後、ポールは「Frozen Jap」なんてインストをアルバムに入れたりしており、もともとヨーコとの確執もあり、もう日本には来ないのではと思っていた。ビートルズ時代に比べて、冴えがなくなった印象のポールだったが、大きなヒットの数で他のビートルズ・メンバーを圧倒し、その才能は尽きることはなかった。個人的には『McCartney』の「Every Night」とか『Ram』の「The Back Seat Of My Car」とか『Wild Life』の「Tomorrow」のようなアルバム内で光るキャッチーなナンバーが好きで、シンプルなアレンジの方がポールの曲は光ると感じていた。そんなポールも1990年にローリング・ストーンズの来日とほぼ一緒に初の日本公演が実現することになる。ウィングス時代の全米ツアーからビートルズ・ナンバーの封印を解いたポールは、公演の度にビートルズ・ナンバーが増えていき、第1回でも30曲中18曲がビートルズ・ナンバーで、やはりそちらの方が盛り上がる。特に必殺の「Golden Slumbers」からのメドレーはファンなら泣くしかない。しかし東京ドームは関係者でもないと前の席は難しく、巨大スクリーンで楽しむだけ。音も良くないので、2回目、3回目は行かず、4回目は入院中で行けずCS放送を録画、先日の5回目の来日となるはずだった国立競技場は車椅子で友人の運転で会場近くに車を止め、いざ会場へとなったら突然の公演中止。会場前は大混雑で、もっと早くに中止を発表してくれればとため息をついた。ポールが約束した再来日にはその友人と車椅子で見に行くことができた。(佐野邦彦)
 
George Harrison Live In Japan
 
★第1
1991121
横浜アリーナ
1991122日(※8曲目をカット)、123日・1210日・1211日・1212日(※7、8をカット)
大阪城ホール
1991125
名古屋市国際展示場(※7曲目、8曲目をカット)
1991126
広島サンプラザ(※7曲目、8曲目をカット)
1991129
福岡国際センター(※7曲目、8曲目をカット)
19911214日・1215日・1217日(※7曲目、8曲目をカット)
東京ドーム(S9000円)
1.      I Want To Tell You
2.      Old Brown Shoe
3.      Taxman
4.      Give Me Love
5.      If I Needed Someone
6.      Something
7.      Fish On The Sand
8.      Love Comes To Everyone
9.      What Is Life
10.   Dark Horse
11.   Piggies
12.   Pretending(Eric Clapton)
13.   Old Love(Eric Clapton)
14.   Badge(Eric Clapton)
15.   Wonderful Tonight(Eric Clapton)
16.   Got My Mind Set On You
17.   Cloud Nine
18.   Here Comes The Sun
19.   My Sweet Lord
20.   All Those Years Ago
21.   Cheer Down
22.   Devil's Radio
23.   Isn't It A Pity
24.   While My Guitar Gently Weeps
25.   Roll Over Beethoven
 
※ジョージ・ハリスンの単独ツアーは1974年のDark Horseツアーが過去にあるだけで、この1991年の親友エリック・クラプトンを帯同したツアーは日本でしか行われなかった。そしてこれが最後の単独ツアーであり、私達は歴史的なコンサートを見られて光栄だった。自分が中学生になった1970年、ジョージはソロで衝撃的な『All Things Must Pass』を出し、ヒットも連発、アフター・ビートルの中で最も早く成功を収めていた。そして学校の友達もみんな映画の『Let It Be』を見に行っていたので、女の子の人気は圧倒的にハンサムなジョージだった事を思い出す。私達は、ジョージの隠されていた才能に驚き、解散後はジョージの時代もあるのではと思っていたが、以降はこれほどのインパクトのあるアルバムは作れず、一定の熱心なジョージ・ファンが、支えてきたように思う。しかしこのツアー前には「Got My Mind Set On You」が全米1位と見事にカムバック、盛り上がった中での日本ツアーだった。息子を不幸な転落事故で亡くしたクラプトンの申し出によりこのジョージのツアーが実現したという。全23曲中、10曲がジョージのソロ、9曲がビートルズ・ナンバー、4曲がクラプトンのナンバーで、バランス良く配置された。やはりハイライトは、実際にクラプトンがギターを弾いていた「While My Guitar Gently Weeps」で最も盛り上がっていた。このツアーの模様は『Live In Japan』としてCD化されている。ライブ映像も『Dark Horse Years』のボックス内のDVD4曲を見ることができる。(佐野邦彦)
 
The Beatles Live In Japan
 
★第1
1966630
東京 日本武道館(A2100円、B1800円、C1500円)
196671日(12公演)
東京 日本武道館
19667212公演)
東京 日本武道館
1.      Rock And Roll Music
2.      She's A Woman
3.      If I Needed Someone
4.      Day Tripper
5.      Baby's In Black
6.      I Feel Fine
7.      Yesterday
8.      I Wanna Be Your Man
9.      Nowhere Man
10.   Paperback Writer
11.   I'm Down
 
※当然のことながらビートルズの公演は自分が9歳の時なので行けるはずもなく、紹介だけである。ビートルズは自分にとって永遠の1位で、これほど多く聴いたアーティストは他にはなく、それでいて飽きることなどない。ビートルズに出会ったのは小5の事で、最初に買った「I Want To Hold Your Hand/She Loves You/Please Please Me/Twist And Shout」のコンパクト盤で、小4の時にロックの扉を開いてくれたベンチャーズから一気に歌もの、ビートルズのファンに鞍替えさせてくれた。最初に買ったLPは確か小6で「SGT.Peppers Lonely Hearts Club Band」をジャケ買いした。この頃は何の知識もないので、全てのレコードの購入は賭けである。この年には最新盤として「Let It Be」のシングル・ジャケットがレコード店に並んでいたが、初期~中期のコンパクト盤を買っていた自分にとってあまりの容貌の変化(特にジョン)に、誰が誰だか見分けがつかなかったことを思い出す。小学校の時に学校へ行く前の僅かな時間に好きなシングルを1枚、聴いていくのが日課で楽しみだった。だってその曲がバス通学のあいだ、頭の中にずっと鳴ってくれていたから。一番のヘビロテは「Hello Goodbye」。今でも自分の最も好きなビートルズ・ナンバーである。サウンドが自分の理想そのもので完璧。続いて「No Reply」。ジョンとポールのハモりは全てのヴォーカル・グループで最強、いつ聴いても心が鷲づかみにされる。「If I Fell」もそうだが、二人のハーモニーはどっちがリードなのか分からず、ごちゃ混ぜにして歌う人も多い。そしてそれぞれの声の音圧が比類なく、だからパーフェクトなハーモニーになる。好きな曲は初期から中期までがジョン、中期から後期がポールの曲が多く、並べてみるとポールの曲が多い。音楽誌を見ると音楽評論家が選ぶのは圧倒的にジョンの曲だが、どうも違和感があるのは自分だけだろうか。ポップな曲を下に見るのが音楽評論家なる連中にはカッコいいのだろう。さて、何も書くことがないので、想い出を書いたが、かつて日本テレビで「一度限りの再放送」としてオン・エアーされ、LD『ビートルズ武道館コンサート』として発売されたのは630日公演の方(だから「再放送」といコピーは間違い)。来日当時、放送され50%近い視聴率を取った方は71日のコンサートだった。この7月1日の方がポールのマイクが動かず出来がいい。昔VHSでレンタルされていたのはこっちの71日の方だったのだが。なお、当時の入場券の2100円は、ビーチ・ボーイズの1200円に比べても圧倒的に高く、物価的に10倍ちょっと上がっているので、今では2万以上の高額チケットだった。(佐野邦彦)



 
Neil Young Live In Japan
 
★第1
197633
名古屋 愛知県体育館
197634日・35日・36 36日は5曲目がLet It Shine18曲目は無し
大阪 大阪フェスティバルホール
197638
福岡 九電記念体育館 17曲目と18曲目が逆。
1976310
東京 日本武道館(S3000円)※17曲目と18曲目が逆。
1. Tell Me Why
2. Mellow My Mind
3. After The Goldrush
4. Too Far Gone
5. Only Love Can Break Your Heart
6. A Man Needs A Maid
7. No One Seems To Know
8. Heart Of Gold
9. Country Home
10. Don't Cry No Tears
11. Down By The River
12. Lotta Love
13. Like A Hurricane
14. The Losing End
15. Drive Back
16. Southern Man
17. Cinnamon Girl
18. Cortez The Killer
 
1976311
東京 日本武道館
1. Tell Me Why
2. Mellow My Mind
3. After The Gold Rush
4. Too Far Gone
5. Only Love Can Break Your Heart
6. Let It Shine
7. A Man Needs A Maid
8. No One Seems To Know
9. Heart Of Gold
10. Country Home
11. Don't Cry No Tears
12. Cowgirl In The Sand
13. Lotta Love
14. Like A Hurricane
15. The Losing End
16. Drive Back
17. Southern Man
18. Cortez The Killer
19. Cinnamon Girl
 
★第2
1989427
横浜文化体育館
1. My My,Hey Hey(Out Of The Blue)
2. Days That Used To Be
3. Pocahontas
4. Sail Away
5. Helpless
6. For The Turnstile
7. This Old House
8. After The Gold Rush
9. Heart Of Gold
10. Eldorado
11. Mr.Soul
12. Cinnamon Girl
13. No More
14. Powderfinger
15. Rockin' In The Free World
16. Hey Hey,My My(Into The Black)
17. Southern Man
18. Cortez The Killer
19. Cinnamon Girl
 
1989428日、429
東京 NHKホール(S6500)
1. My My,Hey Hey(Out Of The Blue)
2. Days That Used To Be
3. Someday
4. Pocahontas
5. Helpless
6. For The Turnstiles
7. This Old House
8. After The Gold Rush
9. Heart Of Gold
10. Eldorado
11. Powderfinger
12. Cinnamon Girl
13Cortez The Killer
14. No More
15. Mr.Soul
16. Rockin' In The Free World
17. Hey Hey,My My(Into The Black)
 
1989430
東京 NHKホール
1.Comes A Time
2.Sugar Mountain
3.The Needle And The Damage Done
4.Rockin' In The Free World
5.This Note's For You
6.Long Walk Hpme
7.Someday
8.For The Turnstiles
9.Four Strong Winds
10.Heart Of Gold
11.Eldorado
12.Powderfinger
13.Cocaine Eyes
14.No More
15.Cinnamon Girl
16.Down By The River
17.Mr.Soul
18.Rockin' In The Free World
19.Tonight's The Night
 
198952
大阪フェスティバルホール
1.My My,Hey Hey(Out Of The Blue)
2.Rockin' In The Free World
3.Comes A Time
4.This Note's For You
5.Helpless
6.Someday
7.For The Turnstiles
8.Four Strong Winds
9.Heart Of Gold
10.Eldorado
11.Powderfinger
12.Cocaine Eyes
13.No More
14.Cinnamon Girl
15.Down By The River
16.Mr.Soul
17.Rockin' In The Free World
18.Hey Hey,My My(Into The Black)
 
198955
名古屋新公会堂
1.My My,Hey Hey(Out Of The Blue)
2.Rockin' In The Free World
3.The Needle And The Damage Done
4.This Note's For You
5.Helpless
6.Pocahontas
7.For The Turnstiles
8.Bad Fog Of Loneliness
9.Heart Of Gold
10.Eldorado
11.Powderfinger
12.Cocaine Eyes
13.No More
14.Cinnamon Girl
15.Cortez The Killer
16.Mr.Soul
17.Rockin' In The Free World
18.Hey Hey,My My(Into The Black)
 
★第3回
2001728
フジロック・フェスティバル
1.      Don't Cry No Tears
2.      I've Been Waiting For You
3.      Love And Only Love
4.      Piece Of Crap
5.      Goin' Home
6.      When I Hold You In My Arms
7.      From Hank To Hendrix
8.      Only Love Can Break Your Heart
9.      The Needle And The Damage Done
10.   Standing In The Light Of Love
11.   Gateway Of Love
12.   Hey Hey,My My(Into The Black)
13.   Sedan Delivery
14.   Like A Hurricane
15.   Rockin' In The Free World
16.   Poederfinger
17.   Roll Another Number
18.   Tonight's The Night
 
★第4回
20031110
大阪城ホール
1.      Falling From Above
2.      Double E
3.      Devil's Sidewalk
4.      Leave The Driving
5.      Carmichael
6.      Bandit
7.      Grandpa's Interview
8.      Bringin' Down Dinner
9.      Sun Green
10.   Be The Rain
11.   Hey Hey,My My(Into The Black)
12.   Crime In The City
13.   Powderfinger
14.   Love And Only Love
15.   Cinnamon Girl
16.   Cortez The Killer
17.   Fuckin' Up
 
20031112
福岡サンパレス ※1110日の12曲目がAll Along The Watchtower1517曲目が無く代わりにLike A Hurricaneが入った。
 
20031114
東京 日本武道館 ※1110日の12曲目がAll Along The Watchtower1517曲目が無く代わりにRockin' In The Free Worldが入った。
 
20031115
東京 日本武道館 ※1110日の12曲目がAll Along The Watchtower13曲目がSedan Delivery、続いてLove And Only LovePowderfingerとなり、16曲目がRockin' In The Free World17曲目がLike A Hurricaneだった。
 ※ニール・ヤングを知ったのは1970年、CSN&Yの『Deja VU』を入手した時だ。その時は「Helpless」とかあまりいい曲に思えず、ヤングを意識していなかったが、同年の『After The Gold Rush』を買って、その素晴らしいメロディ・メーカーぶりと、一度聴いたら忘れられないハイトーンの切ない歌声に夢中になり、直ちにCSN&Yで最も好きなナンバーになった。『Everbody Knows This In Nowhere』も『Harvest』もいいアルバムだったが、未だにこの『After The Gold Rush』を超えるアルバムはない。そして当然ながらBuffalo Springfieldに入っていった。1976年の第1回は、漫画を集めていて音楽から離れていた時期だったので来日自体に気が付かなかった。そのため、1989年の第2回の来日に足を運ぶ。やはり心惹かれるのは「Heart Of Gold」「After The Gold Rush」「Cinnamon Girl」や「Helpless」「Mr.Soul」などの初期のナンバーになってしまう。ニール本人はいつも変化を恐れないチャレンジ精神に溢れたミュージシャンで、今に生きているのだが、ファンとはそんなもの。(佐野邦彦)


Graham Nash Live In Japan
 
★第1
19901121
東京 渋谷クラブ・クアトロ(5000円)
1.      To The Last Whale  A.Critical Mass  B.Wind On The Water
2.      Just A Song Before I Go
3.      Never Say Goodbye
4.      Marrakesh Express
5.      Simple Man
6.      Lady Of The Island
7.      Wasted On The Way
8.      America
9.      Cowboy Of Dreams
10.   House Of Broken Dreams
11.   I Used To Be A King
12.   Military Madness
13.   Cathedral
14.   Our House
15.   Teach Your Children
 
※グララム・ナッシュはCSN&Yの「Deja VU」で「Teach Your Children」「Our House」と最も暖かくポップなナンバーを書いていてヤングの次に好きなメンバーだった。シンプルな演奏のソロ・アルバムの『Songs For Beginners』や、仲のいいデビッド・クロスビーと組んだクロスビー&ナッシュの『Graham Nash & David Crosby』でのナッシュの曲は素晴らしく、70年代の初期は熱心に聴いていたもの。そのナッシュが、渋谷のクラブ・クアトロに来るというのでさっそくチケットを買った。会場は超満員。ナッシュの人柄溢れた暖かいコンサートで、途中、小さな女の子が花束を持ってナッシュの元へいくと嬉しそうに受け取ったり、笑顔に溢れていた。しかし、スリーマイル島の原発事故以来、熱心な脱原発活動をしていたナッシュだけあり、「Military Madness」の歌詞を変えて「nuclear madness kill the country」と歌って大喝采、ソロでの来日はただ1回だけだったが、今の日本にまた来たらどう歌うだろうか。(佐野邦彦)
 
 
The Hollies Live In Japan
Graham Nash在籍時)
 
★第1
1968424日 
東京 渋谷公会堂
1968425日 
東京 サンケイホール
1. Stop Stop Stop 
2. Just One Look
3. I'm Alive
4. Look Through Any Window
5. I Can't Let Go
6. Bus Stop
7. Carrie Anne
8. On A Carousel
9. Jennifer Eccles
10. Dear Eloise
11. Butterfly
12. The Times, They Are Changing'
13. A Taste Of Honey
 
※オマケで載せたが、当然ながら11歳の時なのでこのコンサートには行けていない。ただEagle VisionからリリースされたDVDLook Through Any Window 1963-1975』内の「King Midas In Reverse」では全編が1968年のホリーズ日本公演でのカラーフィルムで構成されていた。東京と京都で撮影していて、クラークの木刀をナッシュが花で止めたり、ナッシュが甘栗を買ったり、ヒックスが三味線を弾く真似をしたりと日本を満喫しているようだ。どこかの公園の木に、そこには日本人がいくつもあいあい傘を書いているのだが、そこにナッシュがマジックでまずハートマークを書いてその中に漢字で平和、英語でPEACEと書いたのは、いかにも平和主義者で知られるナッシュらしくて嬉しくなった。そして一瞬、昔の渋谷の道玄坂商店街を歩くシーンがあり、懐かしくて目が釘付けに。古本屋が映っていたが、鮮明な記憶がある。中学の友人が道玄坂に住んでいてしょっちゅう遊びに行っていたが、この先に必ず行っていたヤマハが...と目を皿のようにしたが、残念ながら映っていなかった。(佐野邦彦)


The Moody Blues Live In Japan
 
★第1
1974118
東京 日本武道館(S3000円)
1974119
名古屋市公会堂
1974121
京都会館第一ホール
1974122日、123
大阪 厚生年金会館大ホール
1.      Higher And Higher
2.      Out And In
3.      The Story In Your Eyes
4.      One More Time To Live
5.      Tuesday Afternoon
6.      Legend Of A Mind
7.      Watching And Waiting
8.      Eternity Road
9.      Melancholy Man
10.   After You Came
11.   When You're A Free Man
12.   Are You Sitting Comfortably
13.   The Dream
14.   Have You Heard(Part 1)
15.   The Voyage
16.   Have You Heard(Part 2)
17.   Nights In White Satin
18.   I'm Just A Singer
19.   Question
20.   Ride My See-Saw
 
※黄金の5人のメンバーで来日した唯一のコンサート。ムーディー・ブルースと下記のピンク・フロイドを知ったのは1970年のミュージックライフの「プログレッシブ・ロックの旗手ピンク・フロイドとムーディー・ブルース」という記事で、まずムーディー・ブルースのシングル「Candle Of Life/Question」という名曲中の名曲の組み合わせのシングルを買ったので一気に気に入り、アルバムはジャケットが気に入って『To Our Children's Children's Children』を買い、それがまた大成功、今でもジャスティン・ヘイワードとジョン・ロッジがいて、マイク・ピンダーもいるムーディー・ブルースは大好きで、コレクティングを続けている。新曲は作らずマイク・ピンダー脱退直前のムーディー・ブルースだったが、メロトロンの音色に酔いしれた。選曲も良く、「Candle Of Life」と「Gypsy」が入れば完璧だっただろう。ただ、レコードの印象と違ってライブでの音量は非常に大きく、プラスチックの固定されたイスが振動でビリビリするほど。そんな中でも人間は眠れるもので、12曲目から16曲目までのメドレーで長く続く幻想的なメロトロンの演奏の最中、気持ちよくて一瞬眠ってしまったことを思い出す。(佐野邦彦)

Pink Floyd Live In Japan
(※Roger Watersがいた時代)
 
★第1
197186日、87日(※5曲目がSet The Controls For The Heart Of The Sun
箱根アフロディーテ
1.      Atom Heart Mother
2.      Green Is The Colour
3.      Careful With That Axe,Eugene
4.      Echoes
5.      Cymbaline
6.      A Saucerful Of Secrets
 
197189
大阪フェスティバルホール
1.    Green Is The Colour
2.    Careful With That Axe,Eugene
3.    Fat Old Sun
4.    Atom Heart Mother
5.    Echoes
6.    Set The Controls For The Heart Of The Sun
7.    Cymbaline
8.    A Saucerful Of Secrets
 
★第2
197236日、37日(※14曲目がSet The Controls For The Heart Of The Sun
東京体育館(S2800円)
197238日(※14曲目がAtom Heart Mother)、39日(※14曲目がSet The Controls For The Heart Of The Sun
大阪フェスティバルホール
1.      Breathe
2.      On The Run(then titled as The Travel Section)
3.      Time
4.      Breathe(Reprise)
5.      The Great Gig In The Sky(then titled as The Mortality Sequence)
6.      Money
7.      Us And Them
8.      Any Colour You Like(then titled as The Lunatic Song)
9.      Brain damage(then titled as The Lunatic Song)
10.   Eclipse
11.   One Of These Days
12.   Careful With That Axe,Eugene
13.   A Saucerful Of Secrets
 
※前述のミュージック・ライフの記事でピンク・フロイドを知ったが、ピンク・フロイドは当時、シングルがなくアルバムを買って聴くしかなかった。その当時の最新盤の『原子心母』の不思議なジャケットを見ていったいどんな音が出てくるのか、期待と不安がいっぱいだったが、勇気を出して(当時LPを買ったら1~2ヶ月は小遣いが無くなり何も買えなかった。EL&Pの『タルカス』なども賭けで、成功した)購入、その不思議な、シンフォニックでサイケデリックなサウンドに瞬時に夢中になった。ピンク・フロイドにはまった同級生は多く、箱根アフロディーテに泊りがけでいく計画を立てたがまだ中2だったのでみんなの親に反対され、泣く泣く断念した。ステージは箱根の霧がステージに流れ込み幻想的な光景だったというので今でも悔やまれる。この時の音を録音したジャケ無しのブートレッグのLPを入手したが、赤盤で溝にはJISマーク、誰かオフィシャルの国内の工場で作ったブート、勇気のある人がいるものだ。そして翌年の東京体育館でのコンサートのチケットは友人から入手できた。すると最初の半分、40分近くはまったく聴いたことのない新曲で呆然。「This is our new number」と言っていたような気がするが、それはあの名作『The Dark Side Of The Moon』だったのだ。ただまだ原型だったので、レコードが出た時に、おや?これって違うなと思ったことを思い出す。詳しいことは覚えていないが、「The Great Gig In The Sky」にメリー・クレイトンのスキャットなどもちろん入るはずが無く、けっこう違っていた。しかし原形が聴けたことは最高の思い出のひとつ。後半は「ユージン斧に気を付けろ」とか「エコーズ」「神秘」と好きな曲が並び大満足のコンサートだった。(佐野邦彦)


Yes Live In Japan
(※Steve HoweRick Wakemanがいた時代)
 
★第1
197338
東京 厚生年金会館(S3000円)
197339
東京 渋谷-AX(※6曲目にThe Beautiful Land追加)
1973310
東京 神田共立講堂(※2曲目をカット、9曲目がレギュラープログラムに入り、11曲目がSakura Sakura
1973311
名古屋市公会堂(※310日と同じ)
1973312
大阪 厚生年金会館(※2曲目をカット、3曲目がSakura Sakura
1973314
京都会館(※312日と同じ)
1.      Siberian Khatru
2.      I've Seen All Good People
3.      Heart Of The Sunrise
4.      Mood For A Day
5.      Clap
6.      And You And I
7.      Close To The Edge
8.      Keyboard Solo
9.      Roundabout
10.   Yours Is No Disgrace
11.   Starship Trooper
 
※イエスは、プログレ好きの中学生だった私達にとってヒーローだった。最初に買ったLPの『こわれもの』で一気に好きになり、続く『危機』、そして以前の『イエス・サード・アルバム』の3枚が、完璧と言えるほど素晴らしい曲で占められていた。そしてこの日のコンサートの全ての曲はこの3枚から選ばれていて、それもいい曲ばかりが選ばれまさにパーフェクト。その中でもギターを弾き始めていた自分にとってスティーブ・ハウのギター・ソロの「Mood For A Day」と「Clap」(特に後者!)はまさに驚異的で、プロのギタリストのテクニックに惚れ惚れしてしまった。銀色のマントに包まれたリック・ウェイクマンは3方をキーボードで囲まれ、何段にも積まれたキーボードを自在に弾いていたのも印象的だった。とにかくテクニシャン揃いのイエスには驚嘆したものだが、続く『海洋地形学の物語』のLP2枚組で4曲という20分近い長い曲の連発に疲れ果て、一気にイエスに興味を失っていった。(佐野邦彦)   

Focus Live In Japan
 
★第1
1974年7月1日
東京 厚生年金会館(S3000円)
1974年7月2
大阪 厚生年金会館
1.      Focus 
2.      Answers? Questions! Questions? Answers!
3.      Focus 
4.      Sylvia
5.      Harem Scarem
6.      House Of The King
7.      Birth
8.      Tommy
9.      Hamburger Concerto
10.   Hocus Pocus
11.   Hamburger Concerto Jam
 

※フォーカスは「悪魔の呪文」と「シルヴィア」、そして個人的には「ラヴ・リメンバード」で一気に好きになったオランダ出身のプログレッシヴ・グループだった。ただし『ムーヴィング・ウェイヴス』と『フォーカス3』までは良かったが、続く『ハンバーガー・コンチェルト』でコケた。ライブは非常にバランスの悪いPAで、自分のいた側ではイアン・アッカーマンのギターばかり聴こえて他がよく聴こえず、数あるロック・コンサートの中でも最低のライブだったと言えよう。ギターも雑で、いい思い出はない。(佐野邦彦)









レイ・デーヴィスだが、2回目はFUJI ROCKになってしまって必然的に巨大会場になってしまったけど、キンクスの3回と、このレイのソロ1回目はこじんまりした会場で、この目でもしっかり見られて一体感もありとてもよかった。今の大物は東京ドームばかり、音は悪くてチケピの先行で手数料を多くとられたのに、スクリーンじゃないと表情も見られない悪い席しか手に入らない。音楽誌なんかで前のアリーナで見た!なんて書いている音楽評論家の連中は、ほぼ関係者席。テレビでマツコ・デラックスが怒っていたが、会社をサボッて予約の電話を入れても後ろの席しか取れない我々の気持ちなんて分かっちゃいないんだろう。そういう席はまわりがミュージシャンやレコード会社関係者、音楽評論家、芸能人なんかが集まっているので、マツコは死んでもあんな席に行きたくない!って言っていたが、激しく同意だ。(レコード店もしかり。渋谷あたりにあった店主自体が評論家っていう風情のレコード店はなにやら常連が集まっていて、店主と話し込んでいたりして、店に入るとみんな一瞬振り返ってチラリと客を見る。一見さんお断り的な雰囲気を感じて、その手の店はすぐに行きたくなくなった。身内で固めるのはどこでも嫌な感じだ)自分も知り合いのつてなんて使いたくもない。借りを作るのはまっぴら。だいたい映画も一人で見に行きたいタイプで、ひとりで自分の世界を楽しみたいので、知り合いなんて周りにいて欲しくない。でも、大きな会場で、スクリーンで見るんじゃ1回行けば十分というのが多いのも事実。参加賞、記念だね。なお、最後にオマケで1988年のBangles唯一の来日無料キャンペーンも触れておく。(佐野邦彦)



Ray Davies Live In Japan



★第1

19951219

よみうりホール(6000円)

19951221
御堂会館
※その他の日程・会場は不明。
1.      Dedicated Follower Of Fashion
2.      Sunny Afternoon
3.      Apeman
4.      Autumn Almanac
5.      Victoria
6.      20th Century Man
7.      London
8.      That Old Black Magic
9.      Tired Of Waiting For You
10.   Set Me Free
11.   See My Friends
12.   X-Ray
13.   Stop Your Sobbing
14.   Art School Babe
15.   You Really Got Me
16.   Cadillac
17.   Smokestack Lightning
18.   You Really Got Me
19.   A Well Respected Man
20.   Welcome To America
21.   Big Fat Cowboy
22.   I Go To Sleep
23.   Two Sisters
24.   The Money-Go-Round
25.   Lola
26.   To The Bone
27.   Village Green
28.   Days
 
★第2
1999731(多数アーティスト参加のFuji Rock Festivalへの参加)
新潟 苗場スキー場
1.      Lola
2.      20th Century Man
3.      London Song
4.      Dead End Street
5.      I'm Not Like Everybody Else
6.      Tokyo Song
7.      Sunny Afternoon
8.      A Well Respected Man
9.      Dedicated Follower Of Fashion
10.   You Really Got Me
11.   All Day And All Of The Night
12.   Waterloo Sunset
13.   Days
 
★第3
2011730(多数アーティスト参加のFuji Rock Festivalへの参加)
新潟 苗場スキー場
1.      I Need You
2.      I'm Not Like Everybody Else
3.      This Is Where I Belong
4.      'Til The End Of The Day
5.      Where Have All The Good Times Gone
6.      Sunny Afternoon
7.      Dead End Street
8.      Waterloo Sunset
9.      Come Dancing
10.   Victoria
11.   20th Century Man
12.   Celluloid Heroes
13.   You Really Got Me
14.   All Day And All Of The Night
 
★第4
2012730(多数アーティスト参加のFuji Rock Festivalへの参加)
新潟 苗場スキー場
1.      I Need You
2.      Where Have All The Good Times Gone
3.      I'm Not Like Everybody Else
4.      This Is Where I Belong
5.      Too Much On My Mind
6.      Dead End Street
7.      Sunny Afternoon
8.      Nothin' In The World Can Stop Me Worryin' 'Bout That Girl
9.      David Watts
10.   The Hard Way
11.   Victoria
12.   20th Century Man
13.   Celluloid Heroes
14.   Come Dancing
15.   You Really Got Me
16.   Waterloo Sunset
17.   Dedicated Follower Of Fashion
18.   Lola
19.   All Day And All Of The Night
 
※レイ・デイヴィスのソロ・コンサートは、キンクス3度目の来日公演のなんと7か月後。レイの著書「X-Ray」を具現化したコンサートで、語りの部分も多く、心底キンクスが好きな、一騎当千のファンだけが集結したという感じだった。もちろんアコースティック・ギターの弾き語り。ただチケットにも印刷されている「60年代とビートルズを語る」のコピー文はなあ...。レイとデイヴの兄弟の不仲のため翌年の1996年にキンクスは解散している。そのため、以降、キンクスのコンサートはどこでも開かれず、レイはソロで3回、フジ・ロックに参加している。(佐野邦彦)

The Bangles Live In Japan
※活動再開以降は除く
 
19881219
横浜Bay Side Club(無料のキャンペーン)
1.      In Your Room
2.      Be With You
3.      A Hazy Shade Of Winter
4.      Eternal Flame
5.      Walk Like An Egyptian
 

※自分が見に行ったLive In Japanのリストを作っていた時にバングルスの半券を見つけたのでオマケで紹介しておく。バングルスは198689年の間に全米1位を2曲、2位が2曲、5位もあり、最も成功したガールズ・バンドだった。しかし人気が絶頂になった90年に活動を休止、2003年になってようやく活動を再開した。80年代の絶頂期にバングルスは来日公演をしていない。ではこれは何か?所属のCBSソニーが招待し、TVK90分にわたり放送された「Bangles Presents Dancing X'mas」というキャンペーンだった。当時、ファンだったので応募したら招待券が当たったので行ったのだが、まったく記憶に残っていない。しかしその放送したビデオ(BetaからDVD-Rにダビングしておいた)が残っていて、それを見直してみると歌は全部口パク、ファンのくだらない質問が続き、ジェスチャークイズや、プレゼントコーナーなどが大半のしようもない番組だった。おまけに放送がTVKだから全てにチープ感満載。そのせいか実際の記憶がカケラも残っていなかった。なお、そのDVD-Rには1982年のキンクス初来日時にベスト・ヒットUSAにゲスト出演したレイ・デイヴィスが録画されていて、久々に見て感激!2曲のライブ映像を挟みながら16分たっぷりとレイが小林克也と対談、「昨日、東京でコンサートをやった」と言っているから1982226日の収録だと分かる。キンクスのコーナーでも書いたが、この時のコンサートの会場の盛り上がりは最高だったので、レイは始終ゴキゲンで、VTRのフリをおどけてやってくれたり、とってもいい雰囲気のインタビューだった。(佐野邦彦)